アタルカ・アブザン(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 4月 24日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 プロツアー『タルキール龍紀伝』のスタンダード・デッキリストを追いかけていくと、アブザンにかなりの人気が集まっているというトレンドに気がつきました。アグロ、コントロール、ミッドレンジのいずれにおいても、アブザンはプロツアーに大挙して押し寄せていたのです。

 セス・マンフィールド/Seth Manfieldの革新的なアブザン・ミッドレンジは、見ていて非常に楽しいものでした。私は、彼がこのような誰もが備えをしているデッキを選ぶとは思いもしなかったからです。対戦相手がこちらのゲームプランをすべて知って席についているというのは最悪なことです。セスのデッキには《包囲サイ》《黄金牙、タシグル》《サテュロスの道探し》といったカードが多く入っていて、典型的なアブザン・ウィップに見えます。彼の革新は、赤をタッチして『タルキール龍紀伝』で最も強力なカードを加える選択をしたことにあります。それが、《龍王アタルカ》です。

 マナを非常に多く必要とする3色デッキを使っているときに、その根幹を崩さずに4色目を加えるというのは非常に良いアイデアです。3色を供給する土地に加え、《森の女人像》はどの色のマナも出せますし、《サテュロスの道探し》は必要な土地を見つける助けになりますから、必要なら何色でもプレイできるのです。

 《龍王アタルカ》はこのデッキで素晴らしい働きをします。ほとんどのプレイヤーはこれが7マナのクリーチャーであることから懐疑的でしたが、このフォーマットのゲームは長くなる傾向があり、双方のプレイヤーが土地を並べ合うことが多いのです。《クルフィックスの狩猟者》と《サテュロスの道探し》によって、土地を出すことに心配はありません。《龍王アタルカ》は8/8飛行・トランプルクリーチャーとして戦場に現れ、対戦相手を守るクリーチャーや、《太陽の勇者、エルズペス》のような厄介なプレインズウォーカーも排除することができます。結局、彼女がもたらすカードアドバンテージは非常に大きなものとなるのです。そして《エレボスの鞭》によって、《龍王アタルカ》が対処されたとしても墓地から蘇らせることができ、また対戦相手の戦線を一掃して、もう一度8点の攻撃を与えることができるようになっています。

Seth Manfield

プロツアー『タルキール龍紀伝』 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る