「Tarkir Dragonfury」について

更新日 Feature on 2015年 2月 24日

By Gavin Verhey

When Gavin Verhey was eleven, he dreamt of a job making Magic cards—and now as a Magic designer, he's living his dream! Gavin has been writing about Magic since 2005.

原文を読む

『タルキール龍紀伝』プレリリースでは、君たちのお店にちょっと特別な――そしてとても「ドラゴンらしい」ものがやって来る。

 今回はこれまでになかったことへ挑戦していくぞ。ドラゴンの力を操り、哀れな人間たちを「その手で」打ち倒していこう。

 準備はいいかい?「Tarkir Dragonfury」のご紹介だ!

 小さな欠片がまっすぐ立つ、この見事なゲーム盤が全店舗に配布される。ゲーム盤はタルキールの風景を表していて、そしてそこら中に埋め尽くされた小さな欠片こそ君たちが倒すべきものだ! いくつ倒せるかは君たち次第だぞ。

 どのように遊ぶのかご説明しよう。

 各プレリリース・ボックスには、それぞれの選んだ「龍王」がテーマになった特別製のスピンダウン・ライフカウンターが入っている。

 これがドラゴンの息であり、武器になる。さあ、さっそく使ってみよう!

 ゲーム盤に近づき、よく吟味する。どの方向から攻撃するのが一番いいか見つけるんだ。それから、スピンダウン・ライフカウンターを振って「ドラゴンの息」を吐き出す。できるだけ多くの欠片をなぎ払ってやれ!

 欠片それぞれに点数が書かれている。倒した欠片に書かれている点の合計が君の点数だ。

 だがボーナス・ポイントもあるぞ。ゲーム盤の真ん中に円があるのが見えるだろうか? その円の中でスピンダウンが止まったら、得点が2倍になるのだ! ぴったり狙いを定めれば、大きな点数を稼げるだろう。

 定規を当てて、物理に詳しい友達と相談して、最高のロールを決めよう!

 だがもちろん、私たちも君の番が終わるのをずっと待ってはいられない。ダイスを振れるのは2回までだ。(1投ごとにゲーム盤はリセットされる)。2回のうち得点の高かった方を、スコアシートに書き込んでくれ! それが順位表にもなるぞ。お店で一番のポイントを稼ぎ出そう!

 おっと、賞品として特別なプロモカードがあることは言ったっけ?

 まだどのカードが賞品になるのかは教えられないけれど、得点に応じて全部で4枚の別イラスト版プロモカードが手に入るぞ――そのうち1枚はレアのドラゴンだ! 賞品は以下の通りだ。

  • 3ポイント――土地のプロモカード
  • 9ポイント――土地とコモンのプロモカード
  • 12ポイント――土地とコモンとアンコモンのプロモカード
  • 18ポイント――土地とコモンとアンコモンとレアのプロモカード

 まとめると、好きな場所からスピンダウン・ライフカウンターを2回振り、その得点に応じて素敵なプロモカードが手に入る。(在庫のある限り)無料でカードがもらえて、「しかも」ドラゴンになれるんだって? 私も参加させてくれよ!

 今回の「Tarkir Dragonfury」のようなアクティビティは、マジック初の試みだ。ぜひプレリリースに足を運んで、楽しんでくれ! 君たちがどれだけ強力なドラゴンなのか、腕試しをしようじゃないか。

(Tr. Tetsuya Yabuki)

最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る