ティムール・デルバー(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 6月 5日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 「ティムール・デルバー」はこれまでもモダンにおいて一定数のプレイヤーを集めていましたが、プレミア・イベントでのトップ8入賞はめったに見ることがなく、まして優勝とは思いもよらないことでした。本日ご紹介するデッキは、ウースターで行われた「StarCityGames Premier IQ」にて、ジョーダン・ボワヴェール/Jordan Boisvertが使用したものです。ジョーダンのデッキは、私がこれまで見てきた中でもとりわけ面白い「デルバー」デッキでした。

 《宝船の巡航》と《時を越えた探索》の禁止を受けて、私は他の(《黄金牙、タシグル》も除いた)「探査」呪文が隆盛するのも時間の問題だと感じました。そのため、ジョーダンのデッキに《わめき騒ぐマンドリル》が採用されているのを見ても、さほど驚きませんでした。《わめき騒ぐマンドリル》は「ミニ・《タルモゴイフ》」として機能し、またフェッチ・ランドや軽いキャントリップ呪文を駆使するこのデッキでは、ゲーム序盤に《マナ漏出》を構えながら《わめき騒ぐマンドリル》を繰り出す、という動きも比較的難しくないのです。多くのデッキで《稲妻》が除去の枠に採用されているモダンにおいて、その《稲妻》に耐えるというのは、極めて信頼のおけるものです。

 《わめき騒ぐマンドリル》4枚に《タルモゴイフ》4枚と採用しているこのリストにおいては、《頑固な否認》も素晴らしい選択だと言えます。ほとんどの場合で、《頑固な否認》は1マナの安定した打ち消し呪文として機能するでしょう。また、《撹乱する群れ》もなかなか悪くない打ち消しです。代替コストを持つおかげでタップ・アウトの状態でも自軍を守ることができ、安心して脅威を繰り出せるようになるはずです。大抵は、《撹乱する群れ》をX=1で唱えることになるでしょう。モダンにおける除去呪文の多くが1マナであり、またこのデッキには代替コストに使える青の軽いキャントリップ呪文が十分に入っているのです。

 このデッキリストで私が最も興味を惹かれたものは、《好奇心》です。かつて私も「ブルー・スカイ」デッキでこのカードを楽しく使っていましたが、昔のお気に入りカードがこうやって再び日の目を見るのは、嬉しくなりますね。《好奇心》はトランプルや飛行を持つクリーチャーにうってつけなカードですが……《タルモゴイフ》に付けても決して悪いものではありません。それにより、対戦相手はチャンプ・ブロックに向かうか、それともあなたに多くの恩恵をもたらすカードを与えるか、選択を迫られることになるのです。

Jordan Boisvert -「ティムール・デルバー」

モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る