ドラゴン・コントロール(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 4月 21日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 プロツアー『タルキール龍紀伝』のトップ8では2種類のコントロール・デッキを見ることができましたが、中でも私の目を引いたのはアンドリュー・オールシュエイジャー/Andrew Ohlschwagerが使用したものです。彼のバージョンの際立った点は、4種類のドラゴンをプレイし(《精霊龍、ウギン》を入れると5種類になりますね)、《シルムガルの嘲笑》と組み合わせて運用していることです。

 このリストで最も興味深いドラゴンは《氷瀑の執政》です。私たちは、伝説のドラゴンがスタンダードで良い働きをすることはよく知っていましたが、《氷瀑の執政》の力は計りかねていました。《地下牢の霊》と似た能力で、《氷瀑の執政》はそれが戦場にいる限り対戦相手のクリーチャーを1体封じ込めることができます。また、対戦相手がこれを呪文の対象にしようとするとコストが重くなる能力によって、戦場から除去されづらくなっています。多くのデッキにとっては少しやっかいな程度ですが、もし土地を少なめにしたアグロ・デッキをプレイしているなら、これを除去するのは非常に骨が折れることでしょう。

 《氷瀑の執政》は単色なので、青黒のみならず多くのデッキにフィットします。今後このカードを活用する別のデッキが現れることは想像に難くありません、例えば青赤やジェスカイ・コントロール、または青緑テンポのようなものも考えられます。

 このデッキで私が気に入っているもう一つの点は、4枚投入された《シルムガルの嘲笑》です。私がウィザーズ・オブ・ザ・コーストで働き始め、『タルキール龍紀伝』のカードファイルを読んだとき、デッキを組みたいと最もワクワクさせられたのがこのカードだったのです。8体のドラゴンが入っているアンドリューのデッキならば、「確定カウンター」として使える機会は非常に多くあります。かつて《対抗呪文》がスタンダードで使えたころ、プレイヤーは対戦相手の側に控えるアンタップ状態の《》2枚を大いに恐れたものでした。《対抗呪文》は年を経て使用可能カードから外れ、新しいプレイヤーはその恐怖を体験することがなくなりました。いま再び対戦相手をそうした不安に落とすことができるというのは、とてもクールなことですね。

Andrew Ohlschwager

プロツアー『タルキール龍紀伝』 トップ8 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る