こちらマジック広報室!!:アツさで雪を吹っ飛ばせ!マジックチャレンジイベントvol.2レポート

更新日 Feature on 2015年 3月 6日

By 金子 真実

 みなさんこんにちは!「こちマ!!」では『マジック:ザ・ギャザリング』(以下、マジック)を、はじめて遊ぶ方にも楽しく、そしてわかりやすく!新製品やイベントなどの情報をお知らせしています。

  『タルキール龍紀伝』のプレビューウィークも始まり、続々と新しいカードが公開されていますね!サルカンやナーセットの運命など、ストーリー的にも気になるところです。

 さて、今回の「こちマ!!」では、2月に開催された『マジックチャレンジイベントvol.2~たまやサ来てけろ~』をレポートします! 岩手県雫石に総勢52人が集結、大雪も吹き飛ばしたアツいイベントをでした!

「駄菓子のたまや」って、どんなお店?


思わず雪に飛び込んだ金子と格内さん

 雪だー!!!! 「チャレンジイベントvol.2」は、岩手県雫石の「駄菓子のたまや(グリーンガレージ)」さんにて開催! イベント本戦は『運命再編』マジック・リーグ(3パックから始められるカジュアルリミテッド戦)で行われました!

 「駄菓子のたまや」さんは、お店の名前の通り駄菓子はもちろん、車の部品販売やメンテナンス、そしてもちろんカードゲームも取り扱っているという、子供の夢も大人の夢も詰め込んだ空間です!

 話には聞いていましたが、正直一体どうなっているんだ!? と期待でワクワクしていました! わくわくしながらお店を訪れてみると……。


駄菓子のたまや(グリーンガレージ)。「マジックここで遊べる!」の旗も見えますね!

 入ってみれば、そこは駄菓子と車部品のコーナー! 子供も大人も楽しめる、夢の空間です! そして階段を上がると……!

 カード売り場と、広いデュエルスペースが! まさに子供も大人も遊べる夢の空間です!

 お店は石井浩一さん、佐紀子さんのご夫妻により経営されており、さらにさらに、息子である勇気さんは、マジックのジャッジとしてイベント運営をしているとのことです! アットホームな雰囲気というか、まさに温かい家族の経営ですね!


左から石井 勇気さん、石井 浩一さん、石井 佐紀子さん

 そんな北国だけどとっても温かい「駄菓子のたまや」さんで開催された今回のマジチャレvol.2、とても盛り上がりましたよ~! では、レポートをご覧ください!

マジックチャレンジイベントvol.2~たまやサ来てけろ~』レポート

 今回のイベントイメージはサルカンが運命を遡った『運命再編』! 1月発売の新セット『運命再編』のイメージに合わせて、会場には《精霊龍、ウギン》の顔出し看板も特別につくりました! 早速、格内さんも私も……!


ワレワレハ ウギンデアル

 さらにさらに、『運命再編』に合わせて、用意されたフィーチャーテーブルにはこんなアイテムも用意していただきましたよ……!

 そう、《黄金牙、タシグル》のイラストに載っている、フルーツ盛り合わせ……と、うまい棒です!

……ん?うまい棒? そうなんです、今回のマジックチャレンジイベントvol.2は、1回対戦に勝つごとにうまい棒が1本もらえるうえに、一番多くの勝ち星を獲得した人には「うまい棒1年分」が贈られる、「うまい棒争奪イベント」でもあるのです! あ、ちなみに私はめんたい味が好きです。じゅる。

 そしてそして、このフルーツ盛り合わせの飾られたフィーチャー席でプレイヤーを待ち受けるのは……

 タシグル中村だぁぁぁぁ! 日本を代表する殿堂顕彰者、中村修平プロが特別ゲストとして参戦してくれました! タシグルのように頬杖をつき、不敵に笑いながらプレイヤーを待ち受けます!

 開催前日が吹雪だったこともあり参加者が何人になるのか心配でしたが、当日になってみれば天気は快晴! プレイヤーも続々と集まってきてきました! 岩手県だけでなく、秋田県や青森県からいらした方も……!


一瞬で長蛇の列。階段の外にまで待機列ができるほどでした。

 参加者賞として全員にマジック関連グッズとイベント限定プロモカードをご用意。広報の格内さんが手渡ししていましたよ!

