金子と塚本の「勝てる!マジック」 第4回:イベント種別

更新日 Feature on 2015年 3月 19日

By 塚本 樹詩

登場人物

金子 真実:ウィザーズ・オブ・ザ・コーストの人。塚本に押しかけられ突然弟子をとることになった。好きな餃子はチーズ明太子餃子。

塚本 樹詩:マジック初心者。マジックの大きな舞台での活躍を夢見て、金子に弟子入りした。とにかく元気。好きな餃子は努力した柔道家の耳。

前回の勝てマジ!
金子に詳しく『フォーマット』のことを教えてもらい意気揚々の塚本は、その足でまだ見ぬ『グランプリ』に参加しようと小会議室を飛び出そうとした!……が、金子はそれを制する。

イベントが『グランプリ』や『プロツアー』だけだと思っている塚本に次に金子が教えることは……?


金子「塚本さんが『グランプリ』にちゃんと参加するためにも、まずは色々なイベントがあることを知ってもらい、それぞれのイベントで経験を積んでもらいたいのです!」

塚本「おおおおお! やるぞおー! って、金子さん、『マジック』にはそんなにたくさんの種類のイベントが?」

金子「ざっというと、これくらいあります!」

イベント種別一覧

塚本「こんなにあるんですね! どれに出るか迷うなぁ! じゃあ、どれに出るかダーツで決めましょうか? 車があればどれでも行けますよね!」

金子「それは色々難しいですね! よく見るとわかるように『本戦』と『予選』に分かれているイベントもあるんですよ! ってうかどれだけグランプリ行きたいんですか! あと、このダーツでは車は当たりませんよ!」

塚本「難しいので順番に説明お願いします!」

金子「いつもそれくらいスムーズだと僕も安心です! それでは、この図で下にある、一番カジュアルなイベントから説明していきますね。」


マジック・リーグ

マジック・リーグは、3パックから気軽に始められるカジュアルリミテッド戦です。参加者の証としてエントリー時に、もれなくマジック・リーグ戦用ストレージボックスを差し上げます。このマジック・リーグ戦用ストレージボックスに、その月のマジック・リーグで使用するカードを保管してください。

お店で好きなブースターパックを3パック購入して30枚以上のデッキを構築したら準備は完了! あとは好きな時にお店に来て、同じくリーグに参加している人と対戦するだけ。決まった時間にお店に来る必要はありません。

デッキは1か月使い続けますが、3回負けるごとに1パック購入(デッキを強化)する権利が手に入るので、序盤に負けてしまっても後半からの巻き返しは十分可能!ぜひ友達を誘って、近くのマジック・リーグに参加してみてください。


金子第2回で塚本さんはこのイベントに参加しているので知ってますよね? リーグ戦は1ヶ月間継続して同じデッキを使い、育てることができるので、その環境の『リミテッド』最強デッキを目指すのも熱いですよ!」

塚本「最強……最強……うーん、250枚くらいのデッキになるんですかね?戦闘力5◯万みたいな。」

金子「だから! デッキ枚数=デッキの強さではないですよ! >前回話しましたよね!? 鶏ですか塚本さんは!」

塚本「コケー!!」

金子「焼き鳥にしますよ!!」


プレリリース

プレリリースは、マジックの最新のカードをプレイできる最初の機会です。セット発売日一週間前の週末に開催され、発売前の最新セットを一足早く遊べるイベントです。フォーマットは「シールドデッキ」で開催され、プレイヤーは「最新のパックを開封する喜び」を存分に味わうことができます。


金子「新しいセット発売の一足先に遊べるのがこの『プレリリース』です。」

塚本「発売日前に新製品のパックを開封できるなんて……これは神イベントですね!」

金子「塚本さんはパックを開封するのが本当に好きですね!」

塚本「それだけでなく、新しいコンセプトのカードや『リミテッド』の戦術を早い段階から試行できることで他のプレイヤーとのブツブツ……」

金子「前回でかなり成長してる! ここまでくると逆に怖い!」


フライデー・ナイト・マジック

フライデー・ナイト・マジックは、金曜日に開催されるイベントです。誰でも参加できるフライデー・ナイト・マジック(FNM)は、マジックの交流の場として初心者から上級者まで、多くのプレイヤーに親しまれています。

FNMは、様々なフォーマットで開催されます。各お店が開催フォーマットを決めていますので、参加したいフォーマットのFNMを探してみましょう!

