Super Crazy Zoo(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 3月 13日

By 中村 修平

 さて、今週は「先祖返り」というテーマで、かつて存在したデッキの現代バージョンといったものを紹介してきましたが、ここで全く新しいデッキについて紹介しましょう。

 え? 長い歴史があるマジックなのだから、何かしらで誰かが作っているはずだ?
 いや、これはさすがに無さそうな気がします。
 何せ1ターン目の行動として「《稲妻》を私に」が有り得るだなんて。確実にアドバンテージというマジックの基本中の基本なところに喧嘩を売っています。

 そんなマジック第一法則をかき乱す真似をやってのけたのは、日本の変態デッキビルダー伊藤敦と彼の手による「SCZ(Super Crazy Zoo)」です。

 とは言えこのデッキ、外面は存外まともで、デッキの半分は軽量クリーチャーで対戦相手を殴る「Zoo」そのもの。
 状況によっては《野生のナカティル》や《ステップのオオヤマネコ》で本性をあまり見せず、そのままゲームを押し切ってしまうこともあるかもしれませんね。

 しかしその内面パートは毒殺デッキよろしく一撃必殺。
 《強大化》と《ティムールの激闘》で12点+ダメージを狙うというのがデッキの真の姿であり、隙を見せたら3ターン目にそのままとんでもないサイズの二段攻撃トランプル持ちが強襲するコンボデッキなのです。

 そしてそのドス黒い殺意をできる限り見えづらく達成しようとするのが、0マナで墓地にカードを追加しつつカードを引きませる《ギタクシア派の調査》や《通りの悪霊》。
 これらコンボカードである2種と、0マナ引き増しカードが残りのほぼ半分を占めており、3ターン目までに墓地が5枚あれば、《強大化》を1マナで唱えられて第一段階達成。

 と、ここまでであればまだマジックの理の内でいられました。

 しかし《死の影》が、
 ああ、墓地を増やすのにライフを消費するし、そもそもZooはフェッチランド+ショックランドをアンタップで基本14点スタートだしと、となればお膳立て充分の《死の影》が…
 神をも恐れない《稲妻》本体打ちも有りえるデッキへと昇華させてしまったのです。

 たしかに理には適っているのですけどね。

伊藤 敦 / 「Super Crazy Zoo(最新版)」

モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る