こちらマジック広報室!!:バレンタインはスタンで勝負!今週末開催『運命再編』ゲームデー!!

更新日 Feature on 2015年 2月 9日

By 格内 麻也子

 みなさんこんにちは!「こちマ!!」では『マジック:ザ・ギャザリング』(以下、マジック)を、はじめて遊ぶ方にも楽しく、そしてわかりやすく!新製品やイベントの情報などをお知らせしています。

 先週末ワシントンD.C.で開催されましたプロツアー『運命再編』はニコニコ生放送でご覧になられましたか?! 使用可能カードが大きく入れ替わったモダン構築戦で優勝を手にしたのは、スペインのAntonio Del Moral Leon選手! 『タルキール』ブロックのカードも活躍したモダンのトップ8デッキはこちらでチェックできますよ〜!!

 さて、今回の「こちマ!!」では、2月14日(土)~15日(日)に全国のカードショップにて開催されるイベント「ゲームデー」をご紹介します! 2/14といえばバレンタインデーでもありますが、今週末はチョコレートだけでなくスタンダード勝負でゲームデー限定の賞品もゲットしてきましょう!!

○「ゲームデー」ってどんなイベント?

 ゲームデーとは、新セット発売の3週間後に全国のカードショップで行われるマジックの認定イベント! イベントの詳細と開催店舗の検索はこちらからチェックしてくださいね! ゲームデーのフォーマット(ゲームの形式)は全て「スタンダード」です。

 そしてゲームデーに参加すると限定賞品がゲットできるかも?! ゲームデー限定のプロモカードには、参加賞としてもらえるカード(数量には限りがあります)と、トップ8に入らないともらえないカードの2種類がありますよ!


<参加賞プロモカード>


<トップ8入賞プロモカード>

 今回の『運命再編』ゲームデーのプロモカードは、参加賞《マルドゥの影槍》とトップ8入賞《奪取の形態》のイラスト違いの全面アートです! イラストが大きいと迫力ありますねー!!


<優勝賞品・特製プレイマット>

 また、優勝することでゲームデー特製のプレイマットも獲得できますよ! なんと『運命再編』ゲームデーでは《精霊龍、ウギン》のイラスト違いのプレイマットとなっています!! ウギンのカッコよさに思わず告白したくなります!!(笑)

 ちなみに、イベント規定(2.2 プレイ/ドロー・ルール)の変更により、ゲームデーの決勝ラウンドの対戦もスイス・ラウンドの上位成績者が第1ゲームの先攻後攻を決定します。より詳しく知りたいという方はこちらをご覧ください

○「スタンダード」ってどんなゲーム形式?

 60枚以上のデッキと15枚までのサイドボードを使って対戦を行うフォーマット(ゲーム形式)です。スタンダードの枠で決まっているカードでデッキを構築して対戦を行います。現在使用できるカードは、『テーロス』『神々の軍勢』『ニクスへの旅』『基本セット2015』『タルキール覇王譚』、そして最新セットの『運命再編』の6つです!

○スタンダードのデッキを持っていないなら?

 「とは言ってもゲームデーに持って行くスタンダードのデッキがないよー!」という方は、「対戦キット」もオススメです! 「対戦キット」は、すぐに友達と対戦可能な60枚構築済みのデッキが2個入っている製品。また、より戦略的なデッキへ再構築&サイドボードを作る説明書も付いていますので、そのデッキでゲームデーに参加するもの1つの手です!

 「対戦キット」の中にはイラスト違いの《英雄の破滅》や《クルフィックスの狩猟者》、《エレボスの鞭》などの注目カードも入っています! 気になった方はこちらの記事で製品の詳細をチェックしてみてくださいね!

 『運命再編』ゲームデーでは、プロツアー『運命再編』のようにバナナやサイが活躍するのか…?! それでは今週末はスタンダードを思いっきり楽しんでくださいね~!!

 それでは次回「こちマ!!」もお楽しみに。

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る