シアトルのマジック事情を調査せよ!(前編)

更新日 Feature on 2014年 9月 16日

By 格内 麻也子

 公式ウェブサイト内で最もほのぼのした不定期連載記事「マアヤのマジックほのぼの日記」にようこそ! この記事では広報の「格内」ではなく、ごく普通のマジックプレイヤーである「マアヤ」が休日に出会った人や出来事を記事にしてお届けします。マジックでつなごう友達の輪!! マジックで世界中の人たちと友達になれたらいいな〜!!

 と、先日マアヤとコミュニティー担当の金子はシアトル出張へ! 現地よりアメリカの大型ゲームイベント「PAX Prime」で発表されたマジックの新情報をお届けしました!!…しかし、私たちにはシアトルのマジック事情を調査するという裏任務もあったのです!

 まず、最初に訪れたのは「ウィザーズ・オブ・ザ・コースト本社」!! じつはマアヤが本社に潜入するのは今回がはじめて!「こ、これが私の本当のパパなのね…(違)」夢にまで見た感動のご対面に思わず目頭が熱くなります。

 じゃーん!!ウィザーズの受付です! エントランスにはウィザーズの製品や受賞したトロフィーなどが奇麗に並べられていています! 奥にはもちろんガラクの等身大スタンドポップも設置されていましたよ(笑)「かねこさーん、本社はすごいですねー!! あれ、かねこ…さん、キャー!!!」

 かねこさんはウィザーズの守護神の「ミッツィ」に捕獲されていました! さすがウィザーズ、簡単には潜入できないようにキケンな魔法もかかっているようですね(笑)。そしてマアヤは普通に受付のコンピューターで登録をしてスマートに潜入!!

「…わぉ!オシャレー!!」廊下や会議室、エレベーターなど様々な場所にマジックのアートが飾られています! また、オフィスの1階には保育所があって女性も働きやすい職場のようです。そして運動不足の社員のためにジムまで設置されていましたよ(笑)いつかはこんな素敵なオフィスで働いてみたいものです…

マアヤ「ねぇ、どうやったら本社で働けると思う?」

ゴブリン「…もっと英語を頑張れ!」

 ウィザーズは「遊びを創り出す場所」、そのため社員を楽しませるレクリエーションも多いそうです! これは社員の小さい頃の写真が貼付けられた掲示板で、誰の写真なのか全部当てると何かいいことがあるんだとか。「わりと…、いや、けっこうむずかしいですね!!(汗)」

 次はウィザーズの一番近所にあるカードショップ「Shane's Card Shop」を調査! アメリカだと「普通の規模のカードショップ」のということですが…、一体どんなところなんでしょうか?

「広い!!こ、これで普通なんですか!?」アメリカでは、カードゲームだけでなくボードゲームも一緒に取り扱っているショップが多いそうです。『マジック:ザ・ギャザリング』の品揃えも豊富で多言語のブースターボックスも販売していましたよ。店員さんに話を聞くと日本語とロシア語の文字の雰囲気がアメリカでも人気でカードも売れるとか…。

 日本にいると日本語がカッコイイなんて特に思わないですが所変わればですね!ショップには平日の夕方ごろにお邪魔したのですがデュエルスペースにも人が集まっていましたよ! シアトルの人々が日常的にカードゲームやボードゲームで遊んでいる風景が感じ取れて嬉しかったです!

 午後は本社勤務の日本人開発者のしゃばさんに車を出してもらい、シアトルの中心地へと向かいます! 「Seattle」という名前のとおり海がとっても近い街なんですよ! シアトルといえばイチローのいたマリナーズも有名ですが、マアヤにとってのシアトルとは…やっぱり?

「スターバックスコーヒー!!」シアトルの街には日本のコンビニのように、どこを見てもスタバのショップがあります! そしてスタバの1号店は平日なのにお客様がいーっぱい!! エンブレムは私たちがよく目にする緑色ではなく、1971年の創業当初のものが使われていました。このエンブレムのキャラクターはギリシャ神話の「セイレーン」をモチーフにしているんですよね。

 マジックでも『テーロス』ブロックでは、セイレーンがカードとなって数多く登場しました! ここにきてスタバとマジックの意外な関係を発見…? じつはコーヒー愛好家のマアヤはシアトルにあるスタバ1号店に行くのが夢でした! 笑顔が輝く店員さんと一緒に記念撮影です(笑)コーヒーを飲んで元気100倍! 次の現場にいってみましょう!!

