『運命再編』の魅力的な土地

更新日 Feature on 2014年 12月 25日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

 今日は贈り物の日ですから、私たちはここDailyMTGにたくさんのプレゼントをご用意しました。まず、プレビュー・カードが1枚。まだご覧になっていないのであれば、ぜひとも、絶対にお見逃しなきよう。また、「Walking the Planes」では新しいエピソードが公開されています(英語動画)。

 しかし、これで終わりではありません。まだ全然終わりではないのですよ。

 『タルキール覇王譚』のドラフト環境は楽しく、挑戦的で、強力な多色カードにあふれたものでした。こうした多色のカードを唱えられるよう、私たちは10種の2色土地のサイクルとして《陰鬱な僻地》などを収録して、マナ基盤が十分に行き渡るようにしました。

 ここで、『運命再編』の発売時には新たな試みが行なわれます。多色のブロックではマナ基盤が非常に重要であり、『運命再編』は『タルキール覇王譚』と違って「楔3色」のセットではないものの、ドラフト環境では多色の土地が引き続き必要となることでしょう。そのため、『運命再編』のブースターパックには、基本土地の枠に基本でない土地が入っていることがあります[1]。そこでは、『タルキール覇王譚』の2色土地、《陰鬱な僻地》、《ジャングルのうろ穴》などが手に入ることでしょう。それらの土地には新たなアートが描き下ろされ、『運命再編』のエキスパンション・シンボルがついています。

 もしくは、『タルキール覇王譚』のフェッチランドに遭遇するかもしれません。こちらはエキスパンション・シンボルを含めて、『タルキール覇王譚』版と全く同じものとなります。

 この方式は、『ドラゴンの迷路』の土地枠で『ラヴニカへの回帰』ブロックの2色土地が入手できたときと似たものになります。

 言い換えれば、プレリリースで『運命再編』のブースターパックを開封したときに、基本土地や《ジャングルのうろ穴》の代わりに、こんなカードが出てくることも十分にあり得るということです。

 メリークリスマス!


脚注[1]いくつかの言語(韓国語、ポルトガル語、繁体字中国語、ロシア語)では、基本でない土地と並行して、基本土地が高い頻度で土地枠に含まれます。これは、当該言語において『運命再編』の基本土地を印刷できる枠が他にないためです。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 8月 26日

『団結のドミナリア』プレリリースでマジックをプレイしよう by, Gavin Verhey

『団結のドミナリア』プレリリース入門へようこそ! プレリリースは、マジック初心者にも長年のベテランにも最高のイベントだ。最新セットのお祝いを楽しめるこのイベントは、初めて参加するマジックのイベントとしてもうってつけだ。『団結のドミナリア』では9月2~8日にプレリリースが開催される。この絶好の機会にぜひ参加してみてくれ! マジックの遊び方を学びたい方は、以下のページをご...

記事を読む

FEATURE

2022年 8月 18日

『団結のドミナリア』製品紹介 by, Tim Brown

(編注:この記事は掲載後に更新されました。『団結のドミナリア』ジャンプスタート・ブースター向けにデザインされたカードについての内容を追記しました。) 私たちが今回再訪するマジック始まりの次元ドミナリアには、風の便りがいくつも届いています。どうやら私たちもよく知るお馴染みの顔が、つまりドミナリアの伝説の英雄たちが、再びファイレクシアンと戦うために新たな連合を結成しようと...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る