金子&塚本の「勝てる!マジック」 第9回:情報収集

更新日 Feature on 2015年 5月 29日

By 塚本 樹詩

登場人物:

金子 真実:ウィザーズ・オブ・ザ・コーストの人。塚本に押しかけられ突然弟子をとることになった。
好きなお寿司のネタ:「のどぐろ」と「カワハギ」。白身魚こそ至高なり。

塚本 樹詩:マジック初心者。マジックの大きな舞台での活躍を夢見て、金子に弟子入りした。とにかく元気。
好きなお寿司のネタ:炙り○○ならなんでも大好き!ガスバーナーのオイルの味がいいんだよな。

前回の勝てマジ!

『サイドボード』に関する必殺のテクニックを金子から教わった塚本。
眠っていた内なる力が目覚めた塚本は、体のあらゆる部位からビームが噴出、オフィスを全壊させてしまう。そして……!


塚本は暗闇の中に漂っていた。
空虚でどこか肌寒い無限の暗闇に爆発が起こり、
暗闇に無数の輝きが散りばめられる。

そのうちの一つの瞬きに視界がズームインし、
青の星の緑に堕ちていく。

やがて文明が発展し……人々は……とさん……

かもとさん……

金子「塚本さん? 塚本さん! 起きてください!!」

塚本「……あれ? あ、金子さん?」

金子「まったく! 今は会議中ですよ? 寝ないでください!」

塚本「あれ? ここはオフィス……爆発したんじゃ?」

金子「まだ寝ぼけているのですか? オフィスは爆発なんてしませんよ!」

塚本「確かにそうですよね……じゃあ夢だったのかな……。ビームも出たりしたんだけどな……。」

金子「ビーム? 何言ってるんですか? そんなことより、話の続きに戻りましょう。」

塚本「ワインの話でしたっけ?」

金子「違いますよ! デッキリストの話ですよ! 塚本さんが、みんながどんなデッキを使っているか気になるから教えてくれって言ってきたんじゃないですか!」

塚本「そうなんですよ!そうそう!」

金子「それじゃあ今回は、簡単ではありますが『情報の調べ方』をお話ししていきますね。」

塚本「やったー!」


金子「さて、前回までのお話で、世の中にはいろんなデッキが存在することを知った塚本さんは、まずどんなことが知りたいとおもいますか?」

塚本「それはもう、最強デッキを知りたいです!

金子「えっと、前にお話しした通り、最強デッキってのは……。……でも、そうですね、例えば直前のイベントで勝ったデッキは調べることができますよ。

塚本「直前に勝ったデッキ!? それってつまり最強ってことじゃないですか!」

金子「いえ、それもまた違うんですが……まあいいや。マジックの大きな大会、例えば『グランプリ』や『プロツアー』の結果は、公式ページから知ることができます。いいですか?」

金子「まずは『マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト』にアクセスして、右上のほうにある『イベントカバレージ』をクリックします。」

金子「そして、そこから調べたいイベントを……そうですね、ちょっと前に開催されたプロツアー『タルキール龍紀伝』にしましょうか。それを開いてみると……。」

金子「ここに、トップ8デッキリストや、他にも成績優秀者デッキリストが存在しますね。これで、このイベントで勝ったデッキを調べることができますよ!」

塚本「金子さん……勝った人のデッキしかわからないんですか!? 僕はみんなを平等に見てあげたいんです!」

金子「つまり、参加プレイヤーがどんなデッキを選択したのかが知りたい、ってことですね。それならば、『メタゲーム・ブレイクダウン』という記事を読むことをオススメします!

塚本「ブレイクダウン……? ブレイクダンスの親戚ですか?」

金子「どうぞ踊っててください! 『メタゲーム・ブレイクダウン』というのはですね、参加したプレイヤーがどんな種類のデッキを使用したのかを分類してまとめたデータです。何人がどんなデッキを選択したのか?そういった情報がわかりますよ。」

金子「他にもデッキリストや大会結果を載せているサイトはたくさんあるので、自分で調べてみるなり、お友達に聞いてみたりするのもいいですよ!」

塚本「ありがとうございます! ところで、作ってみたいデッキはあるんですけど、一つのデッキタイプでも内容が微妙に違ったりして、どれを参考にすればいいのかわからないのですが、そういう場合はどのリストを優先すればいいんですか?」

金子「そこは最終的に自分の経験と好みではあります。少しアドバイスすると、環境によってデッキの形はどんどん変わっていくので、なるべくなら新しいリストを参考にした方がいいですね。特にサイドボードは今の環境を把握するのに一番わかりやすいと思うので、自分の作りたいデッキに限らず、たくさんのデッキのサイドボードを見るのも環境理解のためにはいいかもしれません。」

塚本「みんなが対策しているデッキほど流行っているということですね!! 逆に古いデッキはもうブショネを起こしているので、使えないということですね……。」

金子「ブショネ?? それとよく勝っている人のリストを参考にするのはわかりやすくていいですね。」

塚本「なるほどテロワールが良く表れているのですね!」

金子「?? ちょっと何言っているのかわからないですね。先ほどのデッキリストの紹介の時に触れたイベントカバレージのページや動画サイトには試合の動画もあるので、デッキリストと併せて動画で回し方も勉強できます。なので勝っている人のリストはより参考にしやすいというわけです!」

マジック:ザ・ギャザリング ニコニコ動画公式チャンネル

塚本「動画! そんな便利なのもあるんですね!それじゃあ動画を見れば見るだけ、強くなっちゃいますね!」

金子「そんな急に強くなったら苦労しませんが、トップレベルのプレイヤーの対決から得るものは多いかもしれませんね。」

塚本「それじゃあ今から動画見ましょうよ!」

金子「え?……塚本さん、そろそろ時間なので……また次回にしませんか?」

塚本「え? どうしてですか? もう夜ですし後は帰るだけでしょ? いいじゃないですか少しくらい!」

金子「いえ……本当にそろそろ帰らないと……バッテリーが…」

塚本「金子……さん? 頭から湯気出てますよ?大丈夫ですか?」

金子「だ……ダイジョウブ……デデデ……」

塚本「ええええ! 金子さん? しっかりしてください!……!?」

塚本「こ……これは一体!」

社員「ごめんなさい、金子さんバッテリー落ちちゃったみたいなので回収しますね?」

塚本「ば、バッテリー?」

社員「全く、運ぶのも重くて大変だし、面倒なんだよなぁ……ブツブツ」

塚本「い、一体何だったんだ……? ま、まさか……!」

塚本「前回はこれでビームが出せたんだよな……もしかしたら……!」

塚本「こ、これは……! 夢じゃなかったのか……! 一体どうなっているんだ……!」

続く!

最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る