マジックを歴史に刻め!グランプリ・千葉2015!!

更新日 Feature on 2015年 3月 26日

By Wizards of the Coast

 『タルキール龍紀伝』の発売まであと少しとなりましたが、皆さんは龍たちを迎える準備ができていますか?さて、『タルキール龍紀伝』が発売されると、プロツアー『タルキール龍紀伝』、そしてグランプリ・京都2015とイベントが盛りだくさんですね。

 ですが、マジックのラッシュは止まりません。5月22日(金)には『モダンマスターズ 2015年版』が発売され、その翌週の5月29日(金)~31日(日)には発売を記念して世界3ヵ所でグランプリが行われます。そして、その中の1つとしてグランプリ・千葉2015晴れる屋様主催のもと、幕張メッセにて行われるのです1

グランプリ千葉2015 主催者様特設ページ

マジックのお祭り、グランプリとは?

 グランプリとは、マジックのお祭りと言える大イベントです! 毎週のように世界中で開催されており、上位入賞者には賞金や、マジックのプロイベントであるプロツアーへの参加権利といった賞品が贈られ、多くの参加者が集まりマジックを楽しみ尽くします! また、今回は『モダンマスターズ 2015年版』発売記念ということで、千葉のほかにアメリカのラスベガスオランダのユトレヒトと世界3ヶ所でのグランプリ同時開催となります。まさに、世界中でマジックのお祭りが行われることとなるのです!

会場情報

 会場となるのは、2010年世界選手権の会場にもなった幕張メッセ 国際展示場9番ホールです! JR海浜幕張駅より徒歩約5分となっています。お気軽にお越しください!


幕張メッセ オフィシャルWebサイトより 引用

記念すべき大イベント、グランプリ・千葉2015本戦に参加しよう!

もちろんフォーマットは『モダンマスターズ 2015年版』リミテッド!

 世界3ヵ所で行われるグランプリのうちの1つとなる本グランプリ、もちろん『モダンマスターズ 2015年版』をふんだんに使ったリミテッドでの開催となります。1日目がシールド、2日目がドラフトと、リミテッド好きな方にはもちろん、本セットの発売を楽しみにお待ちいただいていた方にもオススメのフォーマットとなります。普段大会に出られている方もそうでない方もぜひ、この記念すべきイベントにご参加されてみてはいかがでしょうか?

グランプリ参加受付をしよう!

 さて、今からワクワクが止まらない大イベント、グランプリ・千葉2015ですが、まずは落ち着いて参加受付を進めましょう。主催者様ウェブサイトにて事前受付を行ってください。

サービス内容 受付期間 料金
Web事前受付 通常受付 4月7日(火)~ 12,000円
スリープイン受付 4月7日(火)~ 15,000円
VIP受付 4月7日(火)~ 25,000円
  • 受付詳細については必ず主催者様特設ページをご覧ください。
  • 定員に余裕があった場合に限り、会場での前日受付が行われます。
  • VIP受付には、スリープインサービスが含まれます。
  • 受付された方には下記のものが配布されます。
  • GP千葉特製プレイマット
  • オリジナルスリーブ
  • オリジナルストレージボックス
  • SCORE NOTE 「めもんちゅ!」
  • ボールペン

 参加定員は4,000人となっていますので、お早めに事前受付をされることを強く推奨いたします。また1ランク上のサービスが受けられるVIP受付や、不戦勝(後述します)をお持ちの方にスリープイン受付といったさまざまな受付が準備されていますので、お好みのサービスをご検討ください。

参加準備をしよう!

 さて、無事に参加受付をすませたら、本戦の準備です。今回のグランプリ・千葉2015では受付をするとトーナメントに必要な用具がプレゼントされますので、あまり準備するものは多くないかもしれません。ですが、同意書は必ずご用意いただかなければならない重要なものとなっています。未成年の方は保護者の署名をいただいた上で、必ず本戦当日にご持参いただくようお願いいたします。

プロモカードを手に入れよう!

