略歴

ドムリ・ラーデは、権力者に歯向かう胆力を常に持っていました。ただ、自分を抑圧する者たちに立ち向かう腕力は持ち合わせていませんでした。

ラヴニカ次元の出身であるドムリは、古びた廃墟が並び、まともな道路もない町外れで孤児として生まれました。ドムリはその少年期を逃げ回って過ごします。ボロスの巡回から身をかわし、アゾリウスの束縛呪文をすり抜け、オルゾフのボスたちが彼らの無神組織に引き込もうとした際もそれを免れました。彼はグルール一族と共に戦うことを熱望していましたが、そのあまりの背の低さと貧相な体格に、一族の中で彼を仲間だと認める者は誰もいませんでした。若きドムリは仲間を求めていましたが、戦乱で荒れ果てた瓦礫帯の獣たちがその仲間なのだと気付くのです。

ドムリの野生のクリーチャーに対する親近感は、彼が元来持つ規則や階級、権力者に対する不信感に基づくものでした。彼はグルールの戦士たちの多くが得意とする、獣を狩って倒すことに関しての才能はほとんど持ち合わせていませんでしたが、そうした獣を召喚し、命令に従わせ、力を増幅させる呪文を紡ぎ出すことができました。彼は、自分の縄張りに生息する獣たちを利用しようとしていたオルゾフ組の行列を、縄張りを守ろうとする憤怒獣の群れをけしかけることでほぼ一人で壊滅させ、戦いにおける実力を証明しました。この戦いの後、ギルドマスターの腹音鳴らしは彼をグルール一族の名誉メンバーとします。

今ではプレインズウォーカーとなったドムリですが、彼にはまだ学ぶべきことが多くあります。彼の能力が伸びるにつれ、抑制するのが難しくなっています。ほかにも数多くの次元が存在することを目の当たりにした彼は、自分の生まれた世界の状態にだんだん関心を失っていきました。彼は凶暴さが自制心を上回り、衝動的な欲求を抑えることもなくなって、より恐ろしいクリーチャーを召喚しようとします。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

ラヴニカ

大聖堂や老朽化したスラム街、古代の廃墟が覆う巨大な都市世界。この頂点に立つ広範かつ強大な都市、それがラヴニカである。

さらに詳しく

We have updated our terms of use and privacy policy. Click the links to learn more.
We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more