 つぎはシアトルで有名なマーケット「Pike Place Market」を調査です! たくさんの店舗が集合しているマーケットで、服や本や酒やら本当になんでも揃えることができます! ここの名物はサーモンを投げるビックリパフォーマンスを行う鮮魚店なんだそうです!(笑)

 やってきたのは「GOLDEN AGE COLLECTABLES」! ゲームや玩具、コミック、映画関連グッズなど様々な雑貨を取り扱っています。ずっと眺めているだけでもワクワクする空間ですね!

<

 ここでもマジックを発見!! 過去の製品も数多く陳列されていて、2004年に発売されたジョークセット『アンヒンジド』なども置いてありました!「昔はこんなセットもあったんだなぁ!」 ショーケースを眺めながらマジックの21年間の歴史を楽しむことができました。

 所狭しと製品が並んでいるなかで「POP! - Game Series:Magic: The Gatheringも発見!! こんなにたくさんの種類の「POP!」が販売されているんですね。「あ、シェルドンもいるー!!」私の大好きなアメリカの海外ドラマ「The Big Bang Theory」のキャラクターもフィギュア化されていてビックリしましたよ (笑)

 すこし車を走らせて次なる調査地はシアトルのゲームファンが集う場所「Card Kingdom」に潜入! ここはマアヤも一度は訪れたいと思っていたショップでした。なぜかと言うとショップに併設されている「Cafe MOX」という場所がとても興味深いんです…!!

 ここは、食べ物や飲み物を楽しみつつ仲間とゲームが遊べるというカフェ! テラス席でもビールとボードゲームを楽しむ人たちの姿が! 今のシアトルの気候は外で過ごすにはちょうどよくて、羨ましい限りです! しかも遊びたいカードゲームやボードゲームは店内のカウンターで貸し出してくれるそうですよ! こんなショップが近所にあれば毎日通いたいー!!

 友達同士、カップル、親子、さまざまな方がそれぞれの楽しみ方でゲームを楽しんでいました! なかなか日本では見られない光景に驚きと感動!! アメリカではゲームで親しい人と交流する習慣が昔から根付いているのかもしれませんね。ゲームをきっかけに友達を増やしたいマアヤにとって、ここはまさにパラダイス!!「よーおこそーここへー、あそーぼーよパラダーイス!」

 もちろん「Card Kingdom」もチェック! 広々としたスペースに様々なゲームが美しくディスプレイされています! そしてデュエルスペースでは「フライデー・ナイト・マジック」がちょうど開催されていましたよ!! なんと「不思議の国のアリス」みたいな少女もフライデーに参加していました!

 あまりの可愛さに凝視していたらバッチリ目があっちゃった…(笑)店内にはマジックもオシャレに並んでいます! またインテリアも素晴らしく、マジックのカードでつくられたシャンデリアなんかもありましたよ!「私の家にもこのシャンデリア欲しいー!!」

 そして最後にしゃばさんがサプライズな場所へ案内してくれました! マジックプレイヤーならば必ず見た方がよいというスポットらしいのですが…、一体どこへ?

 どーん!!巨大トロール!!「何故こんな大きなトロールが街中に!?」シアトルの中心地にはこういった面白いオブジェがいたるところにあるそうです。そしてこの巨大トロールも芸術作品として道路の高架下に作られたとのこと。 遊び心のある街ですよね(笑)

 そしてマジックでもトロールはおなじみのキャラクターですよね! しゃばさんのグッジョブなナビゲーションに感激!マアヤも童心にかえってトロールを召喚してみます!!

マアヤ「なぎはらえー!!」

トロール「マアヤ、それちゃう…!」

 まだまだ調査が続きますが(前編)はこれにて終わりです。次回は「シアトルのマジック事情を調査せよ!(後編)」をご期待ください! また、今回のほのぼの日記の感想などをマジック日本公式Facebook内の投稿にコメントいただけると嬉しいです。

 シアトルはやっぱりコーヒー、そしてマジック!!

 それでは、またお会いしましょう!

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る