コラボ企画! ロードオブヴァーミリオンIIIをやってみた!! ~バトル編~

更新日 Feature on 2014年 12月 22日

By 浅原 晃

●前回のあらすじ

 LoV3の開発チームに喧嘩を売ってしまったものの、3人しか居なかったので頭を抱えていた。

格内:どうしましょう、いっそのこと3人でやるのは?

浅原:それは無理です。1人足りない状態で勝てるほど、LoV3は甘くありません。……むしろ、今回の相手を考えると、よほどの強者が仲間になってくれないと苦しいかもしれません。

格内:と、とりあえず! 時間もないですし、私、誰か探してきます! いそげいそげー、あっ!

格内:いてて…、 あ、あれ? どこにもないカードがない…!?

??:お嬢さん、探しものはこれですか?

浅原:空中に舞ったカードを瞬時に指の間でキャッチしている……まさか、これは、ツインランス!?

浅原:そこの方、ありがとうございました。あなた、只者ではノイですね…。

ノイ:いえ、通りがかりの者ですよ。マジックのカードの匂いに引かれましてここにきました。

金子:まさかLoV3開発チーム・プランナーのノイさん!? そしてマジックプレイヤーでもあるという噂の!!

格内:なんて偶然なの!これは我らマジックチームに入ってもらわなきゃ!!

金子・ 浅原:わー、4人目が見つかったー!!

 こうして、4人は紙面の都合上、一気に意気投合したのだった。

ノイ:金子さんと格内さんは~修行編~で紹介したようなガラクデッキを使いましょう 。後は「アルティメットスペル」の選択ですが、2人とも少し練習したとはいえ、まだ、初心者なので「リザレクション」がいいですね。

POINT 1 アルティメットスぺルとは?

各プレイヤーが1回だけマナを消費せずに使える技。最初からも使えるが、ゲームの中盤以降にレベルが上がると効果も強くなる。金子と格内が使うのは「リザレクション」。

  • リザレクション:死んだ使い魔を復活させる。復活した使い魔が覚醒するためのコストも軽くなる。
  • キュアオール:使い魔のHPを回復させる。
  • リターンゲート:使い魔をすべてゲートに帰還させてHPを回復させる。
  • クイックドライブ:使い魔の移動速度を上昇させる。
  • パワーライズ:使い魔の攻撃力と防御力を上昇させる。

ノイアルティメットスペルとは、1回きりの必殺技です。ガラクは召喚した後、最高で2回の覚醒が可能です。覚醒は自身を強化する動作で、そのコストは召喚するコストと同じ。ガラクなら、70+70+70=210コストで最大の強さにできます。ざっくり言うと「リザレクション」を使えば、この召喚や覚醒が少ないマナできるようになるという効果です。

浅原:マジックでいう所の、マナ踏み倒し戦術ですね。

格内:コストが重いガラクの欠点を補える技なのですね。なるほど、分かりました!

浅原:金子さんと格内さんがガラクを使うということは、僕とノイさんでジェイスを使いましょう。

ノイ:ですね。そこは、各自で適当に組みましょう。

金子:……ぎゃあああ!!

格内:い、いつのまにこんな手紙が…!?

浅原:どれどれ、開いてみますね……うわっ、酒臭いっ!

ノイ:間違いない。LoV3のプロデューサー、たんたんPからの手紙です。

格内:しかも、24日のクリスマスイヴにLoV3の公式ニコ生をやるそうです。

ノイ:ちなみに、それには自分も出ますね!

浅原:えー、手紙を確認したところつまりは、LoV3対決の後にマジック対決をやりたいということですか。

格内:いやー、さすがにマジックでは絶対に負けない!!…ですよね??

ノイ:………

金子:みんな、説明してないで、僕を助けてください…!

バトル編第1部 LoV3対決!

右側、LoV3チーム(左上:にゃべさん 右上:D.C.さん 左下:たんたんPさん 右下:きりさん)
※LoV3ランカーのD.C.さんは急遽LoV3チームに助っ人として参戦! LoV3の公式番組などでもおなじみの方です。

 そして、戦いの当日。まずは、都内の某ゲームセンターにて、LoV3対決からスタート。マジックチーム、そしてLoVチームともにやる気はまんまんだ。お互いに勢いよく声を掛けて、開戦、戦いの火ぶたは斬って落とされた。

たんたんPさん視点の対戦動画

 序盤はマナを溜めつつ、ガラクまでつなげるといった戦いに。格内がリザレクションでガラクの発進準備を整える。そして、ガラクを2回覚醒させて、最終形態に! 「残忍な捕食」(LoV3オリジナル能力)という力も備わり、最強に見える……かに思われた。しかしガラクの背後にはディフェンダーが…

マジックチーム:ガ、ガラクッーーーーーーーー!!

