グレーター・ギフト(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 6月 10日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 私がRaptureReadyの手によるデッキをご紹介するのは、この「グレーター・ギフト」が初めてではありません。そして、これで最後ではないことも確信しています。RaptureReady、本名をシェイン・マクデルモット/Shane McDermottという彼は、いつもユニークなモダン・デッキでMagic OnlineのDaily Eventを引っかき回すことで知られています。毎週異なるデッキを使って結果を出すというのは、本当に驚くべきことです。そのデッキが環境上位のものでないなら、なおさらですね。

 本日ご紹介するデッキは、かつて『神河』ブロックで人気を集めたものです。ひと目見ただけでは、恐らくこのデッキの力は分からないでしょう。ドラゴンに、マナ加速呪文に、除去呪文。普段はコントロール・デッキで見受けられるものが採用されていますね。しかしこのデッキには、普通のコントロール・デッキとは異なる点があります。このデッキは、《堀葬の儀式》と《大修道士、エリシュ・ノーン》のような強大なクリーチャーを同時に持ってくる、強力な《けちな贈り物》戦略を使うのです。

 このデッキにおける《けちな贈り物》は、クリーチャーをリアニメイトする以外にも多くの働きを持っています。基本的には、メイン・コンボとなる《明けの星、陽星》と《よりよい品物》を持ってくることになるでしょう。残りの2枚は、《有毒の蘇生》や《回収》、そして《永遠の証人》といった、墓地からカードを拾えるものを選択します。《よりよい品物》と《明けの星、陽星》が戦場に揃ったら、《明けの星、陽星》を生け贄に捧げてカードを5枚引き、対戦相手の動きを1ターン封じます。その後さらに《明けの星、陽星》や《堀葬の儀式》を引き込めば、この動きを繰り返すこともできるのです。

 「グレーター・ギフト」は、『神河』ブロック時代のものから大きな発展を遂げました。当時はコンボを繋げるために《花の神》と《御霊の復讐》に頼らざるを得ませんでした。それはマナの消費が厳しいコンボでしたが、それでも機能していました。リアニメイト手段として《堀葬の儀式》が選択できるようになったのは、極めて大きな前進と言えるでしょう。「グレーター・ギフト」は今、《ヴェールのリリアナ》や《カラスの罪》と《壌土からの生命》のコンボも手に入れ、粘り強さも強化されているのです。

RaptureReady -「グレーター・ギフト」

モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る