略歴

完璧なものなど存在しない、そして完璧となれるものも存在しない――カラデシュのヴィダルケンはそのような人生観を抱いています。ドビン・バーンはその視点とともに生きています。ただその精神を信じているからというだけでなく、彼には実際に周囲の不完全さが見えているのです。彼は先天的な才能を持ち、更にそれを魔法で強化することで、あらゆる機構や機械の欠陥を明確に目で見ることができるのです。わずかな精査だけでドビンは完璧な分析を提供し、特定の機械の弱点を指摘し、短所を浮き彫りにし、そして驚くべき正確さでそれがいつ、どのように壊れるかを予測します。

ドビンはその才能からギラプールの政府である領事府の目にとまり、彼は瞬く間に主席検査官という高い地位まで駆け上がりました。今や、領事府の新発明品の大部分が彼の手を経たものです。あらゆる商品は大量生産される前に彼の緻密な評価を通されなければなりません。彼は安全と品質の基準を定め、その用心深い監督によって消費者の負傷と欠陥品の回収を減少させ、領事府の製品に対する総合的満足度を高めています。

その見事な成功により、彼は期待高まる発明博覧会の優勝者候補と目されています。ギラプールで開催されるその催しは一か月間にも及び、世界中から発明家と愛好家が集まるものと予想されています。博覧会に向けた準備の中で、ドビンは何百もの危険な事故を防ぎました。新たな建築物の構造的完璧さに、競技コースの曲線に、飾り紐の端の鋭さに。更に彼は、グレムリンの横行の危険を著しく緩和する計画を立てました。ですが予期せぬ、そして不慮の改革派の脅威に遭遇し、それを対処できる力はないと悟ります――少なくともカラデシュには。彼はプレインズウォーカーとしての力を用いて、ゲートウォッチの助力を求めました。多元宇宙の平和を保つことを誓ったプレインズウォーカー達は、彼自身の原理原則に同調してくれると願って。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

『カラデシュ』

カラデシュ――この活気溢れる次元では、時計仕掛けの自動人形から巨大な飛行船まで、何千もの目覚ましい発明品を霊気が動かしています。非凡な発明家たちが発明博覧会を目指して世界中からやって来ます。謎に包まれた審判長の目にとまるのは誰なのでしょうか?

さらに詳し

味方や敵となるプレインズウォーカー

サヒーリ・ライ

故郷の次元カラデシュにおいて、サヒーリは当代最高の金属技師とうたわれる名高い発明家です。虹色に輝く金属から造り上げる、生きているように美しいアーティファクトで彼女は最もよく知られています。

さらに詳し

 

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more