 こうして、ガラクの一生は幕を閉じた。そして、時は流れ、試合も終了。圧敗。残念ながら当然。

ノイ:大型ディフェンダーにガラクがあっさり捕食されてましたね……。

格内:あれ、えーと、リリアナっぽいイントネーションの敵、あれに私も金子さんもやられたんですよ。

浅原:それ、ミミララですね。もう、あれはガラクにとってはリリアナと同じようなもんです。

浅原:しかし、活躍できたのはノイさんだけでしたね……。2戦目を挑むにしても、やはり実力の差がいかんとも。

ノイ:仕方ありません、では、これを使いましょう。こんなこともあろうかと策を1つ用意してきたのです。

格内・ 金子:さすが我らの郭嘉!ノイさんの神算鬼謀がでたー!!

ノイ英雄の破滅》はプレインズウォーカーでさえ、好きに1体を殺せるマジックのカード! それはLoV3の使い魔といえども、逃れられない!!

LoV3チーム:えーーーーー!!

 そう、この寝耳に水の特別ルールによって、LoV3開発チームの各プレイヤーは、こちらが指定した使い魔1体を失った状態でプレイしなくてはならなくなったのだった。LoV3チームに再びマジックチームが挑む!いざラストバトルへ!!

金子視点の対戦動画

 ゲームの中盤はタワーを中心として、小競り合いが続く。各々がアルティメットスペルを使い合い戦いは佳境へ。終盤決戦の地は中央のアルカナストーン! それぞれの使い魔が集結しアルカナストーンの割りあいに、お互いが総力戦を行うが…

 そして、あえなくタイムアップとなり何となく頑張った感じの敗北…

浅原:ぐぬぬ…、《英雄の破滅》を持ってしてもLoV3チームは討てなかったか…。

格内:わ、わたし…悔しい!! でも…面白い!!!

浅原:格内さんと金子さんはLoV道を歩みはじめたばかり…、それに気がついただけでも修行成功だ!

金子:また練習を積んでリベンジしたいですね!!

格内:ですね、ともかく今日のところは次のマジック対決にいきましょう!

金子:ええ、「かえろかえろ」には早すぎますからね!

バトル編第2部 マジック対決!

 そして、場所を移し某会議室にて、マジック対決へ。LoV3での負けの大きさにショックを隠し切れないが、この対決では負けるわけにはいかないマジックチーム。

浅原:まず、使うブースターパックですけど、流石にあれですか?

格内:そうです、もちろん、新製品の『タルキール覇王譚』です。はい、ドーン!!これをつかったシールドでのチーム戦で行います。ルールなんですが、以下の感じでやりましょう!

POINT 2 チーム・シールド戦(今回のルール)

各チームの4人のうち、3人がプレイヤーとなり、1人は参謀となる。各プレイヤーは『タルキール覇王譚』6パックでシールドデッキを作る(カードプールはプレイヤーごとで、同じチームでも共有しない)。デッキ構築後、1対1の勝負を3か所で行い、2勝したほうのチームの勝ちとなる。

LoV3チーム(参謀:にゃべさん、プレイヤー:D.C.さん、たんたんPさん、きりさん)

マジックチーム(参謀:浅原、プレイヤー:ノイさん、格内、金子)

格内:それでは、さっそく、構築を始めましょう!

ノイ:いやっほー!

金子:…えっと、僕はフェッチランドを3枚引きまして…。

浅原:金子さーん。ちょっと、人間力足りてないんじゃないですかあ?

ノイ:参謀に作戦じゃなくて、人間力の駄目出しをされている。この世界……深い。

浅原:ここで参謀からのお知らせです。マジック対決ではLoV3チームにハンデが与えられます。

たんたんP:えっ、いいんですか!?

浅原:LoV3チームはアルティメットスペルが使えることにします。

POINT 3 特別ルール

LoV3チームは特別にそれぞれのマッチで1回だけ、「アルティメットスペル」を使用できる。アルティメットスペルの種類は5種類。デッキ構築後、それぞれのプレイヤーが何を使うか1つ決める(重複不可)。それは、マジックチームに分からないように紙に書いて伏せておき、インスタント・タイミングでいつでも使用できる。効果は以下の通り。

  • リザレクション:このターンに死亡した自分のクリーチャー1体を戦場に戻す。
  • キュアオール:あなたのライフ総量は20点になる。
  • リターンゲート:パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
  • クイックドライブ:ターン終了時まで、あなたのコントロールするクリーチャーは速攻を得る。
  • パワーライズ:ターン終了時まで、あなたのコントロールするクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。

 アルティメットスペルが決まったところで試合スタート! 手前は格内 vs きりさんの女同士のバトル。奥がノイさん vs D.C.さんLoVトッププレイヤー同士のバトル。真ん中が金子 vs たんたんPさんの新婚さん同士のバトルだ。

 戦いが進むなか、まず素早く動いたのは格内。土地が事故り気味のきりさんを相手にきれいに展開し5ターン目には《風番いのロック》を出すとそのまま勝利。一方その頃、ノイさんはD.C.さんの《アブザンの上級歩哨》に苦しめられ打開できずにそのまま投了となった。

浅原:金子さんの方は形勢どうですか?

