略歴

故郷の次元フィオーラにおいて、ダレッティは類稀な知性と才能と野望を備えたゴブリンとして知られていました。彼の目標は単純かつ大胆なもので、高層都市パリアノのアカデミーの主席工匠の座に就くことでした。彼が地位を確立していく中、都市の魔道士たちは初めはクスクスと笑い、そして嘲笑し、やがて異議を唱えるようになりました。しかし最終的には彼らの陰謀ではなく、ダレッティ自身の実験がその身を滅ぼすことになります。ダレッティの誇る創造物の一つが爆発を起こし、そのクレーターの中にゴブリンの身体は跡形もありませんでした。実のところ、爆発の衝撃でダレッティに潜んでいた「プレインズウォーカーの灯」が点り、彼は比較的安全に次元の外へと投げ出されていたのです。彼は爆発で両脚を失うものの生き延びました……そして目を開いた時、そこには探究しうる知識と工芸の果てしない世界が広がっていたのです。ダレッティは自分用に精巧なカラクリ仕掛けの乗り物を作り、フィオーラと他の世界で工匠としての実験を続けています。

しばしの時が経ち、ダレッティは自身の野望を否定したパリアノの権力構造を作り変えるべく、フィオーラへと帰還します。彼は宮殿の牢番ゴブリンのグレンゾを買収してムッツィオの倉庫を守る歯車式衛兵を停止させ、更に策略によって学院を解散させました。彼はまたゴブリンの暴動をけしかけてパリアノの現在の指導体勢を蹂躙し、同時に今や都市に隠れ潜んでいる学院の元同僚を根こそぎにしようとしています。

プレインズウォーカー・カード

屑鉄の学者、ダレッティ

「Gatherer」ですべてのカードを見る

訪れた次元

フィオーラ

フィオーラは政治的陰謀が渦巻く世界。高層都市パリアノの支配をめぐり、政府の派閥が権力闘争を続けています。その素晴らしい景観とは裏腹に、フィオーラはプレインズウォーカーが訪れる次元の中でも最も危険な部類にあたります。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more