MUD(ヴィンテージ)

更新日 Daily Deck on 2015年 3月 27日

By 中村 修平

 土地は1ターンに1枚までという制限をあざ笑うかのような「1ターン目Mox連打」の暴虐さはヴィンテージの華。
 やったら最高、やられたら最悪。
 一方的だと筆舌に尽くしがたい苦しみとなるのですが、それを咎めてかつ自分だけ、なんて手段もなくはありません。

 MUDの設計思想はまさにそんな感じ。簡潔に言っちゃうと、
「パワー9のようなカード、特にアーティファクトを使っている奴は許さん。でも俺は使うからね。」

 まるでわがまま放題な子供かと思いかねない理屈ですが、それを可能にするのが各種妨害アーティファクト。
 《Mox Sapphire》や《Black Lotus》が呪文であることに着目して、《アメジストのとげ》や《抵抗の宝球》で唱えること自体を難しくして、唱えられたとしても続く軽量のドロー呪文を重くすることで、デッキ全体の速度を遅くすることに尽力します。
 ちなみに自分はアーティファクト呪文限定で一気に3マナ出てくる《Mishra's Workshop》からマナ供給を受けるので、多少の影響こそありますが概ね問題なし。基盤にしているところが違う強みを最大限に活かすのです。

 あとは亀のように遅くなった対戦相手をさらに減速させるべく、《露天鉱床》や《不毛の大地》で土地を殲滅。Moxなどの恩恵で通常の構築より土地の枚数を切り詰めているところを逆手に取ってやりたい放題。
 決め手は適当な大きくて強いアーティファクト・クリーチャーで、軽くて《アメジストのとげ》に近い効果を持っている《磁石のゴーレム》や、苦労して出された対戦相手のMoxを叩き割って地獄へ突き落とす《鋼のヘルカイト》なんかが有力な候補ですね。

 ただしマジックの各種ルールに縛られるのはこちらも同じなのを忘れずに。
 先手を取られてのMox連打、そして叩きつけられる深刻な脅威にはどうしようもないのは青以外のデッキが持つ宿命。
 あちらが立つならこちらが立たず。全てが上手くいくとは限らないものです。

davidlemon (4-0)

Vintage Daily #8046362 (2015/3/7) / ヴィンテージ
Download Arena Decklist

Magic Online Vintage Daily #8046362 結果ページより(英語)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る