ペインター(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 4月 1日

By 中村 修平

 それにしてもコンボデッキにとって大いなる敵《Force of Will》。
 マナが無いのに打ち消しされるという悪逆非道さは、遮る者がいない1人廻しから実戦へと移る際に容赦なく襲いかかってきます。
 対戦相手がタップアウトだからコンボを開始したのに何故か妨害される。そればかりか、こちらの打ち消しをさらなる《Force of Will》で無理やり引き剥がされる。
 終盤になると5マナでも普通に打ってもこられる。
 なんたる理不尽、こんなことがあっていいのだろうかと思わされること多々。
 まあ、こちらが理不尽なコンボデッキを使っているという前提はあるにせよ、です。

 そんな理不尽にはより大きな理不尽で返す。掟破りのメイン《紅蓮破》で《Force of Will》をあざ笑いたい方にはこんなデッキはどうでしょう?
 無理なく青いじめカードをメインに入れられるデッキ、「ペインター」です。

 このデッキが用意している必殺コンボは、ペインターこと《絵描きの召使い》で色を指定してから、《丸砥石》で一発ライブラリーアウト。
 《絵描きの召使い》の効果はライブラリーにも及ぶので、《丸砥石》を起動してやればライブラリーがそのまま墓地に行ってしまうという図式です。

 《丸砥石》自体は1マナ、《絵描きの召使い》は2マナと非常に軽いので、1、2、3と最速を狙うもよし、ゆっくり手札と盤面を整えてから起動するも良しと、柔軟に動くことが可能です。

 《紅蓮破》が活きるのはゆっくりプランの時。この必殺コンボの弱点は《丸砥石》の起動に合わせて《絵描きの召使い》を除去されるとコンボ不成立となってしまう点にあるのですが、それから守るために《絵描きの召使い》の指定で対戦相手の呪文全てを「青」にしてしまうのです。
 《剣を鍬に》も《稲妻》も青なので《紅蓮破》で打ち消せるのです。もちろん憎き打ち消しに対してそのまま使うという用法なんてものもありますね。

Jack Kitchen

StarCityGames.com Premier IQ Baltimore (2015/3/1) 優勝 / レガシー
Download Arena Decklist

StarCityGames.comより引用(英語)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る