4色ミッドレンジ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 22日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 4色デッキが、最近のトーナメントで好成績を収めています。このうち多くはアグレッシブなデッキで、強力なインスタント《集合した中隊》や、定番の大変異《死霧の猛禽》と《棲み家の防御者》を中心に据えたものです。上位で4色のコントロール戦略を見かけることは非常にまれなことですが、それにもかかわらずケイレブ・ダワード/Caleb Durwardが使用してミルウォーキーで開催された「TCGPlayer Diamond event」でトップ4入賞を果たしました。ケイレブのデッキは、アブザン・デッキに《龍王オジュタイ》のための青をタッチしたもののようです。

 アブザンには多くの形がありますが、最近ではほとんどのプレイヤーがコントロール系よりもアブザン・アグロやミッドレンジをプレイしているようです。アブザン・コントロールが避けられる理由は、準備を整えるまでに時間を要することです。アブザン・コントロールは《思考囲い》を除いて序盤の行動がほとんどできず、また土地のほとんどがタップ状態で戦場に出るため、赤単のような速いデッキと対戦するとすぐに不利に追い込まれてしまうことになります。この戦略は《死霧の猛禽》のような繰り返しの脅威への対処にも苦しむため、最近人気がなくなった理由はこのあたりにあるものと思われます。

 ケイレブの4色デッキは、アブザン・コントロールの革新的な形です。このデッキは勝ち切るまでに時間を要するものですが、《龍王オジュタイ》のために青を加えることはスピードアップを図る素晴らしい方法です。《龍王オジュタイ》への解答をほとんど持たないデッキもあり、そうなれば4ターンという短い間にゲームを決めてくれるでしょう。また、アブザンに青を加えることで《否認》や《スゥルタイの魔除け》のような妨害呪文を使えるようになります。

 私はこのデッキの大ファンですが、わずかに不安を感じる点があるとすればマナ基盤です。4色デッキをプレイするなら、3色土地を増やして占術土地を減らさなくてはなりません。対戦相手の特定の脅威に対して解答を探すのが常であるコントロール・デッキにとって、占術土地を減らすことは重大なことなのです。

Caleb Durward - 「4色ミッドレンジ」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る