タルキール

かつて、タルキールの次元では龍が繁栄していました。彼らは強大なエレメンタルの嵐の中から生まれ、その破壊的な吐息で空を埋め尽くし、太古の5つの戦士の氏族たちを脅かしていました。しかし、龍たちは遠い昔にその末路を迎えました。

長 い年月の間、各氏族はその生存をかけて龍たちに戦いを挑んできました。そしてその戦いの中で自分たちを優位に導くための方策を探し続けました。千年以上も の昔、ある重要な転機が訪れました。龍を生み出す大嵐の襲来が止み、新たな龍が出現しなくなったのです。龍の数は減り、戦乱の形勢は一変しました。最終的 に氏族の戦士たちは残った空の獣を残らず狩り尽くし、破壊しました。この次元の龍は絶滅へと追いやられ、二度と戻ることはありませんでした。その後の幾世 紀を経て、5つの戦士たちの氏族はタルキール全土の支配権を主張するようになり、現在の有力な氏族へと成長、進化していったのです。

伝説のクリーチャー

アブザンのカン、アナフェンザ

「先頭に立つもの」として知られるアナフェンザは、2頭の貴重なアイベックスによって牽引される重戦車の上から、戦いの指揮を執っています。彼女が戦争を仕掛けるのは征服のためではなく、彼女の氏族が機能するために必要な交易路の維持、およびその民と土地を守るためです。

タルキール過去と現在

過去のタルキール

現在より千年以上の昔、タルキールの空は龍で満ちあふれていました。 彼らは強大なエレメンタルの嵐の中から生まれ、その破壊的な吐息が空を埋め尽くし、5つの戦士の氏族を脅かしていました。 各氏族はその生存をかけて龍たちに戦いを挑み、その戦いの中で自分たちを優位に導くための方策を探し続けました。

さらに詳しく

氏族

アブザン家

厳しい砂漠の環境で生存するため、アブザンの社会は家族の絆を中心に形成されています。アブザンは自らの先祖を崇拝しますが、他の氏族の孤児も引き取っています。龍鱗が彼らの象徴であり、それは強固な防御を形成するの一部でもあります。氏族の中心地は城塞都市であるアラシンです。

クリーチャー種族

オーク

筋骨隆々で獰猛なオークは、タルキールの過酷な環境によく適合しています。マルドゥ族には多くのオークの戦士が含まれ、そのカンもその一員です。また、オークはティムールの荒野の地を分け合っています。アブザンは時折、孤児となったオークを「クルーマ」として自らの氏族に迎え入れ、彼らは氏族の最も献身的な守護者の一員となっています。

ビューカード

来訪しているプレインズウォーカー

サルカン・ヴォル

赤と緑のシャーマン。ドラゴンが君主に狩り尽くされてしまった次元からやって来た。今は多元宇宙で、畏れるドラゴンを追い求める。

さらに詳しく

カードセット

『タルキール覇王譚』

サルカン・ヴォルの出身次元であるタルキールでは、5つの戦士の氏族が覇権を求めて争っています。彼らはそれぞれ独特の荒々しい戦闘魔法を操ります。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more