フライデー・ナイト・マジックについての変更

更新日 News on 2014年 10月 14日

By Mike Rosenberg

Mike Rosenberg is a writer and gamer and has been part of the Magic text coverage team since 2011. He joined Wizards as organized play’s content specialist in June 2014.

原文を読む

 プロツアー『タルキール覇王譚』にて、組織化プレイ・グローバルディレクターのヘレン・バーゴット/Helene Bergeotからフライデー・ナイト・マジックのいくつかの変更を発表いたしました。本発表は、このプログラムのプレイ構造とプロモカードの分配のポリシーについて重要な変更を含んでおります。

 最初の変更点は、フライデー・ナイト・マジックとして店舗が開催できるフォーマットについてのものです。以前は、フライデー・ナイト・マジックのイベントとして選ぶことができるフォーマットは、スタンダード、モダン、ブースタードラフト、シールドデッキ、ブロック構築、双頭巨人戦に限られていました。本変更から、店舗ではいかなるフォーマットでもフライデー・ナイト・マジックのイベントを開催できようになります。

 もうひとつの変更点は、プロモカードの分配についてのものです。当初、プロモカードはフライデー・ナイト・マジックの各イベントの1位と2位に分配され、残る2枚が他の参加者に割り当てられることになっていました。また、プロモカードは各週に申請されたフライデー・ナイト・マジックのイベントの数に基づいて、店舗に提供されていました。本変更から、店舗が各週に開催できるフライデー・ナイト・マジックのイベントの数の制限はなくなり、WPN店舗レベルにのみ基づいた数量のプロモカードが送られるようになります。また、各店舗はイベントに参加するプレイヤーへのプロモカードの分配について独自の方式を設定できるようになります。

 プレイヤーにとって、本変更はどんな意味があるのでしょうか? 多くの方にとっては、特に変更はありません。店舗はこれまでと同様にイベントを運営し続けることができます。一方で、例えば統率者戦でフライデー・ナイト・マジックを開催し、その参加者から抽選でプロモカードを分配する、といったことを希望する店舗があれば、それも可能です。今回の変更で、店舗はプレイヤーが希望する形でフライデー・ナイト・マジックを柔軟に提供することができるようになります。上位入賞の賞品としてプロモカードがもらえる週例のスタンダード・トーナメントでも、もっとのんびりしたものでも可能です。

 ヘレンからのメッセージは以下のとおりです。

「本変更の目的は、店舗にはプレイヤーが望むように金曜の夜を過ごしてもらうためのさらなる柔軟性を提供し、プレイヤーには金曜の夜にどんなマジックでも遊べる目的地を提供することにあります。スタンダード、モダン、リミテッド、統率者戦など、プレイしたいフォーマットが何であっても、フライデー・ナイト・マジックは皆さんが友達と毎週楽しく快適にプレイできる夜になるでしょう。」

 フライデー・ナイト・マジックにおける今回の変更は2015年1月から始まる予定ですが、1月の同イベントの申請が間もなく始まります。最寄りのフライデー・ナイト・マジック主催店舗の方とお話をして、皆さんが金曜の夜にどんなイベントを楽しみたいかをお伝えするようにしてください。

最新News記事

NEWS

2022年 5月 12日

『ダブルマスターズ2022』および『団結のドミナリア』の最新情報とその他の発表 by, Wizards of the Coast

今回も「公式発表」の日がやってきました。今月の発表は特大規模でお送りします。少なくとも「ダブル」サイズの大ボリュームに、マジックの最新情報を「マスター」級の腕前でまとめ上げ、「団結」させてお届けします。過去への回帰あり、未来への展望あり、他にも盛りだくさんです。 『ダブルマスターズ2022』や『団結のドミナリア』の初公開情報から「ウィザーズ公認店舗応援キャンペーン」の再...

記事を読む

NEWS

2022年 5月 12日

コラボ製品『ユニバースビヨンド Warhammer 40,000』のお披露目 by, Billie Kaplan

8月12日に、マジック:ザ・ギャザリングの「ユニバースビヨンド」と「ウォーハンマー40,000」のコラボが実現し、2つの宇宙が衝突する。テーブルトップ界を象徴する巨人「ウォーハンマー40,000」とマジック:ザ・ギャザリングによるコラボでは、4つの統率者デッキと3つの『Secret Lair』ドロップが発売されるのだ。いずれの製品でも、「ウォーハンマー40,000」のグリ...

記事を読む

記事

記事

News Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る