新環境最初の大イベント、プロツアー『タルキール覇王譚』をニコ生で観戦しよう!

更新日 Feature on 2014年 10月 1日

By Wizards of the Coast

 ついに9月26日(金)に『タルキール覇王譚』が発売となりました! スタンダードのローテーションが行われるとあって、発売を楽しみにしていた方は非常に多いのではないでしょうか。さて、そんな『タルキール覇王譚』をフィーチャーした、大きく変動した新たなスタンダード環境の指針となる一大イベント、プロツアー『タルキール覇王譚』10月10日(金)~12日(日)の日程で行われます!

プロツアーとは?

 プロツアーとは、一握りのプロプレイヤーと厳しい予選を勝ち抜いたプレイヤーにより争われる、マジック:ザ・ギャザリング最高峰の招待制トーナメントです。マジックの新セット発売後に行われ、今回はアメリカのハワイ州・ホノルルで開催されます。参加プレイヤーたちは、優勝賞金40,000米ドル(賞金総額250,000米ドル)と、「プロツアーチャンピオン」という、マジックで最も栄誉ある称号を目指し、3日間にわたり熱戦を繰り広げます。


8月に行われたプロツアー『マジック2015』王者のイヴァン・フロック/Ivan Floch選手。
マジック最高の名誉を手に入れました。

ニコニコ生放送で新環境をチェック!

 ニコニコ生放送では、プロツアー『タルキール覇王譚』の模様をアメリカ・ホノルルから生中継でお届けいたします!プロプレイヤーたちによるマジック最高の戦いをご覧ください!

 気になる放送日程は下記の通りとなります。

1日目(予選ラウンド) 10月11日(土) 4:00~16:00 放送ページ
2日目(予選ラウンド) 10月12日(日) 4:00~16:00 放送ページ
3日目(決勝プレイオフ) 10月13日(月・祝) 4:00~15:00 放送ページ

※終了時間は進行により前後することがございます。

日本語実況出演
実況:鍛冶友浩(司会担当)、金子真実(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト マジック・コミュニティ担当)
解説:浅原晃 (マジック:ザ・ギャザリング プロプレイヤー)

 実況にプロツアー・チャールストン王者、鍛冶友浩氏とウィザーズ・オブ・ザ・コーストの金子真実、解説に多くの実績を持つプロプレイヤー、浅原晃氏というお馴染みのメンバーがプロツアーを盛り上げます!

競技フォーマット

スタンダード

 『タルキール覇王譚』が発売されたことで、『ラヴニカへの回帰』ブロックがスタンダードから退場し、全く新たな環境でのスタンダードとなります。まず気になるのは『タルキール覇王譚』の新たなカードでしょう。「楔」(1つの色とその敵対色2つの組み合わせ)というテーマを持つこのセットのカードたちは、『テーロス』ブロック、『基本セット2015』という既存のセットと結びつき、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

『タルキール覇王譚』のカードはどのような活躍を見せるのでしょうか。
トッププロたちのデッキに要注目ですね!

 昨年同時期に行われたプロツアー『テーロス』では、その後のスタンダードを席巻する青単色デッキや黒単色デッキが上位入賞し、世界を驚かせました。今年も、プロプレイヤーたちの革新的なデッキに期待しましょう!

『タルキール覇王譚』ブースタードラフト

 ブースタードラフトとは、その場で開封したカードから自分が取ったカードでデッキをつくり、対戦を行うフォーマットです。未開封のブースターパックを開封し、「回ってきたカードから1枚を取って残りを隣に渡す」を繰り返します。この手順を3回繰り返し、自分が取ったカードに好きな枚数の基本土地カードを加えてデッキを構築します。

 出てくるカードが毎回違うので、臨機応変な対応と、何よりもそのセットへの理解が問われます。使用するデッキも対戦するデッキも毎回違うため、いつも新たな気持ちでゲームに挑めるのも魅力的です。

 プロツアーにおいても初日の勢いを決定付ける1日目の最初の3回戦と、トップ8も見えてくる2日目の最初の3回戦(9~11回戦)で採用されており、それぞれのプロが練習の成果をぶつけ合います。

 本プロツアーでは、ブースタードラフトラウンドが『タルキール覇王譚』3パックを使って行われます。注目のテーブルはカードピックも放送されますので、プロプレイヤーたちがどのようなデッキを組み上げるのか注目ですね。

日本選手を応援しよう!

