『デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ』

更新日 Feature on 2015年 2月 16日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

 正直に申し上げましょう。私は新しい『デュエルデッキ』をお披露目するたびに、抑えきれないほどわくわくしてしまいます。よい子の皆さんに何かをお披露目する、ということ自体がクールなのはもちろんですが、何と言っても私自身がその新しい『デュエルデッキ』で遊べるようになるのですから。

 先週私はついに、その名前を聞いてから居ても立ってもいられなかった『デュエルデッキ』に触れる機会を得ました。それが『デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ』です。私のお気に入りのプレインズウォーカーふたりがテーロスで激突する? 燃えるじゃないですか。

 あまりの興奮に、今回はちょっとやり過ぎましたね。デッキ・ボックスとプレイマット(別売り)も揃えてしまいましたよ……

やあ兄弟、君がエルズペスとキオーラが好きだって聞いたから、エルズペスとキオーラのプレイマットの上に置いたエルズペスとキオーラの箱にエルズペスとキオーラのデッキ・ボックスを入れて、そこにエルズペスとキオーラのデッキを収めておいたよ。

 今回私の相手を務めてくれたのは、ショーン・ギボンズ/Sean Gibbonsでした。英語版公式Twitterアカウント(@Wizards_Magic)でツイートを投稿している、あのショーンです。彼は最初にエルズペス側を選びました。彼いわく「心はキオーラって言ってるけど、頭はエルズペスだってさ」とのこと。それから彼は、明らかに私に劣る手札をじっと見つめました。

 どうして「明らかに私に劣る」とわかったのかって? 私の手札が、必要なものがすべて揃った最高のものだったからです。

 どうやったら負けるって言うんです?

 負けませんとも。おや、ショーンが良いものを見せてくれましたよ。彼の最初の一手です。

 もっと近くで見てみましょう。

 新規アートの《アイケイシアの投槍兵》? 私も最初そう思いましたが、実は「カードとしては」初めてなだけです。このアートは『時のらせん』の組織化プレイ向けプロモカードに使われたもので、この度初めてセットに入ったのです。素敵!

 さらに、「見たことはあるものの、カードにはなっていない」アートは、《アイケイシアの投槍兵》だけではありません。『デュエルデッキ』版《蓄積した知識》をご覧ください!

『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』ファンの皆さん、元々は『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ』に使われたこのアートが、実際に手に取れるようになりますよ! 《蓄積した知識》が別イラストで印刷されたのはこれが初めてで、実に見事なアートが充てられていますね。

 おっと、つい素晴らしいアートの数々に心を奪われてしまいました。倒すべき悪であるショーンとの戦いに戻りましょう(いや、彼は本当にいいやつですよ)。《とぐろ巻きの巫女》が土地を伸ばす助けとなり、私はショーンの小さな兵士たちを「墨溜まり」に潜む超強力なリバイアサンで踏み越えて行ったのでした。

(《墨溜まりのリバイアサン》です。トランプルで「踏み越える」わけです)。

 9マナを生み出すのは決して簡単なことではありませんが、キオーラのデッキは《邪神の寺院》の力をものにしています。そして、それには新規アートが用意されました!

 ああ、そうですね。また素晴らしい絵に気を取られてしまいました。話を続けましょう。

 ショーンは懸命に戦いを続け、ついに《正義の命令》を……えええええ! また見事な新規アートじゃないですか!

 うわあ、さらに《ルーンの母》まで!

 (咳払い)とはいえ、それでも「墨溜まり」に潜む超強力なリバイアサンがすべてを踏み越えるのを止めることはできませんでした。

 今度はデッキを交換して、私が兵士たちを率い、ショーンはクラーケンや「墨溜まり」に潜む超強力なリバイアサンと共に水の中へ。

 第2ゲームは、ショーンが《大クラゲ》を用い、さらに《現実からの剥離》でそれを再利用し私を容赦なく圧倒しました。ちょっと「私たち」としては、この不名誉なゲームの話はしたくないですね。ここで言う「私たち」は、兵士を引き連れた私のことです。とはいえ、このゲームではショーンがこの美しいカードをプレイできました。

 いやあ素晴らしい。さあ、第3ゲームにいきましょう。第3ゲーム、このゲームはいいゲームでした。私にとってね。

 再び、私はエルズペスの兵士で完全武装します。今度は百戦錬磨の兵士たちを素早く集めることができました。象を先頭に並ぶ兵士たちの上空は、疾風(とかそういうの)をまとう「救済者」たちが固めます。どんな手段を講じても、たとえ強力な《ネシアンのアスプ》や《キオーラの追随者》をもってしても、こちらの攻勢を阻むことはできません。

 そして、エルズペスはついに水に濡れそぼつ敵を打ち破りました。そして何より、これで私の2勝1敗です。やはり勝負はきちんと白黒つけないといけませんよね。

 ただし、本当に重要なのはそこじゃありませんね。皆さんは私の勝負のゆくえを見に来たわけではないはずです。「『デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ』には何が収録されているのか」を知りたいのでしょう? ええ、お見せしますとも。以下のデッキリストをご覧いただき、地元のお店で2月27日発売の『デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ』をぜひお買い求めください!

キオーラ・デッキ

『デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ』
Download Arena Decklist

エルズペス・デッキ

『デュエルデッキ:エルズペス vs キオーラ』
Download Arena Decklist
ソーサリー (3)
2 太陽の槍 1 正義の命令
エンチャント (1)
1 ヘリオッドの指図
他 (6)
2 疾風衣の侵略者 1 常備軍 1 疾風衣の散兵 1 疾風衣の救済者 1 宝石の手の報復者
60 カード

最新Feature記事

FEATURE

2022年 7月 28日

2022-2023シーズン「プロツアー2」への参加権利とプロモを手に入れよう by, Wizards of the Coast

Español | Français | Deutsch | Italiano | 简体中文 | 繁體中文 | Português | 한국어 | 日本語 プロツアーへの新たな道はすでに始まり、プレイヤーの皆さんは2022-2023シーズン「プロツアー1」(アメリカ・ノースカロライナ州シャーロットにて開催)への参加権利を求め戦いに挑んでいることでしょう。ここで私たちより...

記事を読む

FEATURE

2022年 7月 21日

ロスト・レジェンド by, Blake Rasmussen

むかしむかし……正確に言うなら1994年……どこか遠くの倉庫で、『レジェンド』が …… 姿を消しました。でも実は愛らしい『レジェンド』たちはケースごと棚に山積みにされていて、また見つけてもらえるときをずっと待っていました。待ち続けて、気づけばマジック:ザ・ギャザリングの30周年を迎えていたのです。 そして今、皆さんは正真正銘の歴史の一端を手にすることになります。『団結の...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る