 グランプリ参加者には、受付でもらえる上記のグッズに加え、グランプリ特製プロモカードがプレゼントされます! プロモカードは数に限りがありますので、お早めの受付をお勧めいたします。

不戦勝(Bye)について

 グランプリでは、過去に獲得したプレインズウォーカーポイント(以下PWPと表記します)やその他の条件によって不戦勝を得ることがあります。持っている不戦勝の数だけ、トーナメント開始から試合を戦うことなくマッチポイント3点を手に入れることができます。不戦勝は最大3回戦までとなっており、グランプリ・千葉2015では下記の条件で手に入れることができます。

不戦勝の数 PWPによる取得条件 その他の取得条件
2014年年間シーズン(2013年3月18日〜2014年6月1日)において、PWPを1,300点以上獲得したプレイヤー
2015年年間シーズン開始日から開催週水曜まで(2014年6月2日〜2015年5月27日)において、PWPを1,300点以上獲得したプレイヤー
  
2014年年間シーズン(2013年3月18日〜2014年6月1日)において、PWPを2,250点以上獲得したプレイヤー
2015年年間シーズン開始日から開催週水曜まで(2014年6月2日〜2015年5月27日)において、PWPを2,250点以上獲得したプレイヤー
グランプリ・千葉トライアルの優勝者
プロプレイヤーズ・クラブ シルバー・レベルのプレイヤー
なし プロプレイヤーズ・クラブ ゴールド・レベルまたはプラチナ・レベルのプレイヤー
マジック・プロツアー殿堂顕彰者

 ※不戦勝は重複しません。

ウィザーズ・アカウントを作ろう!

 ウィザーズ・アカウントをお持ちでない方はぜひお作りください! DCI番号をお持ちでない方は、ウィザーズ・アカウントを作成いただき、新規にDCI番号を取得いただけます。また、すでにDCI番号をお持ちの方でも、DCI番号の有効化などが行えます。本サイトのお問い合わせページより、用途に応じたご案内ページをご紹介しております。

 DCI番号をすでにお持ちで、かつウィザーズ・アカウントをお持ちでない方が過去のPWPをお調べになりたい場合、DCI番号の有効化が必要となります。ウィザーズ・アカウントを作成いただき、DCI番号を有効化していただいた後のご自分のPWPの調べ方は下記の通りとなります。

1.PlaneswalkerPoints.comにアクセスいただき、ご自分のDCI番号を入力いただく

2.PWP表示画面に入れたら「期間」or「年間」をクリックすると…

3.ご自分の各ポイントがチェックいただけます!

本戦の流れをチェック!


グランプリ・オークランド2015優勝 覚前 輝也選手。千葉でトロフィーを掲げるのは誰だ!?

 参加受付を終え、グランプリの準備はできましたか?さあ、次はいよいよグランプリ本戦開始です。ここでは、グランプリ・千葉2015本戦がどのように進行するかチェックしましょう!

1日目:5月30日(土)

集合・パックチェック

 グランプリ・千葉2015の1日目集合時間は午前9:00 (スリープインスペシャルをご利用の方は不戦勝の数により集合時間が異なります)となります。遅刻しないように会場に着いているようにしましょう。本グランプリでは、1日目を3つのトーナメントに分けて進行予定です(2日目は進出者が合流して1つのトーナメントになります)。さて、無事自分のトーナメントを見つけ、席についたらさっそくデッキ構築開始!…というわけではなく、最初にパックチェックが行われます。これは、トーナメントの公平性を保つために行われる、「手元に配られたパックの中身をリストに記入していく作業」です。カードを色別、カードの下部に書いてある番号順に並べて、所定のリストに記入していきます。記入間違いをした場合、自分で訂正せず、必ずジャッジを呼んで訂正してもらいましょう。

デッキ構築

 パックチェックが終われば、カードとリストを配り直し、デッキ構築開始となります。制限時間内にデッキを組み、使用するカードをリストに記入していきます。提出したリストに不備があった場合、ペナルティが出てしまいますので、念入りに見直し、万全の状態で提出できるようにしましょう。デッキ構築時のリスト訂正はジャッジの許可を得る必要はありません。

ラウンドスタート!

