プレインズウォーカー

  • 黄金のたてがみの アジャニ

    黄金のたてがみの アジャニ

    群れに決して受け入れられない白色変種のレオニンであることから、家族から見捨てられたも同然にナヤで生まれ育った。レオニンとしての獰猛さと正義感との狭間で苦しんでいる。

    さらに詳しく

  • アングラスは、まるで檻の中で解き放たれる時を待つ獣のように、絶え間ない苛立ちに急かされています。

    さらに詳しく

  • アーリン・コード

    アーリン・コード

    アヴァブルック出身の苦悩する狼男、アーリン・コードはその仲間の内でも特別な才能を持っています:彼女はプレインズウォーカーなのです。

    さらに詳しく

  • アショク

    アショク

    敵を恐怖に陥れたいのなら、彼らの奥底にある誰にも触れられたくない悪夢を暴くことだ。どんなに優れた存在も震える臆病者へと貶めるその術を、アショクは喜んで操る。

    さらに詳しく

  • チャンドラ・ナラー

    チャンドラ・ナラー

    衝動的で情熱にあふれ、気の短い炎の魔道士。増え続ける彼女の紅蓮術の呪文のごとく、彼女の怒りも爆発寸前にまで燃え盛る。

    さらに詳しく

  •  ダク・フェイデン

    ダク・フェイデン

    「多元宇宙一の盗賊」を自称するダク・フェイデン。サイコメトリーと欺きの魔法を駆使することで、ダクは多元宇宙に存在するあらゆる人物または品物を探し出すことができます。しかし、次の新たな大仕事を探し出す過程のなかで、彼と現地の人間や法の執行者たちとの対立が常に絶えません。

    さらに詳しく

  • 巧妙な偶像破壊者、ダレッティ

    巧妙な偶像破壊者、ダレッティ

    才気溢れるゴブリンの発明家ダレッティはパリアノ学院の主席工匠を目指していましたが、否決と僻みの憂き目に遭ってきました。嘲笑した者へと復讐すべく、彼はついにフィオーラへと帰還しました。彼は既に学院を解散させ、競争相手ムッツィオを消し去りました。ですがダレッティの復讐はまだ始まったばかりです。

    さらに詳しく

  • ドムリ・ラーデ

    ドムリ・ラーデ

    孤児という生い立ちから、権威よりもクリーチャーに信を置く。多くのグルールの戦士たちとは違い、彼は獣を屠らずに召喚し、制御する。

    さらに詳しく

  • ドビン・バーン

    ドビン・バーン

    ドビンは先天的な才能を持ち、更にそれを魔法で強化することで、あらゆる機械の欠陥を明確に見ることができます。領事府の検査官として、彼はその才能をもって新たな発明品の欠陥を正しています。ですが弱点を探すためにそうしている彼を目にする方が多いかもしれません。

    さらに詳しく

  • エルズペス・ティレル

    エルズペス・ティレル

    集団と防衛の白騎士。戦で荒れ果てた故郷を離れ、新たに故郷と呼ぶべき場所を探す。

    さらに詳しく

  • フレイアリーズ

    フレイアリーズ

    フレイアリーズはドミナリア次元出身のハーフエルフのプレインズウォーカーでした。古にして強大、フレイアリーズはその次元のエルフの間で神として崇められていました。彼らを守るために立ち上がり、最後には死を迎えたのです。

    さらに詳しく

  • 野生語りのガラク

    野生語りのガラク

    獣の召喚術の使い手。同じプレインズウォーカーであるリリアナ・ヴェスに呪いをかけられ、緑の呪文を黒に染めてしまった。今や彼は復讐に駆られる凶暴な野獣に過ぎない。

    さらに詳しく

  • ギデオン・ジュラ

    ギデオン・ジュラ

    白魔術の使い手である彼は、忠誠、正義、そして名誉を重んじる。かつては彼の任務上捕らえる対象にあったチャンドラ・ナラーとは、奇しくも味方同士となった。

    さらに詳しく

  • ファートリ

    ファートリ

    ファートリは太陽帝国の出身です。戦闘能力と弁論の才能に秀でた彼女は、高貴な地位に匹敵するまで駆け上がりました。しかし彼女はその後、彼女の人生を変える強襲に遭います――ミノタウルスの海賊「炎鎖のアングラス」との戦いです。かつてない強大な敵を前に、ファートリは追い詰められます。そして彼女が人生最大の絶望に陥ったそのとき、プレインズウォーカーの灯が点火しました。彼女はどこか遠くの地を垣間見ましたが、すぐに故郷へ引き戻されました。優勢だったはずの戦いを突如覆されたアングラスは撤退に追い込まれ、ファートリはこのときの体験を理解するだけの時間を得ることができました。そして彼女は今、皇帝の命令を受け、黄金の都の位置を突き止めるとともに太陽帝国の戦詩人という地位を確固たるものとする冒険に赴いています。

