略歴

ダク・フェイデンは、フィオーラの次元にあるドレイクストン村出身の人間の魔道士です。若い頃、ダクと彼の友人であるマーシュは有能ながら分別に欠ける魔道士でした。ある夜、自らの実力を過信した二人が獣たちに戦いを挑んだ結果、マーシュは命を落としてしまいます。この瞬間にダクの才能が目覚め、プレインズウォーカーとなったのです。

ほどなくして、ダクは次元を渡り歩く能力があることに気付き、自分の能力を試すと同時に私腹も肥やせる仕事に手を染めるようになりました。アルカバの次元で、ダクは呪われたアーティファクトに手を出し、その結果逮捕されてしまいます。その社会での掟により、ダクの右手は盗賊としての証として永遠に赤く染められることとなりました。その後、ダクはようやくフィオーラに帰還することに成功しますが、彼が不在の間にシファ・グレントという名の別のプレインズウォーカーがダクの近しい者たちをはじめとするドレイクストンの住人を虐殺していたのです。

ダクはサイコメトリー――アーティファクトの魔力や記憶、使い道を読み取る能力――を駆使してシファを追跡しようと試みます。サイコメトリーにより、ダクはシファの行き先を次元から次元へ、そして久遠の闇さえも越えて追跡することができるのです。ラヴニカでのシファとの最後の対戦を切り抜けたダクは、プレインズウォーカーとしての自分が普通の人間以上に他人を助けたり傷つけたりできる存在であることを思い知らされます。今ではラヴニカを自分の故郷と考えているダクですが、フィオーラの愛する人々に起こったことを忘れる日は永遠に来ないでしょう。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

ラヴニカ

大聖堂や老朽化したスラム街、古代の廃墟が覆う巨大な都市世界。この頂点に立つ広範かつ強大な都市、それがラヴニカである。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

ソリン・マルコフ

吸血鬼である彼は、ニコル・ボーラスを除けば、ほかのプレインズウォーカーすべてを合わせた年齢より長く生きている。血の魔術師でありながら、道徳的な一面を持つ。

さらに詳しく

 

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more