こちらマジック広報室!!:108名が集結!チャレンジイベント vol.1北の国からホットにレポート!

更新日 Feature on 2014年 12月 9日

By 格内 麻也子

 みなさんこんにちは!「こちマ!!」では『マジック:ザ・ギャザリング』(以下、マジック)を、はじめて遊ぶ方にも楽しく、そしてわかりやすく!新製品やイベントなどの情報をお知らせしています。

  先週末は国と個人でマジック世界一を決める「ワールド・ウィーク」でしたね!「世界選手権2014」では、渡辺選手が3位、山本選手は4位、市川選手は6位入賞を果たしました! そして優勝者はシャハール・シェンハー選手! 昨年に続いての二連覇、弱冠21歳のチャンピオンです! すごい!!

 さて、今回の「こちマ!!」では、11月に開催された『マジックチャレンジイベントvol.1~ウィザーズがノルベサMINTにくるベサ!~』をレポートしていきます! 北海道全土から108人がMINT札幌店に集結、 寒い冬をホットにさせたイベントの模様をお届けしますよ!!

 ヘイ、ジンギスカーン!! 「チャレンジイベントvol.1」は、観覧車&商業施設ノルベサ内のイベントスペースとスポーツカード&カードゲームショップMINT札幌店にて開催! イベント本戦は『タルキール覇王譚』3人チーム戦(4パックシールド)戦で行われました!

 MINTといえばマジックのプロプレイヤー渡辺雄也選手のスポンサーショップとしても有名ですよね! このイベントにも渡辺選手にスペシャルゲスト参加いただきました! 北海道初上陸ということもあり開催を楽しみにしていたそうですよ!

 今回のイベントイメージは氏族が争う次元「タルキール」! 9月に発売された新セット『タルキール覇王譚』にちなんだ装飾もバッチリ!? モニターやスクリーンもタルキールの映像でジャック!!

 皆さんが記念撮影できるように、こんな顔ハメ看板も特別につくってみましたよ! あ、渡辺選手とコミュニティー担当の金子さん発見—!! ささ、ここに顔を入れてハイ、チーズ!!

 開催前はMINTのスタッフの方と「イベントの定員108人なんて集まるかな」と不安に思っていましたが、当日になると会場内は参加者で満員御礼!! 札幌だけでなく北海道全土からご来場いただきました!

 参加者の方にはイベントを楽しむために「タルキール」のコスプレをオススメしますと告知していたのですが、なんと「新ファイレクシア」の世界から《大修道士、エリシュ・ノーン》もご来場いただきましたよ。ふひゃあああ、麗しい…!!

 こちらはイベント受付の様子です。参加者賞として全員にマジック関連グッズとイベント限定プロモカードをご用意。それに加えて渡辺選手の特製トークンもサプライズプレゼントされました!

  さて、いよいよ氏族の戦いがはじまります! はたして優勝は誰の手に…!? ブースターパックが各テーブルに配布され、構築時間がスタートします!! 今回のフォーマット(ゲーム形式)は、その場で新品のブースターパックを4つ開封して、その時に出たカードで30枚のデッキを構築して戦う「シールドデッキ」!

 しかも3人チーム戦なのでチームの間で相談しながらデッキを構築することもできますよ! ふふふ、皆さん楽しそうですね! どんなカードを引いたのかインタビューしてみましょう!!

 おお、満面の笑顔! 《龍語りのサルカン》、《真面目な訪問者、ソリン》、フェッチランド…、いいなぁ!! 「え、もうイベント帰ってもいいかって?」だめだめ、これからが本番ですよ!!(笑)

 この時間にはステージ上で渡辺選手によるデッキ構築方法について解説も行われました! 30枚デッキを組むことのって普段はなかなかないと思うのですが、皆さん上手にデッキは出来上がったでしょうか…? うん、大丈夫そうですね!!

 1回戦が始まります! チーム戦ということもあり、時におしゃべりも交えながら楽しげな雰囲気で試合は進行します。お話を聞くと最近マジックをはじめたという方もちらほら…、こうしたイベントでプレイヤー同士交流も深めればいいなあ!