 プロツアー『タルキール覇王譚』には多くの日本人選手が参加予定です。その中でも注目は、プロプレイヤー・クラブ最高峰のプラチナレベルに位置する、渡辺雄也選手、市川ユウキ選手、山本賢太郎選手の3名でしょう。


写真左上より時計回りに渡辺雄也選手、市川ユウキ選手、山本賢太郎選手。

 3名とも年末のマジック:ザ・ギャザリング世界選手権にも出場予定ということもあり、本プロツアーだけでなく今後も要チェックの、今を輝く世界トップクラスのプロプレイヤーたちです。この3名以外にも多くの日本選手が参加予定ですので、日本から声援を送りましょう!

世界の注目選手たち

 プロツアーはマジック最高レベルのトーナメントということもあり、世界中からトッププレイヤーたちが集結します。その中でも、特に注目したいのは、昨シーズンのプレイヤー・オブ・ザ・イヤー(シーズン内で最も多くのプロ・ポイントを獲得した選手)である、ジェレミー・デザーニ/Jeremy Dezani選手(フランス)です。昨年のプロツアー『テーロス』で革新的な青単色デッキで鮮烈な優勝を飾ると、そのまま並み居る強豪プレイヤーを退け、この称号を手にしました。

 そのデザーニ選手と最後までプレイヤー・オブ・ザ・イヤーの座を争ったのがリード・デューク/Reid Duke選手(アメリカ)です。昨年のマジック:ザ・ギャザリング世界選手権2013での準優勝の後、コンスタントに活躍を続けています。今シーズンも彼のパフォーマンスからは目が離せません!

昨シーズン大活躍したジェレミー・デザーニ選手(写真左)とリード・デューク選手(写真右)。
今シーズンの活躍やいかに?

競技日程紹介

 プロツアー『タルキール覇王譚』では2日間の混合フォーマットによる予選の後、決勝ラウンドが行われます。ここでは3日間それぞれの競技日程について、ご紹介します。

1日目(日本時間10月11日午前4:00~)

 1日目は、2日目進出をかけて全競技者がスイスラウンド方式の予選を争います。『タルキール覇王譚』を使用するブースタードラフト3回戦を行い、その後スタンダード5回戦の合計8回戦が1日目の競技となります。1日目を終えて勝ち点が12点以上(4勝4敗または3勝2敗3分け以上)のプレイヤーが2日目へと進出することができ、参加者たちはまず1日目突破を目指すことになります。

2日目(日本時間10月12日午前4:00~)

 1日目を勝ち抜いたプレイヤーが、3日目に行われる決勝ラウンド進出を目指して、ブースタードラフト3回戦とスタンダード5回戦を戦い抜きます。合計16回戦を終えた後、上位8名のみが「プロツアー・サンデー」と呼ばれる最終日の決勝ラウンドでプレイする機会を手に入れることとなります。

3日目(日本時間10月13日午前4:00~)

 2日間16ラウンドを終えて、生き残った上位8名がプロツアー優勝という栄光の座をかけて戦う、シングルエリミネーションの決勝ラウンドです。試合はスタンダードで行われ、準々決勝・準決勝は2本先取、決勝戦は3本先取で勝者が決定します。全試合が時間をずらして行われるため、栄光のプロツアー・サンデーを余すことなく生中継でご覧いただけます。プロツアー優勝トロフィーは誰の手に渡るのでしょうか?マジック最高峰の戦いを見届けましょう!


マジック最高の舞台、プロツアー・サンデー。その様子は全世界に配信されます!

 ニコニコ生放送以外にも、翻訳記事とデッキリストを中心にプロツアー『タルキール覇王譚』の模様をお伝えしていく予定です。また、マジック:ザ・ギャザリング 日本公式Facebookでも、本プロツアーの写真などを随時お届けします。10月11~13日はプロツアー『タルキール覇王譚』を堪能しましょう!

 プロツアー『タルキール覇王譚』 イベント特設ページ

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこのセットには、統率者戦ファンにとって素晴らしいカードにあふれている。ここでは、君たちが出会うであろう感動的なも...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る