ジェスカイ・ドラゴン(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 21日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 火曜の夜は私もスタンダード・スーパー・リーグ/Standard Super League(リンク先は英語)の観戦を楽しみ、各プレイヤーが毎週持ち込んでくるデッキに大いに期待しました。わずか8人のプレイヤーが織り成すメタゲームは本当に興味深く、目が離せません。本日のデッキはスタンダード・スーパー・リーグ第3週より、ポール・チェオン/Paul Cheonの使用デッキをご紹介します。

「エスパー・ドラゴン」がスタンダードにおけるベスト・デッキのひとつであることは、皆さんもご存知でしょう。このデッキは《英雄の破滅》や《胆汁病》といった環境内で随一の強力な除去を持ち、また盤面を制圧するのに優れたクリーチャーの数々は、とりわけ《漂う死、シルムガル》と他のドラゴンが組み合わさることで対戦相手のクリーチャーを一掃します。さらに、マジックの歴史上でも最高の手札破壊呪文のひとつである《思考囲い》も備えているのです。

 では、なぜポールはエスパーでないドラゴン・コントロール・デッキを選択したのでしょう? そう、この環境のもうひとつの頂点に、緑を主軸にした「大変異」系のデッキがあるからです。《棲み家の防御者》と《死霧の猛禽》が生み出すカード・アドバンテージはあまりに莫大で、エスパー・デッキはそれを抑えきれないのです。そこでポールが使用したジェスカイ版のドラゴン・コントロールは、《神々の憤怒》を搭載することで、幾度と無く戦場に戻ってくる対戦相手のクリーチャーを追放できるようになっています。

 この「ジェスカイ・ドラゴン」には、実はもうひとつ、様々なマッチアップで有利を取れるカードがサイドボードにあります。それは《魂火の大導師》です。バーン・デッキやアグロ・デッキによく見受けられるこのカードですが、「ジェスカイ・ドラゴン」ではどのような働きを見せてくれるのでしょう? このデッキにおける《魂火の大導師》の主な狙いは、呪文を「バイバック」することです。コントロール・デッキはアグロ・デッキと比べて土地の枚数が多いため、毎ターン土地を置ける可能性は十分にあります。そのままゲーム後半になれば、《魂火の大導師》が《シルムガルの嘲笑》や《時を越えた探索》などの強力な呪文を繰り返し使えるようにしてくれるのです。それから対コントロール戦でも、大抵の相手は《胆汁病》をサイド・アウトしてくるため、《魂火の大導師》にとって追い風と言えるでしょう。コントロールのミラー・マッチで2ターン目に《魂火の大導師》が飛び出して来たら、びっくりすること間違いなしです。

Paul Cheon -「ジェスカイ・ドラゴン」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る