 デッキ構築が終わればいよいよ本戦スタートです!1日目は9回戦の過酷な戦いになりますが、2日目進出を目指して頑張りましょう! 9回戦を終えてマッチポイント21点以上のプレイヤーが本戦2日目に進めることとなります。マッチポイント21点以上を獲得したプレイヤーが規定人数未満の場合、それ以下の成績でも2日目進出の可能性があります。

2日目:5月31日(日)

 2日目に進出したプレイヤーは、1日目と同じく、午前9:00が集合時間となります。遅れないようにしましょう。ブースタードラフト2回、計6回戦を行い、2日間合計15回戦の成績上位8名が優勝者を決める決勝ラウンドに臨むことができます。

決勝ラウンド

 優勝者を決める最後の戦いの火蓋が切って落とされます。ブースタードラフトを行い、シングルエリミネーション3回戦を勝ち抜いたプレイヤーが晴れてグランプリ王者の称号を手にすることとなります。また、決勝に進出した上位8名に、7月31日~8月2日にかけてカナダ、バンクーバーで開催されるプロツアー『マジック・オリジン』への参加権利およびトラベル援助が与えられます。また、上位8名に残れなくともマッチポイント39点以上のすべての参加者にプロツアーへの参加権利が付与されます。 世界を目指して頑張りましょう!

本戦以外でも、グランプリの楽しみ方はたくさんあります!

 グランプリには本戦以外にもマジックを楽しめるイベントがたくさんあります。そこで、ここではそんな本戦以外の楽しみ方を見て行きましょう!

サイドイベント


グランプリのサイドイベントには数多くの人が集まります

 本戦以外にも、マジックのトーナメントが数多くサイドイベントとして開催されています。各サイドイベントの詳細は主催者様特設ページよりご覧いただけますが、その中でも特にご注目いただきたいのは、スーパーサンデーシリーズです。

 毎年1度、アメリカ・シアトルのウィザーズ本社で行われるこのスーパーサンデーシリーズ・チャンピオンシップの参加権を賭けて行われるこのイベント、今年1月に行われたイベントには4名の日本人プレイヤーが参加しました。詳しくは行弘賢選手のレポートをお読みいただければと思いますが、非常に楽しいイベントだったそうです。このイベントに勝利して、ウィザーズ社へゴー!

アーティストサイン会

Mark Tedin(マーク・テディン)氏

 Mark Tedin氏がアートを手がけたカードの一覧

Peter Mohrbacher(ピーター・モーアバッカー)氏

 Peter Mohrbacher氏がアートを手がけたカードの一覧

Johannes Voss(ヨハネス・ヴォス)氏

 Johannes Voss氏がアートを手がけたカードの一覧

 グランプリでは毎回満員御礼となっている、マジックのカードアートを手がけたアーティストによるサイン会で、本グランプリには3名ものアーティストが参加予定です。本グランプリにお越しいただくアーティストはMark Tedin氏、Peter Mohrbacher氏、Johannes Voss氏の3名となっています。それぞれが手がけたカードアートなどは上記リンクよりご参照いただけます。Mark Tedin氏はマジックが初めて発売した当初から活躍されていらっしゃるアーティストですし、他のおふたりも多くの人気カードを手がけていらっしゃいます。お好きなカードにサインをもらって、自分だけの思い出を作りましょう!

ディーラーブース


お宝いっぱい!ディーラーブースで掘り出し物をゲット!

 グランプリにはたくさんのお店がディーラーブースに出展されています。今回のグランプリ・千葉2015でもディーラーブースをご用意いただいており、皆さんがお楽しみいただけるスペースとなっています。ショップ巡りをして掘り出し物を探すのも、この大イベントの醍醐味と言えるでしょう。

ニコ生とカバレージで『モダンマスターズ 2015年版』グランプリをチェック!

 グランプリ・千葉2015ではもちろん恒例のニコニコ生放送にて、大会の模様を生中継いたします。今回はなんとそれだけではなく、同日開催のグランプリ・ラスベガス2015とグランプリ・ユトレヒト2015もニコ生にて中継します! 世界3ヵ所連続放送となりますので、マジックと、『モダンマスターズ 2015年版』を余すことなくお楽しみいただけます! 放送の詳細については決まり次第本サイトにてお知らせいたします。

 また、本サイトでは現地ライター陣によるテキストカバレージでも試合の模様をお届けします。会場に足を運べない方もお楽しみいただける内容となっていますので、イベント特設ページをぜひご覧ください!

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る