過去のタルキール

現在より千年以上の昔、タルキールは龍と人間の双方にとって危険をはらんだ過酷な世界でした。

タルキールの空は龍で満ちあふれていました。 彼らは強大なエレメンタルの嵐の中から生まれ、その破壊的な吐息が空を埋め尽くし、5つの戦士の氏族を脅かしていました。 5つの龍の群れが存在し、それらはそれぞれの最も強大で古くから生き残ってきた龍の名をとって名付けられています。 それぞれ特有の外観や気質、そして武器となる吐息を持っていますが、どの群れもすべてタルキールの人型種族にとっての恐るべき脅威となっています。

過去の世界でも、タルキールの5つの氏族は存続しています。 各氏族はその生存をかけて龍たちに戦いを挑み、その戦いの中で自分たちを優位に導くための方策を探し続けました。 彼らは「龍殺し」として自らを鍛え、空から襲来する捕食者である龍たちから自分や家族を守るためにその身を捧げているのです。

伝説のクリーチャー

不屈のダガタール

アブザン家のカンである不屈のダガタールは、その目的を達成するために周到な戦略を立てています。 彼は常に周囲の状況の分析に余念がないため、人によっては超然としたよそよそしい人物と受け止められていることもあります。 ダガタールは黒色のアイベックスに騎乗し、竜の鱗で作られた精巧な鎧を身に付けています。 彼の持つ印象的な鎚矛の柄頭部には、邪悪な霊魂が封印された琥珀から切り出した石が使用されています。

タルキール過去と現在

現在のタルキール

サルカン・ヴォルの生まれ故郷であるタルキールは戦乱に満ちた世界です。 5人のカンによって率いられた、この次元を支配する5つの有力な氏族は、龍が狩りつくされ絶滅したこの地の覇権を賭けて争い、常に衝突しています。 それぞれのカンは、他から領土を奪い取ることを目論んでおり、中にはすべての支配を目論む者もいます。

さらに詳しく

氏族

アブザン家

家族の絆はアブザンの社会における核心的基盤であり、その絆を脅かす者たちに対して氏族は一丸となって戦います。 アブザンの者たちは先祖の霊の名誉を礼賛し、自らの血統を何よりも重んじています。 アブザンはその氏族の印として龍鱗を取り入れています。 兵士たちは身を守るために倒した龍たちの鱗を収集し、それを自らの鎧に組み込んでいます。

クリーチャー種族

オーク

筋骨隆々で獰猛なオークは、タルキールの過酷な環境によく適合しています。 マルドゥ族にはたくさんのオークの戦士が含まれ、そのカンもその一員です。 また、オークはティムールの荒野の地を分け合っています。 アブザンは時折、孤児となったオークを「クルーマ」として自らの氏族に迎え入れ、彼らは氏族の最も献身的な守護者の一員となっています。

来訪しているプレインズウォーカー

サルカン・ヴォル

赤と緑のシャーマン。ドラゴンが君主に狩り尽くされてしまった次元からやって来た。今は多元宇宙で、畏れるドラゴンを追い求める。

さらに詳しく

カードセット

『タルキール覇王譚』

サルカン・ヴォルの出身次元であるタルキールでは、5つの戦士の氏族が覇権を求めて争っています。彼らはそれぞれ独特の荒々しい戦闘魔法を操ります。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more