シアトルのマジック事情を調査せよ!(後編)

更新日 Feature on 2014年 9月 24日

By 格内 麻也子

 公式ウェブサイト内で最もほのぼのした不定期連載記事「マアヤのマジックほのぼの日記」にようこそ! この記事では広報の「格内」ではなく、ごく普通のマジックプレイヤーである「マアヤ」が休日に出会った人や出来事を記事にしてお届けします。マジックでつなごう友達の輪!! マジックで世界中の人たちと友達になれたらいいな〜!!

 と、先日マアヤとコミュニティー担当のかねこはシアトル出張へ! 現地よりアメリカの大型ゲームイベント「PAX Prime」(英語サイト)で発表されたマジックの新情報をお届けしました!!…しかし、私たちにはシアトルのマジック事情を調査するという裏任務もあったのです! 前回は(前編)をお送りしましたが、今回は(後編)といきますよー!!

 最初に訪れたのは「Washington State Convention Center」、ここで「PAX Prime」は開催されていました! 入場チケットは販売直後に即時完売してしまうという超人気イベントなんです。

 さて、中に入ってみましょう!いたるとこに『マジック2015 ― デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』の旗や看板も発見!!とても賑わっていますね〜!!

 アメリカでは「トレーディングカードゲームといったらマジック!」というくらい、知名度もプレイヤー人口もバツグンなんだそうです。

 さっそくマジックの出展ブースに潜入!!すでにたくさんの人が行列をつくって待っています…、「かねこさーん、アメリカのマジック人気はすごいですね!!あれ、かねこ…さん、キャー!!」

 かねこさんはゾンビに捕獲されていました!! かねこさんの魅力にゾンビもすっかり心を奪われてしまったようです(笑)「…と、かねこさんゴメン!!」彼をおとりにしてマアヤは展示ブースにスマートに潜入!!

 ブースのなかは霧が立ちこめており、全体が紫色の明かりで照らされています。プレインズウォーカーの影も見え隠れ…、なんだか白昼夢を見ているような感覚に。『マジック2015 ― デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』の世界にいっきに引き込まれます。

 そして奥には写真スタジオのようなものものが…! 霧の滝のなかでガラクの斧を握った大人の男たちが戦い合っています!! 「わ、私のために戦うのはヤメテー!!…って、え?マアヤにも斧貸してくれるんですか? ここでポーズきめろって?」

「ハイ、ポーズ!!」撮った写真はその場で印刷してくれて、切って組み立てると世界でたったひとつのオリジナルのデッキボックスとして使用できます! なかなか面白いサービスですね!!

 物販ブースも充実しています!「あれ、この前歯がたくましいフォルムはどこかで見覚えがあるような…」そう彼は《道迷い》のカードで描かれているキャラクター、フブルスプ。グローバルサイトの「404 Not Found」のキャラとしてもおなじみかもしれませんね…、ぬいぐるみにするとはすごい(笑)!

 次はマジックの新セット『タルキール覇王譚』のパーティーへ!! 「ぎょえー!!入り口が恐すぎるー!!」そう、タルキールはドラゴンが滅んでしまった世界、迫力満点のドラゴンの骸骨の入り口でお客様を迎えます。

 会場内ではみんなが楽しそうにダンスをしています!! こんな華やかなパーティーに行ったことがないマアヤは度肝を抜かれました。と、そこのマジック界の王子様が…!!

 ババーン!!世界的に有名なマジックのプロプレイヤー、ブライアン・キブラー選手です! キブラープレイマットと同じ完成度の高いスマイルをいただきました!!

 マジックのコスプレイヤーさんも多数発見!! 美しき女性のジェイス、ダンスが超上手いニッサ、そして熊(笑)みなさんとっても衣装もプロモーションもカンペキですね! 瞳が癒されます…

 《凶暴な殴打》に出てくる熊のイラストを前に写真を撮るとトークンカードにしてくれるコーナーも。日本のグランプリでも同じようなサービスが実現できたらいいな…!

