モダン・キャッツ(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 20日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 18年前、私がマジックを始めた頃に、私は「Zoo」と呼ばれるデッキと出会いました。今はなき「エクステンデッド」で人気を集めたこのデッキは、採用しているクリーチャーが「動物園/zoo」によくいるものであることから名づけられました。ライオン(《サバンナ・ライオン》)、ゴリラ(《密林の猿人》)、そして時々イヌ(《ジャッカルの仔》)。時を経るごとにマジックのクリーチャーはより良くなっていき、そしてこのデッキもまた多くの改良が施されてきました。《サバンナ・ライオン》は《壌土のライオン》へ、《ジャッカルの仔》は《番狼》や《野生のナカティル》、《タルモゴイフ》といったクリーチャーにデッキの枠を譲ったのです。

 本日のデッキは、そんな「Zoo」のユニークな一種です。クリーチャーの部分を見てみると……ええ、「動物園」にいるものばかりだと言って差し支えないでしょう。このデッキの面白いところは、それらのクリーチャーすべてにある共通点があることです――それらはみなネコ科なのです! FredSavage16はこのネコ・デッキを操り、Magic OnlineのDaily Eventで3勝1敗の成績を収めたのでした。

 こういった形の「Zoo」はこれまで見たことがありませんでしたが、モダンには強力なネコがたくさんいます。《野生のナカティル》はモダンというフォーマットの黎明期に最も強力なクリーチャーのひとつとしてその力を振るい、一時期は禁止カードになるほどでした。《ステップのオオヤマネコ》と《羊毛鬣のライオン》は、それぞれの属しているスタンダード環境で大活躍を見せています。そしてこのデッキには、私がいつも「ネコの神、ブリマーズ」と呼んでいる《オレスコスの王、ブリマーズ》も採用されているのです。

 このデッキをしっかりと仕上げているのが、ネコのプレインズウォーカー、《復讐のアジャニ》です。他にも多くのアジャニがあるものの、このデッキにぴったりなのは《復讐のアジャニ》だというFredSavage16の意見に私も賛成です。《稲妻》や《稲妻のらせん》も搭載したデッキにおいて、3点のダメージを与えるのは大きなプレッシャーになるでしょう。「Zoo」デッキは昔から、大型クリーチャーへの対処に苦労していました。そのため《復讐のアジャニ》の[+1]能力もまた、このデッキに大いに役立つのです。ちなみに、《復讐のアジャニ》でなく《群れの統率者アジャニ》を採用する形も検討できるかと思います。土地が20枚しかないこのデッキでは4マナはやや揃えにくく、また《ステップのオオヤマネコ》に二段攻撃を付与する動きは極めて強力なものになるでしょう。

(Tr. Tetsuya Yabuki)

FredSavage16 -「キャッツ」

Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る