FNMでは、専用のプロモカードが配布されます。


金子「『フライデー・ナイト・マジック』、通称『FNM』は、名前のとおり金曜日に開催されているイベントです。『フォーマット』はお店によって自由に決められているので、好みの『フォーマット』や参加しやすい店舗で色々選べるのもいいところですね。」

塚本「週末のイベントに向けての練習や、仕事終わりの自分へのご褒美としても最適ですね。」

金子「そのとおりです。試合をすればするほど強くなれるチャンスが訪れるので、平日にもこういった機会があるのはとっても素晴らしいことだと思います。」

塚本「普段から『マジック』をプレイすることによってたくさんのプレイヤーと交流を持てる機会も増えますし、いいこと尽くめですね!」

金子「塚本……さん? 大分まともに…………いや、成長している…………! よし、次に行きましょう!!」


ゲームデー

ゲームデーは、新セット発売から3週間後に開催されるイベントです。「スタンダード」のフォーマットで開催されます。店舗のコミュニティ相手に対戦し、店舗チャンピオンの座を目指しましょう!

ゲームデーでは、参加賞として全面イラストのプロモカードが1枚進呈され(数に限りがあります)、上位8名にはさらにプレミアム版・全面イラストのプロモカード1枚が贈られます。

さらにゲームデー・イベントの優勝者にはその勝利をたたえ、記念品として特製チャンピオン・プレイマットが贈呈されます。この限定プレイマットが手に入るのは本大会の勝者のみです。


金子「新しいセットが発売されてから3週間後に行われるのがこの『ゲームデー』なので、腕試しにはもってこいのイベントです。ゲームデー限定のプロモカードやプレイマットもあるので、参加し得ですよ!」

塚本「金子さん……僕、散々パック開封大好きアピールしてきましたが……パックから出ないプロモカードの方が大好きなんです! ごめんなさい!」

金子「突然の告白! そんなことに罪悪感を抱かないでください!」

塚本「金子神父に懺悔して、自己を認めてもらったら気持ちが晴れやかに! これでゲームデーに無心で臨めます!」

金子「突然変なキャラ設定を押し付けないでください!」


グランプリ

グランプリとは「マジックのお祭り」です。一年を通して世界各国で開催されており、マジックプレイヤーなら誰でも参加できる大規模な大会です。

グランプリの魅力は上位入賞者に贈られる賞金やプロツアーの参加権利といった賞品だけではなく、参加者に贈られる限定のプロモカードやプレイマットもあります。

また、マジックのカードアートを手がけているアーティストのサイン会など、本戦以外のサイドイベントも盛りだくさん。

グランプリ・トライアル(GPT)

グランプリ本戦の不戦勝(Bye)が獲得できるイベントで、全国の店舗で開催されています。優勝すると、グランプリ本戦での2回戦までの不戦勝が獲得できます。世界各地のショップで開催されているほかに、グランプリ本戦の前日金曜日に、その会場でも開催されています。


金子「塚本さんの目標でもある『グランプリ』ですが、全国の店舗で開催されている『グランプリ・トライアル(GPT)』で見事勝ち抜くと、本戦での『不戦勝』がもらえて、とっても有利な状態になります!」

塚本「つまり、たくさん勝って優勝まで『不戦勝』状態で俺最強!!! ってことですね!!!!」

金子「『グランプリ・トライアル』で得られる『不戦勝』は2勝分だけで蓄積はされませんよ?」

塚本「ならば心の『不戦勝』を積み重ねればいい……。」

金子「『グランプリ・トライアル』優勝での不戦勝は、積み重ねられませんよ……。」


プロツアー

マジック:ザ・ギャザリングのプロツアーとは、新セット発売ごとに行われるマジック界最高峰の大会です。厳しい条件をクリアし参加権を得たプレイヤーのみが参加できる招待制の世界大会で、各大会には総額250,000米ドル以上の賞金が上位入賞者に与えられます。 また、大会の順位に応じて多量のプロ・ポイントが付与され、プロ待遇ランクに大きく影響します。

プロツアー地域予選(RPTQ)

プロツアー地域予選(RPTQ)は、プロツアー本戦への参加権利を懸けたイベントです! プロツアー地域予選(RPTQ)の上位入賞者には、その予選が与えるプロツアーへの招待、ならびに航空券が贈られます!