 各氏族をモチーフとしたドリンクも用意されていましたよ。たしかに各氏族でイメージカラーが決まっているのでオリジナルメニューがいっぱい考えられそうですね(笑)ピ、ピザ…とか?!

 さて、ところは変わって翌日はパネルディスカッションに潜入!! すぐに開場後すぐに席は人でいっぱいに!! シアトルでのマジックの人気っぷりが伺えます。

 この会場でも様々な新情報が発表されました! マアヤとしてはキャラクターなどのラフスケッチが面白かったです。世界観の設定画のようなものをあって、ぜひ資料集を出版してほしいと思いました!!

 そして「Pax Prime」の会場に戻り、マジックのイベントフロアへと向かいます! 1階と2階はまるごとマジックの専用プレイスペースで、4日間の開催期間中ずっとイベントが行われていました!

 また会場内ではクエスト型のミニゲームも! これは裏向きマジックのカードから指示されたクリーチャータイプのカードを探すというゲーム。これはお子さんでも参加できるので日本でも使えそうです…!

 私たちもカジュアルイベントに参加してみました! かねこさんの隣には汗だくのマスターチーフのコスプレイヤーさんが。マジックもなんだか強そうにみえますね…!!

 このイベントでは、2パックを開けて30枚デッキをつくり1ゲームで勝負を決めます。勝つと1パック追加できてデッキを徐々に強化できるというルール。なんと優勝賞品は『マジック基本セット2015』の レア・神話レアのプレミアム版アンカットシートです…!!(ごきゅり)

 マアヤは1戦目に奇数の参加者であふれて不戦勝をゲット!…と思いきや、そのあとに参加者が増えて結局は対戦することに(汗)無事に1勝するも、2戦目は対戦相手の《熱いスープ》が止まりません! 熱いスープをかけられ続け負けてしまいました…

 海外のイベントは初参加だったので緊張したのですが、マジックという共通言語があれば英語がつたなくても会話は弾みましたよ! 参加者の女性の方にマジックをはじめたきっかけを聞くと「まわりがやってるから自然にはじめたわ!」とのこと。ふだんは友達の家でマジックを遊ぶことが多いとか。いいなぁ!


 4泊という短いシアトル出張でしたが、シアトルでのマジックも盛り上がりを体感できたのは本当に良かったなと思います。シアトルのようにマジックをみんなが知っていて、どこでもマジックができる環境というのは絶対に楽しいですよね。日本のマジックもそうなるように…頑張ります!!

 さて、前編と後編と2回でお届けしました「シアトルのマジック事情を調査せよ!」はいかがでしたか?感想などをマジック日本公式Facebook内の投稿にコメントいただけると嬉しいです。

 シアトルはやっぱりコーヒー、そしてマジック!!

 それでは、またお会いしましょう!

最新Feature記事

FEATURE

2022年 4月 21日

『ニューカペナの街角』統率者デッキ by, Wizards of the Coast

4月29日に発売日を迎える『ニューカペナの街角』では、統率者デッキも発売されます!新規カードは『ニューカペナの街角』統率者デッキ・カードイメージギャラリーにて、ご覧ください。コレクター・ブースターから入手できる拡張アート版のカードについては、こちらの記事をご覧ください。 今回は、ニューカペナの悪の一家それぞれに統率者デッキが用意されています。どれがいいか迷う方は、ぜひ『...

記事を読む

FEATURE

2022年 4月 19日

『ニューカペナの街角』における「ザ・リスト」の更新 by, Wizards of the Coast

華麗なる退廃的世界。ハードボイルドな捜査官。筋骨隆々な用心棒。街を牛耳る5つの一家。4月29日発売の『ニューカペナの街角』では、4月22日にお近くのゲーム店でプレリリースが始まり、4月28日にはMTGアリーナおよびMagic Onlineでもリリースされます。 この街で起きている事態に飛び込んでいきますか?それなら、『ニューカペナの街角』について知っておくべき情報をまと...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る