ナヤ信心(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 28日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 『テーロス』ブロックで登場したカードの中でも、《ニクスの祭殿、ニクソス》は環境にとりわけ大きな影響を与えてきました。ほぼこのカード1枚のおかげで、青、黒、赤、そして緑と様々な「信心」デッキが生み出されていったのです(悲しいことに、「白単信心」はついに日の目を見ることがありませんでした)。しかし昨年に『ラヴニカへの回帰』ブロックがローテーションでスタンダードから退場すると、環境に残る「信心」デッキは「緑単」のみになりました。

 その後「緑信心」は様々な形のものが登場しました。赤をタッチして《龍王アタルカ》と《歓楽者ゼナゴス》を採用したもの。白をタッチして《見えざるものの熟達》や《勇敢な姿勢》を採用したもの。そして緑単色にこだわり、マナの安定感とデッキの一貫性を頼りにしたもの。しかしどの形の「緑信心」も長所と短所を持ち併せており、絶対的な「正解」となる形はありません。

 さて本日ご紹介するデッキですが、タイレル・スモールン/Tyrel Smallenは「緑信心」デッキに1色ではなく2色をタッチするという決断を下しました。その決断はうまくいき、彼はSCGオープン・ダラスにて32位以内入賞の成績を収め、746人のプレイヤーたちを大いに驚かせたのでした。

 緑のクリーチャー・デッキに白と赤を追加することで、いくつか素晴らしいツールが使えるようになります。白の持つ「大型クリーチャーに対する除去」は、赤にはないものです。そして赤の持つ「強力なゲームの決め手」は白にはないものです。タイレルはさらに一歩先を見据え、《太陽の勇者、エルズペス》と《精霊龍、ウギン》も採用しました。これにより彼のデッキは、ゲーム後半の強烈な一撃をも持つことになったのです。

 白か赤のどちらか1色をタッチしたものに比べて、このデッキのマナ基盤はやや厳しいものになっています。戦場に何もなければ無色マナしか生み出せない《ニクスの祭殿、ニクソス》を4枚採用していることを考えれば、尚更でしょう。しかしそれでも、3色にすることで間違いなく、他の「緑信心」系のデッキにはない力を手にすることができるのです。

Tyrel Smallen - 「ナヤ信心」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る