略歴

ほとんどのプレインズウォーカーとは異なり、ギデオンは自ら戦闘に乗り込むことを躊躇しません。強力な白の魔道士である彼は忠義に突き動かされ、聖なる正義の魔法である神聖術を操ります。

強い道徳心と義務感を持つギデオンは、レガーサの次元で法治組織のヘリウド騎士団に工作員として十分に仕えてきました。紅蓮術士のチャンドラ・ナラーが騎士団の障害となった際には、彼女を阻止すべく、ギデオンはケファライの次元へと送り込まれます。チャンドラはこの時、ゼンディカー の次元に隠されたウギンの目の位置を示す、強力な炎の呪文の巻物を盗み出そうとしていました。2度目の挑戦です。

ギデオンにとって、かつてこれほどずる賢く、機知に富み、神出鬼没の敵はいませんでした。ケファライにてギデオンはついにチャンドラを捕らえるも、彼女に逃げられてしまいます。チャンドラを追って闇の次元、ディラデンへとたどり着いたギデオンは、次元の支配者である吸血鬼のベルラブから逃れるためにチャンドラと手を組み、二人は意外にも味方同士になります。

レガーサに戻ったチャンドラはようやくギデオンが騎士団に仕えていることを知り、彼女は第二の故郷が破壊されるのを防ぐために、自ら投降せざるを得なくなります。騎士団の真の動機を疑い始めたギデオンの助けで、チャンドラは責めを受けずに済みました。チャンドラは再びウギンの目を求めてすぐに旅立ちます。

自らの行いを省みたギデオンは、チャンドラを追って ゼンディカー に行くことにします。この不安定で予測不能な次元で、きっと彼女の力になれると考えたのです。しかし、彼が到着した時にはチャンドラはすでに発った後で、 ゼンディカー は古の世界を食らう存在、エルドラージの攻撃を受けていました。今、ギデオンは多元宇宙で、ゼンディカー が食い尽くされてしまうのを彼と共に防いでくれる仲間を探しているところです。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

アモンケット

この次元の人々には五つの危険な試練が待っています。人々は栄誉の死、そして永遠の栄光が待つ来世を望んでいるのです。ただし、彼らの真の運命は、悪しきニコル・ボーラスの手中にあります。

もっと読む

味方や敵となるプレインズウォーカー

チャンドラ・ナラー

衝動的で情熱にあふれ、気の短い炎の魔道士。増え続ける彼女の紅蓮術の呪文のごとく、彼女の怒りも爆発寸前にまで燃え盛る。

さらに詳しく

 

 

See more archives

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more