赤単アグロ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 3月 18日

By 中村 修平

 マジックにおけるメタゲームとは、目の前の相手に勝てるように進化を遂げること。
 そして環境の高速化がもたらす進化の1つは、さらなる高速化です。
 特に対戦相手が《マナの合流点》で勝手にライフを失ってくれるのであるのなら、それこそRyan GrodzinskiやBrian Leeが持ちこんだような赤いデッキが付け入る余地があるというものです。

 新カードの2種の疾駆持ちクリーチャーもデッキの高速化を助けています。
 最序盤では通常状態で出せばよく、後半にマナが余っている時はタイムラグなく攻撃できる疾駆は、特にトップデッキした時にとてもありがたい能力。
 それに加え《ゴブリンの踵裂き》の持つ、1体のブロックを禁じるボーナスも馬鹿にできません。
 《包囲サイ》で安心しきったアブザンデッキの土手っ腹に《ゴブリンの熟練扇動者》と一緒に殴りこんでやれば最低でも8点です。3点ドレインのお返しとしてはお釣りが来るくらいですね。

 疾駆クリーチャーの強さはそれだけに留まりません。
 前環境では一時代を築きながら赤単アグロが没落していった理由は、アブザンがサイドボードに取ってくる《悲哀まみれ》によるところも大きかったのです。
 どう頑張ってもタフネス2という赤単アグロは、悲哀にまみれる回数の増加とともに勢いをなくしていきました。

 そこに疾駆というオプションがあればどうでしょう。
 あえて疾駆で出すことによって《悲哀まみれ》を打ちづらい、打っても追加のクリーチャーが、場合によっては速攻で襲ってくるというゲーム展開を演出することができるのです。

 赤のお家芸、火力で焼き切り勝ちが背景にあっての3点はプレッシャーが大きいですよ。

Ryan Grodzinski

グランプリ・マイアミ2015 5位 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る