 会場には、タルキール氏族のタトゥーシールも用意されています。みんな好きなところに貼って、所属する氏族をアピールしています。

 中には、こんな場所にタトゥーシールを貼った方も、い、一応「マルドゥ」所属で良いんでしょうか……?いや、「ひげ」か……?

  さて、いよいようまい棒争奪戦が始まります! はたして優勝は、そしてうまい棒1年分は誰の手に…!? ブースターパックが各テーブルに配布され構築時間がスタートします!! 今回のフォーマット(ゲーム形式)は、その場で新品のブースターパックを3つ開封して、その時に出たカードで30枚のデッキを構築して戦い、3敗したら1パックを追加できる、という「マジック・リーグ」方式!

 パックを空ける瞬間ってドキドキの瞬間ですよね! みなさんどんなレアを引きましたかー?

 《囁きの森の精霊》、《僧院の導師》とダブル「包囲」、フェッチランドに《永遠のドロモカ》、そして《精霊龍、ウギン》……! 良いカードが引けた時の喜びは、パック開封の醍醐味ですよね!

 この時間には中村プロによるデッキ構築方法について解説も行われました! 30枚デッキでの土地の比率や色の選択のプランなど、勉強になる話満載! 時々冗談も交えて、プレイヤーを楽しませていましたよ!

 さて、最初の対戦が開始です! リーグ戦形式ということで、ゲームが終わればどんどん次の対戦に向かいます。そして勝利の数だけうまい棒が配布されます。好きな味のうまい棒が選べますよ!

 中村プロとの対戦も盛況です!とても強い中村プロといえども、パックを足せば十分勝負になります。負けてもまたデッキを強くして挑戦できるのは、「マジック・リーグ」方式のいいところですね!

 サイドイベントでは、ダイス数当てキャンペーンや、格内統率者、『アングルード』体験ドラフトといった変わり種イベントが行われています。ダイス当てキャンペーンの対象はこちら。

 一体この中に何個のダイスが入っているのか……? 皆さん、いろいろなアプローチで予想します。中に変わった形のグラスが入っているのもあり、なかなか難しい……!

 『アングルード』の体験ドラフトには、私も参加してきました! このスーパージョークセット、全て英語ですので、なんと「駄菓子のたまや」さんにて非公式対訳表を作っていただきました! これならみんなで遊べますね! 早速ドラフトに参加してみると……!

 頭の上にカードを乗せたり、《Mesa Chicken》によって突然やかましいニワトリの鳴き声が発生したり、《Knight of the Hokey Pokey》によって突然踊り出したり、《Censorship》によって特定のワードが禁止されたり、そこかしこでダイスがふられて一喜一憂したり……! 私も『アングルード』で遊んだのは初めてだったのですが、これはとてもおもしろいですね!


立ち上がり羽ばたきながら、ニワトリの真似をします。ル、ルールだから仕方なくやってるんだからねっ!


こんな状況になると、とても忙しいです。ニワトリの真似をしてHokey Pokeyを踊り、相手のターンはひたすら相手を褒め続けます。


なんと、頭の上にカードを置いたままニワトリの真似に成功した方も……!

 サイドイベントに参加したり、取材をしていたら、あっという間に閉会式の時間になってしまいました。まずは、先ほどのダイス当てキャンペーンの正解数が発表されました! 247個です! 会場ではピタリ予想は居ませんでしたが、248個と予想した方がいらっしゃいました!

 そしてお待ちかねのメインイベントの成績発表です! リーグ戦方式ですので、みんな立ち上がり、勝利数に応じて座っていきます。「10勝以上した人~?」「20勝以上した人~!」 最後まで立ち上がり、最多勝利賞を獲得したのはこちらのサイトウさん! うまい棒1年分と、「FUNKO POP! Magic: The Gathering」のフィギュア第二弾6種が贈られました!おめでとうございます!

 優勝されたサイトウさんは、なんと秋田県から遠征してきたとのこと! 「移動は車なので、大荷物でも積んで帰れます!」と喜んでおられました!

 そしてここで「駄菓子のたまや」さんよりサプライズプレゼント! 中村修平プロ、ウィザーズ格内・金子のサイン入りプレイマット争奪、店主とのじゃんけん大会です!

