モダンマスターズ実況マラソンを観戦し、週末を楽しもう!

更新日 Feature on 2015年 5月 27日

By 浅原 晃

 ついに今週末に迫ったモダンマスターズのグランプリ(以下、GP)ですが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。ラスベガス、ユトレヒト、そして、千葉の3都市で開催、しかも、そのすべてを二コ二コ生放送で52時間に渡り放送するという、マジック史上でも類を見ない、前代未聞、空前絶後のお祭りイベントとなっている本イベント、今からワクワクが止まらない人も多いのではないでしょうか。

 放送の詳細な日程や実況メンバーなどは、「こちらマジック広報室!」の方で公開されていますので、そちらも合わせてご覧いただくと、いろいろと分かりやすいと思います。特に試合以外の部分ではGPでのウェディング!!が行われるということで、生放送をご覧になる方も記憶に残るGPになるでしょう、ぜひお見逃し無く! 現地に居る方もせっかくですので、《集合した中隊》のごとく祝いの場に参列してみるのをおススメしたいです。いや、おめでたいですね!

 さて、GPは初日が『モダンマスターズ 2015年版』のシールド、2日目はドラフトで行われます。生放送で観戦、もしくは、GP本戦に参加する。どちらにしても、知っておきたいのは、『モダンマスターズ 2015年版』とはどういうセットかということでしょう。

 『モダンマスターズ 2015年版』は、構築シーンにおいては、《タルモゴイフ》や《闇の腹心》、《ヴェンディリオン三人衆》、《引き裂かれし永劫、エムラクール》など、モダンの一線級で活躍するカードが収録されているパックとなっています。そして、コモンやアンコモンといったリミテッドの軸になるカードは、過去のブロックのシステムから代表的なものが抜粋して採用されており、それらのカードをシナジー通りにまとめられるかが重要になっているセットです。

 一例として、『神河』ブロックからは「転生」。『ミラディンの傷跡』ブロックからは「金属術」や「増殖」、『ローウィン』ブロックからは「多相」、『ラヴニカ』ブロックからは「移植」などが収録されています。

 これらの能力はそのときのブロックの特徴のひとつだったので、当時のマジックを知っている方ならば、懐かしいと感じる人も多いかもしれません。しかし、懐かしい能力を再び使うだけにとどまらないのが『モダンマスターズ 2015年版』の面白いところです。スピリットなら「多相」と、「増殖」なら「移植」と、それぞれがブロックの枠を超えた部分でもシナジーが生まれていたりもするのです。例えば、スピリットの「転生」で墓地にある《名も無き転置》を拾うというのは、『モダンマスターズ 2015年版』のリミテッドの基本テクニックの1つとなっていますね。古いセットから新しい発見を得るさまは、まさに温故知新、実にやり込みがいのあるセットと言えるでしょう。

 ということで、せっかくなので、私もシールドに挑戦してみましたので、ちょっと紹介していきたいと思います!

 まず、『モダンマスターズ 2015年版』のパックを対戦相手の分も含めて12パック購入。対戦相手はそこらへんの暇そうな人を後で捕まえることにして、さっそくパックを開封といきます。この瞬間はマジックでもっとも楽しい瞬間の1つですね。神様、贅沢はいいません、もし願いが叶うなら《タルモゴイフ》のフォイルカードを……。

 そんな願いが通じたのか、緑の神話レアが登場しますが、惜しくも《原始のタイタン》。しかし、良く見ると、こ、これは……

 《原始のタイタン》と《太陽の宝球》が4枚。2011年の世界選手権を優勝した、彌永 淳也が使用したデッキの構成、いわゆる2マナ、4マナ、6マナのマナカーブで動くイヤナガ理論! ということで、デッキの軸はこれに決まりです。モダンマスターズの懐古殺し、実に恐るべし。他にも《ヘルカイトの突撃者》や《スカルガンの火の鳥》といった大型クリーチャー、そして、《コジレックの捕食者》など、マナとなる0/1クリーチャーであるエルドラージ・落とし子を出せるクリーチャーも多くいたので、そのまま、赤緑のビッグマナデッキを完成させました。

 というわけで、相手が居ないと困るので、そこらへんを歩いていた殿堂の人に相手をしてもらうことにします。よろしくお願いします。

おすすめは《小走りの死神》!

 そして、2、4(《コジレックの捕食者》)、6の動きで容赦なく《ヘルカイトの突撃者》がアタック! ということで気持ちよく勝つことができました。カードパワーが高く、派手な試合ができるのも、普段のリミテッドと違って楽しいところですね。カードパワーが高さゆえに、一気に勝負が決まることもありますが、実際は緻密な戦略と、派手なカードがかみ合っている非常に良くできた環境だと思います。

 二コ二コ生放送でも、いろいろなカードが戦場に現れることでしょう、『モダンマスターズ 2015年版』はいろいろな楽しみ方ができるセットです。昔のセットのカードで好きだったものや、懐かしいカードがあれば、どんどんコメントして、共有していくと楽しさも倍増すると思います。52時間、常に話し相手はいますし、分からないことがあれば、実況、解説にコメントでいろいろ聞いてみるのもいいと思います。千葉では藤田剛史さん、ユトレヒトは中村修平さん、ラスベガスは黒田正城さんと、マジックを黎明期から知る強豪プレイヤーたちが解説担当ですので、昔話なんかもしてくれると思います。

 今週末は、今もっとも熱いセットである『モダンマスターズ 2015年版』、「グランプリ・千葉2015」本戦や、ニコニコ生放送をぜひお楽しみください!

 ちなみに、私もGP千葉にはプレイヤーとして参加いたします。当たることがあるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。それでは、GP千葉で会いましょう!

『グランプリ・千葉/ユトレヒト/ラスベガス』実況生放送マラソン

放送時間:5月30日(土) 10:00 ~ 6月1日(月) 14:00(52時間連続放送)

放送スケジュール:

グランプリ・千葉2015 1日目 5月30日(土) 10:00~21:00
グランプリ・ユトレヒト2015 1日目 5月30日(土) 21:00~翌3:00
グランプリ・ラスベガス2015 1日目 5月31日(日) 3:00~8:30
グランプリ・千葉2015 2日目 5月31日(日) 8:30~22:00
グランプリ・ユトレヒト2015 2日目 5月31日(日) 22:00~翌5:00
グランプリ・ラスベガス2015 2日目 6月1日(月) 5:00~14:00

※イベントの進行状況によって、スケジュールが変更になる場合がございます。

出演:

グランプリ・千葉2015
実況 森 慶太(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト:司会担当)
格内 麻也子(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト:広報担当)
解説 藤田 剛史(マジック・プロツアー殿堂顕彰者)
グランプリ・ユトレヒト2015
実況 森本 英樹(ニブンノゴ!)
金子 真実(ウィザーズ・オブ・ザ・コースト:コミュニティ担当)
解説 中村 修平(マジック・プロツアー殿堂顕彰者)
グランプリ・ラスベガス2015
実況 岩Show
解説 黒田 正城(プロツアー・神戸2004優勝、日本人初のプロツアー王者)

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る