緑白エルフ(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 6月 17日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、小型のクリーチャーと素早いマナ加速で対戦相手を圧倒するものです。「エルフ」は長年にわたりあらゆるフォーマットで活躍を続けている戦略です。レガシー、スタンダード、そして(今はなき)エクステンデッドでも、「エルフ」デッキはカジュアルからプロツアーまで、広い舞台で一定の人気を集めているのです。

 このデッキのメイン・コンボとなるのは、《遺産のドルイド》と2体の《イラクサの歩哨》の組み合わせです。《イラクサの歩哨》2体ともう1体エルフをタップして3マナを生み出し、エルフを唱えると、《イラクサの歩哨》がアンタップし、それを繰り返すことができるのです。そしてこのコンボはやがて膨大なマナを生み出し、それを使って非常に多くのことができるようになります。《孔蹄のビヒモス》にマナを注ぎ込む「エルフ」デッキもありますが、今回の形では《背教の主導者、エズーリ》の能力を複数回起動してエルフたちをトランプル持ちの巨大な脅威に変える、という手段をとっていますね。それから、そのプランが失敗してもクリーチャーたちを一気に強化できる《鏡の精体》も採用されています。

 では、マナ・エンジンの要となる《遺産のドルイド》を引き込めなかった場合は? それでもエルフをたくさん展開できているでしょうから、《ニクスの祭殿、ニクソス》が大量のマナを生み出してくれます。《遺産のドルイド》が生み出すほどのマナではないものの、バックアップ・プランとしては十分活躍できるはずです。

 このデッキの強みは、安定感です。必要なときに必要なクリーチャーを持ってこられるというのは、極めて強力なのです。そのための手段としてこのデッキの主力となるのは、実に使いやすいコストであらゆるクリーチャーを探してくれる《召喚の調べ》です。それを引き込めない場合は、『タルキール龍紀伝』で登場した《集合した中隊》でライブラリーの一番上から6枚探しましょう。どちらの方法でも、勝利に必要なパーツがすぐに集まるはずです。

Brandt Johnson -「緑白エルフ」

モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る