ナヤ「英雄的」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 19日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 本日ご紹介するデッキは、ここまで見てきたスタンダードのデッキとはひと味違ったものです。「英雄的」と聞けば、皆さんは白青かバントを思い浮かべることでしょう。「英雄的」と「占術」、そしてドローを駆使していくものだろう、と。今日のデッキは「英雄的」の新たな形を見せてくれます。主なクリーチャーやそれを支えるカードたちは同じですが、これまでとはやや異なる一面もあるのです。

「英雄的」デッキといえば、1体のクリーチャーに全力を注ぐものです。クリーチャーを戦場に出し、それを「試練」などで強化し、《神々の思し召し》や打ち消し呪文で守る。今日のデッキももちろん同じ動きをしますが、しかしそれだけではありません。このデッキは《液態化》や《タッサの試練》といった恩恵をもたらすオーラを排し、《強大化》と《ティムールの激闘》で「さらに」一点突破を推し進めているのです。

 このデッキは、「探査」の燃料となる墓地のカードに事欠きません。そのため、《強大化》を1マナで唱えるのは造作もないことです。《ティムールの激闘》はクリーチャーに二段攻撃を与え、パワーを低コストで2倍にします。さらに、トランプルを付与することで致命打を確実なものとしてくれるのです。《強大化》と《ティムールの激闘》の2枚コンボはモダンでも散見されるほどのものであり、それがスタンダードで姿を見せても私は驚きません。

 どうやってその2枚を揃えればいいのでしょうか? もちろん《戦士の教訓》で引き込めばいいのです! 《戦士の教訓》を適切なタイミングで唱えればカードを2枚引けるため、きっとコンボ・パーツを引き込む助けになるでしょう。またこのカードは二段攻撃との相性も抜群で、クリーチャーが戦闘ダメージを2回与えれば引く枚数を増やすことができるのです。

 このデッキは「英雄的」を用いた戦略の中でも本当にクールなものです。クリーチャー1体に全力を注ぐのは危険も伴いますが、その見返りは莫大なものです。今回はグランプリ・トロント2015(英語カバレージ)より、初日全勝を飾ったジェームズ・レイ/James Wrayのデッキリストを掲載します。

(Tr. Tetsuya Yabuki)

James Wray - 「ナヤ『英雄的』」

グランプリ・トロント2015 初日全勝 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る