アングリー・スーパーフレンズ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 6日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 プロツアー地域予選(RPTQ)のデッキの中で見かけた興味深いもののひとつとして、ヴィクター・イー/Victor Yeeの「マルドゥ・プレインズウォーカーズ」があります。このデッキは、私にいくつかの記憶を思い起こさせてくれます。プロツアー『タルキール覇王譚』でよく似たデッキをプレイしていたからです。このデッキはプレイしていて本当に楽しいものですが、非常に大きな欠点を抱えていました。ゲームを掌握し続けることは大の得意なのですが、直ちにゲームを終わらせることは不得意だったのです。

 このリストをご覧になると、勝ち手段が非常に少ないことにお気づきでしょう。《龍語りのサルカン》はさておき、このデッキの勝ち手段はいずれも速いものではありません。物事は過去6か月の間に大きく変わりました。私たちは新しい時間線にいて、今は龍がタルキールを支配しているのです。マルドゥ・プレインズウォーカーズは、5・6マナのドラゴンがひしめく現在のメタゲームに非常によく合致しています。

 《漂う死、シルムガル》は呪禁を持つため、現在では戦場から除去することが最も難しいカードのひとつです。エスパー・ドラゴンがスタンダードの主力の一角である現状では、《はじける破滅》のような呪文はきわめて魅力的に映ります。とりわけ、エスパーを使うプレイヤーは第6ターンにドラゴンを出すためにタップ・アウトするため、《はじける破滅》は非常に通りやすいのです。この3マナの《悪魔の布告》以外にも、このマルドゥのリストには対処の難しいプレインズウォーカーが満載されていて、ターンごとにカードアドバンテージを稼ぎ、必然的にコントロール・デッキに有利になっています。

 このデッキのクリーチャー除去の選択も見事なものです。《英雄の破滅》と《胆汁病》は現在のスタンダードで最強クラスの呪文であり、黒をプレイする素晴らしい理由になります。また《対立の終結》はゴブリン・トークンの群れの一掃に役立ちます。プロツアー『タルキール覇王譚』以降、マルドゥ・ミッドレンジがあまり見られなくなったのはこれが大好きな私にとって悲しいことでしたが、メタゲームの確かな位置まで這い上がってきたのを見るのはうれしいものです。

Victor Vee - 「マルドゥ・プレインズウォーカーズ」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る