    さらに詳しく

  • ジェイス・ベレレン

    ジェイス・ベレレン

    “神童”ジェイスの知識欲は危険なまでに際限を知らない。プレインズウォーカーとして究極の能力とも言える幻影、読心、記憶操作が可能。

    さらに詳しく

  • カーン

    カーン

    カーン自身もプレインズウォーカーで、金属の世界となるアージェンタムを創り出す。今は汚染されてしまったこの世界を、彼は救えるだろうか。

    さらに詳しく

  • ヤヤ・バラード

    ヤヤ・バラード

    ドミナリアの古い歴史にて重要な役割を果たす強大な紅蓮術師、ヤヤ・バラード。彼女は「大修復」を経て歳をとり始めました。そのため、いくらか無駄に過ごした若き日々を思い返し、残りの人生を多元宇宙のために使おうと考えています。

    さらに詳しく

  • 姜旸谷

    姜旸谷

    姜旸谷は親も、生まれも知りません。十巫山のとある水の魔道士と助け会って旅をしながら、過去の手がかりを探しています。

    さらに詳しく

  • 幽霊暗殺者、ケイヤ

    幽霊暗殺者、ケイヤ

    フィオーラを訪れたプレインズウォーカーであるケイヤは、死者の霊へと物理的に干渉できる能力の持ち主です。ある悪名高い暗殺者がパリアノの幽霊王の死を望むと、ケイヤは喜んでそれを引き受けました……報酬と引き換えに。

    さらに詳しく

  • キオーラ

    キオーラ

    マーフォークのプレインズウォーカーであるキオーラは、彼女の故郷の次元であるゼンディカーを支配する巨大な存在を打ち砕くには、クラーケンや海蛇といった深海の脅威を召喚する必要があると考えています。

    さらに詳しく

  • 槌のコス

    槌のコス

    勇猛な族長。赤のマナを使って土や岩を武器へと変える。最終目的は部族の平和、そして次元をファイレクシア人から奪還すること。

    さらに詳しく

  • リリアナ・ヴェス

    リリアナ・ヴェス

    美しく狡猾で、野心に溢れるリリアナ・ヴェスは、実のところ多元宇宙でも指折りの魔性の悪女だ。究極の黒魔術、屍術を操る。

    さらに詳しく

  • 沐燕灵

    沐燕灵

    沐燕灵は幼い頃、厉杉という謎めいた放浪者に救われました。ですが彼は失踪して久しく、燕灵は何としても師を探し出そうとしています。

    さらに詳しく

  • ナヒリ

    ナヒリ

    ナヒリはゼンディカー出身のコーのプレインズウォーカーです。その力の絶頂期において彼女は、現在ではゼンディカーを覆っている、巨大な石の面晶体を成形しました。石を成形、あるいは創り出すその能力によって、彼女は「石術師」の称号を得ました。

    さらに詳しく

  • ナーセット

    ナーセット

    ナーセットは博学な僧であり、彼女が仕える龍王オジュタイのお気に入りの学徒の一人です。 ナーセットはその内なる意志と交信し、肉体と精神の世界を越えて謎を得ています。 彼女は、タルキールの真の歴史を知る数少ない者の一人でもあります。

    さらに詳しく

  • ニコル・ボーラス

    ニコル・ボーラス

    エルダー・ドラゴンにして世界の暴君。多元宇宙最古の生命体として知られる。彼の邪悪さに対抗し得るのは、自身の無限の叡智以外にはない。

    さらに詳しく

  • ニッサ・レヴェイン

    ニッサ・レヴェイン

    美しく、誇り高い、冷酷無比の自然魔道士。エルフこそが多元宇宙のあらゆる次元を治めるべき種族だと考え、その実現を目指す。

    さらに詳しく

  • オブ・ニクシリス

    オブ・ニクシリス

    残忍で悪魔的なプレインズウォーカーであるオブ・ニクシリスは、ゼンディカーの強大なマナを利用して、彼から人間性を奪った呪いを砕くことを望んでいました。しかし彼がその地に着いたとき、あるプレインズウォーカーが魔法的に彼の灯を消し去ってしまったのです。

