アブザン・カンパニー(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 4月 15日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 私が最後にモダンのイベントでプレイしたのが、スペインのバルセロナで開催されたプロツアー『神々の軍勢』であるとは信じがたいことです。1年以上前なのです! 当時は、プロツアーに向けて「アブザン・ポッド(《出産の殻》)」を重点的にテストしていたことを覚えています。結局はそのイベントでは別のデッキを使うことになったのですが、モダンで「アブザン・ポッド」をプレイするのはいつも楽しいものでした。その柔軟性とコンボの達成しやすさから、「アブザン・ポッド」はモダンを支配しており、プロツアー『運命再編』前の禁止制限リスト発表で《出産の殻》が禁止されたと聞いたときも、驚きはありませんでした。それ以後、《出産の殻》なしで「ポッド」を組もうとしてきましたが、うまくいくことはありませんでした。

 『タルキール龍紀伝』では、アブザンのコンボデッキは新たなツール、《集合した中隊》を手に入れました。このMax Brownのリストでは、《集合した中隊》と《夜明けの集会》の組み合わせを使って《台所の嫌がらせ屋》+《族樹の精霊、アナフェンザ》または《シルヴォクののけ者、メリーラ》による「無限ライフ」コンボを集められるようにしています。これに加えて戦場に《臓物の予見者》が戦場にいれば、《台所の嫌がらせ屋》を生け贄に捧げて、頑強でそれを戻すことにより、いくらでもライフを得ることができます。《台所の嫌がらせ屋》は《族樹の精霊、アナフェンザ》または《シルヴォクののけ者、メリーラ》の能力で-1/-1カウンターを持たずに戻ってくるので、何度でもこの手順を繰り返すことができ、そのたびに2点のライフを得られるのです。

 Maxのデッキでは、さまざまな状況に対応できる1枚挿しのクリーチャーも多く採用されています。《夜明けの集会》があれば、必要なときにどんなクリーチャーでも探してくることができます。このデッキで私が気に入っているのは、他の多くのコンボデッキと異なり、勝つためにコンボを揃える必要がないことです。このデッキには、強力で有用なクリーチャーを多く使われています。それゆえに、コンボが成立しなくても、いつでもビートダウンで対戦相手を倒すことができるのです。

Max Brown

「アブザン・カンパニー」
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る