 総勢50人ほどの激戦を勝ち抜いて、プレイマットを手にしたのはこちらの方! 本当におめでとうございます!

 楽しい時間はあっという間に過ぎ去ります。プレイヤーの方ともお話しましたが、「こんなに人が集まっているのを見たことがない」と、プレイヤーの方々も喜んでいました! 今回のイベントにご参加の皆さん、「駄菓子のたまや」さん、ジャッジの皆さん、そして中村修平プロ、本当にありがとうございました!


ウギしゅーさん……ではなくて、中村修平プロ

番外編:わんこそバトル!

 岩手県といえば、何を思い浮かべますか? そうですよね、わんこそばですよね! 卓上で遊び、そして卓上で勝負を行う我々としては、同じく卓上での戦いであるわんこそばに挑戦しないわけにはいきません! 特別ゲストの中村修平プロも加えて、わんこそばに挑戦してきましたよ! 参加者は特別ゲストである中村修平プロと、ウィザーズから格内さん、イノウエさん、そして私、金子です。


仁義無き戦い(わんこそば)

 名物わんこそばでもありますが、我々は勝負師!やはり、食べた数を競います! とはいえ格内さん、さすがにハンデを希望。店員さんに「男性平均は50~60杯、女性平均は30~40杯」と聴いて、「じゃあハンデは20杯で!」と元気に宣言しました! ……ククク、たったの20杯で良いのかな……!?

 勝負の幕は切って落とされました。みんな最初は順調です。全く問題はありません。付け合せのお刺身や鶏そぼろ、おろしなめこなどを楽しむ余裕があります。しかし20杯を越えたあたりから異変が訪れます。なんとあの中村プロが「そろそろキツい」「早く格内さんギブアップしてください、そしたら僕もしますから!」としきりに厳しいアピールをしています。ま、まさか最初の脱落者は中村プロなのか……!?


格内「もう……ダメ……です……。」

 が、しかし。最初にギブアップしたのは、格内さんでした。記録は40杯。ハンデを足して60杯、男性の平均では上位ですね!こうなってくると、先ほどしきりに苦しいと言っていた中村プロが気になるところですが……。


中村「あ、今60杯超えましたね。」

 おいぃぃぃぃっ! これがプロの腕というヤツなのでしょうか。はたまたキツかったけど大丈夫になったんでしょうか。その後も黙々と食べ続けます。次のターニングポイントは90杯に差し迫ったところでした。


中村「ギブアープ!ギブアーップ!」

 中村プロ、ここで脱落。記録は89杯。戦いは、ウィザーズのイノウエvs.金子の一騎打ちになりました! しかし、私のお腹ももう満タン……!ぎ、ギブアップ……!

 とはいえ、実はこの時点で私の食べた数は120杯。イノウエさんが食べたのは100杯ほどと、約20杯の差がついています。あとは、イノウエさんが20杯食べられるかどうかの勝負!

イノウエ「ギ、ギブアップ……。」

 イノウエさんの記録は110杯! どうにか勝利することができました!


金子「まんぷく……です……。」

 わんこそば、楽しかったですし、とても美味しかったですよ! 岩手はご飯も美味しいし温泉も気持ちいいし、本当に良い場所でした! また来たいところですね!


100杯を突破すると、「わんこそば証明手形」がもらえます


最後に記念撮影。みんなお腹いっぱいです。

次回のマジチャレをお楽しみに!

 次回の「チャレンジイベントvol.3」は3月発売のカードセット『タルキール龍紀伝』に合わせて行われます! 詳細については続報をお楽しみに!

 また、今後の「チャレンジイベント」を開催いただけるカードショップを全国より大募集しています! 開催日時やどんな内容にするかなどは全てお任せいたします。まずは自由な発想で気軽にご提案いたけたらと思いますので、ご興味のある方はぜひご応募ください。

受付、お問い合わせ先mtgjp@wizards.com

メールの件名に「マジックチャレンジイベント企画募集」、

本文に開催したいと考えているイベント内容について記載ください。

その他:ウィザーズからは企画や広報活動のサポート、イベントに使用する製品の無料提供がございます。

 それでは次回こちマもお楽しみに!

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る