 と、一方ではサイドイベントも併催されています! こちらは初心者向け無料体験会「ティーチングキャラバン」の様子です! わぉ女性が多い!! ちょ、私も一緒にマジックしたいよー!!

 ステージ前では渡辺選手とコミュニティー担当の金子が一般参加者相手に対戦も! なんと渡辺選手の勝率は9割超え! しかも「世界選手権2014」用のスタンダードデッキを使用していたという本気のガンスリンガーです!!

 と、あれこれ取材しているうちに3回戦が終わりトップ4が決定、そして決勝戦へ!! ピリリと緊張感のある空気が流れます。なんと先にゲーム終わった2組の勝敗が2-0となり、3組目の対戦結果をまたずして優勝チームは決まってしまったのですが…

 それでもチームのために一矢報いたいと最後まで戦いは続きます! ううう、頑張れー!! そして激戦の末に1勝をもぎとることができました!! 素晴らしいー!!

 準優勝になったのはチーム「プレビュールーム」です!! いつもマジックを遊んでいる店舗はイベント開催店舗の「MINT札幌店」! マジック暦はみなさん10年以上の仲間だそうです。 勝っても負けてもチームの連帯責任なので和気あいあいとプレイできて楽しかったとのこと!

 そして優勝に輝いたのはチーム「ちくたくハウス」です!! いつもマジックを遊んでいる店舗は室蘭にある「デュエルスペースちくたくハウス」! なんとチームの1人は『タルキール覇王譚』からマジックをはじめたそうですよ! みなさんプレイ歴は4年以内という大学生の仲間です! わ、若いー!!

 チーム内での相談を綿密に行って勝ちとった今回の優勝だそうです!! おめでとうございますー!! 優勝賞品として「FUNKO POP! Magic: The Gathering」のフィギュア6種と『タルキール覇王譚』のブースターボックスなどが贈呈されました!

 最後にコスプレ賞の発表です! 右から《隠道の神秘家》、《大修道士、エリシュ・ノーン》そして《血の暴君、シディシ》の杖を作った方、以上3名が受賞しました!! おめでとうございますー!!

 楽しい時間はあっという間…! イベント中に数名のプレイヤーの方とお話できたのですが、札幌でもマジックの盛り上がりと愛を感じることができて嬉しかったです! 今回のイベントに参加者いただいた方はもちろん、MINT札幌店さん、ジャッジの皆さん、そして渡辺選手、本当にありがとうございました!

 次回の「チャレンジイベントvol.2」は1月発売のカードセット『運命再編』に合わせて行われます! 詳しくはまだ言えませんが、東北方面のカードショップに行く予定で調整を進めていますよ!! 東北のみなさん心の準備をしておいてくださいね(笑)

 また、今後の「チャレンジイベント」を開催いただけるカードショップを全国より大募集しています! 開催日時やどんな内容にするかなどは全てお任せいたします。まずは自由な発想で気軽にご提案いたけたらと思いますので、ご興味のある方はぜひご応募ください。

受付、お問い合わせ先mtgjp@wizards.com
メールの件名に「マジックチャレンジイベント企画募集」、本文に開催したいと考えているイベント内容について記載ください。
その他:ウィザーズからは企画や広報活動のサポート、イベントに使用する製品の無料提供がございます。

 それでは次回こちマもお楽しみに!


無料でマジックが体験できるティーチングキャラバン開催中!

teaching_banner

 ティーチングキャラバンとは、マジック未経験の方や始めたばかりのプレイヤー向けの無料で受けられる体験会のことで、専門のティーチャーが店舗のスペースをお借りしてほぼ毎週、各地で開催されています。

 必要なものはすべて用意されているので手ぶらで参加でき、使用したハーフデッキやプレイマット、デッキボックスももらえる、大変お得なイベントになっています。

present.jpg

 今回の記事で興味を持たれた方も、この機会にぜひマジックを覚えて、始めてみてはいかがでしょうか?

 マジック:ザ・ギャザリング ティーチングキャラバン

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る