アモンケット

陽に焼かれた砂が果てしなく続く地平線の中、黄金を散りばめた碑が高くそびえ立っています。荘厳な、獣頭の神々が民の間を歩き、砂漠の恐怖から優しく庇護します。広大で命に満ちた川はその豊富な賜物を産み、物質的な全てを満たしてくれます。幸福で希望に満ちた人々が、信奉する神々の大神殿にて供物を捧げては精神的充足を得ます。この人生、素晴らしきもの――ですがそれは始まりに過ぎないと彼らは知っています。王神によって約束された、来世での完璧さへの前座でしかないのだと。

アモンケットは相反の次元です。肥沃な峡谷を越えればそこは果てのない焼けつく砂漠。呪われた、乾ききったミイラがその砂漠をさまよい、一方で不朽と呼ばれる防腐処理をされたミイラがこの輝ける都市にて生者に仕えています。民の全ての需要は満たされています—砂漠の熱とさまようミイラからは魔法的な障壁で守られ、心と身体を完璧なものへと鍛える訓練に打ち込んでその人生を過ごします。それでも彼らは、戦いにて斃れることを許されてこの世界を去る時を熱心に待ち望んでいます。

神々は来世への道の案内人として、王神によって定められた存在です。教えに従い、試練を受ける人々を浄化し、完璧なものとするのです。各神は五つの試練のうち一つを監督し、試練へ挑む修練者を鍛えては現世における五つの完璧さのうち一つを修める助けとなります。すなわち結束、知識、活力、野望、激情。

表面上、アモンケットは生きるには素晴らしい場所です。とはいえその荘厳な外面の背後には落ち着かない、極悪な何かが潜んでいます。聡明にして情け深い王神は、蓋世の英雄のための素晴らしい来世を準備している最中だと言われています。ですがその正体はニコル・ボーラス、次元の遥か先までその計略の手を伸ばす、悪意あるドラゴンのプレインズウォーカーなのです。

伝説のクリーチャー

信義の神オケチラ

猫頭の神オケチラは安定、秩序、そして庇護を体現しています。彼女は調和した目的と協力的な行動を重んじます。その試練は修練者が最初に受けるものであり、一門の仲間を信頼させ、生死を共にする状況に直面させるのです。

都市

ナクタムン

ナクタムンの街は恐怖の砂漠の只中にあって、あらゆる危険から守られたオアシスです。神々へ捧げられた碑、試合場、奇妙な幻影の迷宮、密林に似た区域、障害路、そしてありふれた教室が立ち並び、修練者の総合的な訓練制度を支えています。

クリーチャー種族

人間

アモンケットには五つの人型種族が存在しますが、中でも人間は最も多様かつ適応力に富んでいます。彼らは多種多様な戦闘技術を学びますが、そこには他種族がとりわけ好むものも含まれます。人間はどこまでも遠くへと足を延ばし、あらゆる選択肢を試し、達成の極致に手を届かせます。

来訪しているプレインズウォーカー

ギデオン・ジュラ

ギデオンは何よりも忠節と名誉を重んじます。彼は駆け引きに優れた戦闘魔道士であり、難攻不落の肉体をもってほぼあらゆる戦いで優位に立ちます。無辜の者の勇者として、彼は続く者達を鼓舞しては正義を追い求めています。

さらに詳しく

カードセット

『アモンケット』

アモンケットの砂漠のオアシスは戦士を育む。人生を懸けて己が身を鍛え、試練に立ち向かうこと。それが選りすぐりの精鋭に名を連ねるための道。力と俊敏さと知恵を駆使して死と隣り合わせの過酷な試練を乗り越え、さらなる高みへ――輝かしき地位を手に入れろ!

さらに詳しく

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more