    さらに詳しく

  • ラル・ザレック

    ラル・ザレック

    聡明かつ大胆不敵な魔道士で、嵐の力を操る。才能に溢れ、良い働きを見せるラルを、所属するギルドのイゼット団は利用したが、彼は決して戦わずして諦める男ではない……。

    さらに詳しく

  • ローアン&ウィル・ケンリス

    ローアン&ウィル・ケンリス

    謎めいた双子のプレインズウォーカー「ローアンとウィル」がどこの出身で、何のために「武勇の場」へ挑むのか、誰も知りません。しかし彼らと対峙した者はすぐに理解することでしょう。お互いの力を高め合う彼らの能力は、決して侮れるものではないと。

    さらに詳しく

  • サムト

    サムト

    サムトは常人離れした敏捷性と戦闘技術で、ニコル・ボーラスが消し去った過去のために戦います。

    さらに詳しく

  • サルカン・ヴォル

    サルカン・ヴォル

    赤と緑のシャーマン。ドラゴンが君主に狩り尽くされてしまった次元からやって来た。今は多元宇宙で、畏れるドラゴンを追い求める。

    さらに詳しく

  • ソリン・マルコフ

    ソリン・マルコフ

    吸血鬼である彼は、ニコル・ボーラスを除けば、ほかのプレインズウォーカーすべてを合わせた年齢より長く生きている。血の魔術師でありながら、道徳的な一面を持つ。

    さらに詳しく

  • タミヨウ

    タミヨウ

    神秘のベールに包まれた空民であるタミヨウは、多元宇宙のすべてを理解したくてたまらない。すべての次元は秘められた謎を持つと考え、それらを解き明かしたいのだ。

    さらに詳しく

  • テフェリー

    テフェリー

    大修復によって神のごとき力が失われるまでは、テフェリーは時を操る能力を持つプレインズウォーカーでした。彼はドミナリアの歴史やドミナリアを巻き込んだ戦いにおいて、鍵となる役割を果たしていました。

    さらに詳しく

  • テゼレット

    テゼレット

    工匠のテゼレットの身体は、魔法の合金であるエーテリウムで強化された。プレインズウォーカーのひとりに隷属し、別のひとりに精神を破壊され、求めるのは完全なる身体と精神だ。

    さらに詳しく

  • ティボルト

    ティボルト

    屍術を学ぶには才能も自制心も欠けていたティボルトは、憎悪と孤独、挫折感に苛まれた。今や彼は半悪魔と化し、痛みを原動力とする。

    さらに詳しく

  • 精霊龍、ウギン

    精霊龍、ウギン

    ウギンは強大な力を持つ古のドラゴンのプレインズウォーカーです。 物質をエネルギーに変換することができるウギンは、他の者が不可能と考えた魔法を使って強大な力を発見することができました。 彼は多元宇宙を研究し、そしてこれまでに遭遇した中で最大の謎であるエルドラージの研究を行う計画を立てています。

    さらに詳しく

  • ヴェンセール

    ヴェンセール

    機械学者のヴェンセールはアーティファクトの作成や瞬間移動を頼りに旅をし、その果てなき好奇心を満たす。

    さらに詳しく

  • ビビアン・リード

    ビビアン・リード

    ビビアンは、崩壊したスカラ次元の最後の生き残りです。彼女の持つ「アーク弓」には二種類の魔力が秘められています――あらゆる生物の真髄を込め、それを武器にするというものです。近い将来、彼女は最大の敵を前にその絶大な力を開放し、多元宇宙の自然の秩序を復興させることでしょう。

    さらに詳しく

  • ヴラスカ

    ヴラスカ

    ゴルガリ団に所属するゴルゴンの暗殺者で、謎に満ちたプレインズウォーカー。旅の中で、闇に紛れる共犯者たちを呼び出しては、石化した「戦利品」を収集する。

    さらに詳しく

  • ゼナゴス

    ゼナゴス

    サテュロスのカリスマとして君臨するゼナゴスは、歓楽者たちを熱狂させる能力で知られる。彼が果てなく追い求める快楽の先には、何が待つというのか。

    さらに詳しく

  • MORE TO COME!

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more