プロツアー地域予選(RPTQ)は、プロツアー予備予選(PPTQ)シーズン終了から4~6週間後に開催されます。

プロツアー地域予選(RPTQ)は招待制のイベントです。 プロツアー地域予選(RPTQ)への招待を得るには、プロツアー予備予選(PPTQ)で優勝する必要があります。

プロツアー予備予選(PPTQ)

全国の店舗で開催されているプロツアー予備予選(PPTQ)は、新たなプレイヤーにとってプロツアーへの道の第一歩です。 プロツアー予備予選(PPTQ)で優勝することで、そのシーズンのプロツアー地域予選(RPTQ)への参加権利を得ることができます。

金子「そう、予選を二つ通過したプレイヤーがこの『プロツアー』に参加できるのです! そしてその第一歩は、全国の店舗開催の『プロツアー予備予選(PPTQ)』から!」

塚本「『プロ』……『プロ』! 『プロ』おおおおおおおお!」

金子「(無言でパックを差し出す)」

塚本「うおおおおばりばりばりばり!……は!あまりに素晴らしい言葉の響きに自我が!」

金子「…………落ち着きましたか? 『グランプリ』で優秀な成績を収めることによっても『プロツアー』に参加できるので、それを目標にするのもいいかもしれませんね!」

塚本「うおおおおおおお! 待ってろプロツアー! プロツアーチャンプに、俺はなる!」

ワールド・マジック・カップ

4人1組のチームが、70以上の国と地域を代表して集う世界でも他に類を見ないイベントです。ワールド・マジック・カップ で何日にも渡って複数のフォーマットをプレイし、勝利したチームは、各メンバーに12,000米ドルの賞金とともに、名誉、栄光、そして自慢話の種一年分を手にすることができます。

ワールド・マジック・カップ予選

ワールド・マジック・カップに出場する各国の代表選手を決めるイベントです。年3回開催され、それぞれの優勝者3人と、その国で1年間に獲得したプロポイントが一番多いプレイヤーが、ワールド・マジック・カップ本戦に出場します。

金子「『ワールド・マジック・カップ』は一番強い国を決める戦いです! 名前のとおり、分かりやすい内容となっていますが……次はもっと分かりやすいですよ!」

世界選手権

世界の上位24名の選手が、人生を変えうる賞金を求めて競い合います。マジックの世界チャンピオンになれるのは、1年にただ1人です。優勝者には、50,000米ドルの賞金が与えられます。

金子「『世界選手権』はそのシーズンで一番強い個人を決める戦いです! この二つの大きな舞台での優勝は、最上級の名誉になるといっても過言ではありません!」

塚本「一番……? 名誉……?」

金子「しまった! 話のスケールが大きすぎて塚本さんの脳みそが追いついていない! まずは『グランプリ』を目標に頑張りましょうね?」

塚本「オレ グランプリ スキ オレ グランプリ カツ」

金子「これで『フォーマット』も様々なイベントも熟知したことですし、イベントに参加してみるのもいいかもしれませんね!」

塚本「オレ イベント……イベントですか!?」

金子「急に戻った! そうです! まずは場数を踏むのも大事ですよ? そうですね……最初は、フライデー・ナイト・マジックやプレリリースなんかに出てみるのがオススメですね。」

塚本「そうと決まったら……ふっふっふ……プロツアーも楽勝な、わんだふるですぺしゃるなデッキを組んできますね!」

金子「えっ、いや……えっ?」

塚本「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

金子「……だいじょうぶ、かな?」

 塚本は部屋を飛び出した。数日後、塚本が持ってきたデッキとは……!? 次回、デッキ構築の基礎編!

 続く!

最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る