金子:難しいですね、正直かなり長引きそうです。たんたんPさんはマルドゥ(赤白黒)+緑なので、アルティメットスペルがパワーライズかもしれないとなると…、うーん。

浅原:確かにマルドゥパワーライズはタルキール環境でも屈指のコンボだから、注意しないと。

格内:さすが参謀、博識ですね。

ノイ:えっ、アルティメットスペルってここで初めて採用された環境ですよね?

浅原:あーっと、こちらは長引きそうなので、ノイさんの方を見ますか…。

ノイ:えっ、まあいっか。2本目は任せてください。

浅原:先攻で2ターン目に《神秘の痕跡》を張れるとは、かなりの運命力をお持ちだ。

ノイ:ありがとうございます。

 このとき、ちょうど真ん中の戦いで異変が。金子がたんたんPの攻撃を適当にブロックすると、LoV3チーム参謀のにゃべさんから、アルティメットスペル「パワーライズ」発動の声が!!

 この戦いで金子は戦場こそ壊滅するものの、そこから《対立の終結》を引いて、さらなる泥試合へ。その間にノイさんは勝ちを収めるも、あえてアルティメットスペルを使わなかったD.C.さんの様子に少し浮かない表情。一方、格内の2本目は飛行クリーチャーで殴りダメージで先攻する展開に。

浅原:そのまま、押せ押せで行ってください!

格内:アタイにまかせな!!

 飛行クリーチャー3体で押しているところで、LoV3チーム参謀のにゃべさんが動き、またしてもアルティメットスペル「リターンゲート」が発動!!

 これによって飛行クリーチャー1体がバウンスされるものの、2体の攻撃がプレイヤーに入って、きりさんの残りライフは残り5。しかし格内の手札には……

格内:必殺《矢の嵐》…、決まった!

浅原:うむ、よくやった。

 そして、まだまだ続いていた、1戦目の金子にも決着の時が…、《火口の爪》を使って全力でダメージを与える。

金子:ふー、何とか勝ちました!

ノイ:あのー、こっち負けそうです…。

浅原:えっ、まだ、3ターン目なのに、一体何が。

浅原ゴリライズ暴力

ノイ:とてもつらい。

 しかし、ライフは2まで追いつめられるも、場を膠着させることに成功するノイさん。

ノイ:参謀! 今出てきた変異クリーチャーに熊パンチ入れていいですかね?

浅原:これぞ、俺熊殴殺の計。 いきましょう!

ノイ:りょーかい!そらよっ。

D.C.:じゃあ、表返します。

浅原:げぇぇ、《頭巾被りのハイドラ》。

ノイ:天は何故、この世にノイを生みながら《頭巾被りのハイドラ》をも生んだのだ……ガクッ。

浅原:まさに孔明の罠……。D.C.さんのアルティメットスペルは「キュアオール」でしたか。どちらにしろ、後は金子さんしか…いない!!

 そして、またもや膠着状態になっている金子とたんたんPさん。どうやらそろそろ決着がつきそうな展開になっていた。

格内:LoV3でいう所の最後のアルカナストーンに使い魔が群がっている感じですよね。

浅原:ここで、勝負が決まりますからね。

ノイ:金子さん! 頼みます!!

 そして、めちゃくちゃな消耗戦の末、放たれる《対立の終結》! これでお互いの手札も0でトップデッキ勝負に。これに対して金子は 《子馬乗り部隊》を引き当てると、《戦場での猛進》を次のターンに唱えて見事勝利!!

一同:ありがとうございました〜!!!

浅原:それにしても、何とか面目は保ちましたね!

金子:ノイさんも特別参加ありがとうございました!

ノイ:いえいえ、またグランプリ・静岡でお世話になりますし。

浅原:あれ、そうなんですか?

POINT 4 グランプリ・静岡にLoV3がやってくる!

「LORD of VERMILION III」試遊コーナー

オンラインマルチ対戦型トレーディングカードゲーム「LORD of VERMILION III」をフリープレイ体験できるコーナーが1月10〜11日開催の「グランプリ・静岡2015」会場内に登場! コラボレーションで参戦した「頂点捕食者、ガラク」「ギルドパクトの体現者、ジェイス」のヴァーミリオンレア仕様カードを、来場者へ無料配布いたします。

浅原:そんなサプライズがあるとは…

一同:興味を持たれた方は「グランプリ・静岡2015」に遊びに来てね!


 ゲームとは楽しさの共通言語である。一緒にやる仲間が居れば、何でも楽しく、そして、そのゲームが面白ければ言うことはないのだ。

© 2007-2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る