バント英雄的(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 4月 28日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 先々週末に開催されたグランプリ・クラクフは、ドラゴン・コントロール・デッキに制圧されていました。しかしトップ8に入賞できなかったデッキを見ていくと、偶然にも私はこの白青英雄的への革新的な見識を得たのです。ヤーン・クサンドル/Jan Ksandrはクラクフでドラゴンを乗り越えることはできませんでしたが、彼のバント英雄的デッキは立派に9位という成績をもたらしたのです。

 バント英雄的は、バントというよりは白青英雄的に4枚の《ドロモカの命令》を加えたものといえるでしょう。たった4枚のために色をタッチする価値はないように思えますが、《ドロモカの命令》は英雄的デッキにおいて、ここ最近でも最良の屋台骨になるものです。《ドロモカの命令》はモードを持つ呪文なので、そのとき必要なものを選ぶことができます。その種の他の呪文と異なり、《ドロモカの命令》は通常1つしか選べないところを2つ選べるのです。英雄的デッキにおいては、これは非常に重要です。この呪文は複数の対象を選べる使い方もあるので、英雄的クリーチャーの能力を延べ2回誘発させる可能性もあるのです。また除去呪文の一種として、格闘のモードを使ったり、《ジェスカイの隆盛》や《前哨地の包囲》などの厄介なエンチャントにも対処することさえできます。

 このデッキに見られる相乗効果のうち、最も興味深いもののひとつが《ドロモカの命令》と「試練」によるものです。ほとんどの場合、「試練」をつけた英雄的クリーチャーで攻撃して、その上に+1/+1クリーチャーが3個置かれたときに「試練」を生け贄に捧げることになるでしょう。しかし、「試練」をよく読むと、「あなたが~の試練を生け贄に捧げたとき」とあります。「試練」は生け贄に捧げられた手段に関係なく誘発するのです。絶対に10点のライフを得たい、またはカードを2枚引きたいという特殊な状況において、自分自身を対象として《ドロモカの命令》を唱えて、エンチャントを生け贄に捧げることで「試練」を誘発させることができるのです。

Jan Ksandr's Bant Heroic

グランプリ・クラクフ2015 9位 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る