略歴

聡明にして予測不可能、大胆不敵なラル・ザレックは、ラヴニカの若き魔道士として常にその限界(および周囲の我慢の限界)を試していました。明朗で恐れ知らずの彼は、雷や嵐の混沌とした力を制御することにかけて天賦の才能を持ちます。

彼はイゼット団独特の狂気にまず引き込まれ、そして深く知るにつれ、ますますのめり込んでいきました。果敢で才能のあったラルは、すぐにイゼット団での地位を確立します。

プレインズウォーカーの彼はラヴニカの外に出て旅をすることができましたが、それでもこの次元やギルドに忠実であり続けました。それゆえに、ギルドが復興した際にはラルも戻り、イゼット団のために献身します。彼をそういう人物にしたのは、ほかならぬギルドなのです。

ラルの才能と忠誠心を有益と認めたドラゴンのギルドマスター、ニヴ=ミゼットは、ラルを暗黙の迷路の調査責任者に任命しました。ラヴニカの道や路地の中に暗号化されたこのパズルは長く謎のままであり、これを解いたギルドは間違いなく優位に立てるものと思われました。

ラルと彼の率いる魔道士たちは、熱心にできるだけ多くの手がかりを見つけました。しかし、いざ迷路を解く段階となると、ニヴ=ミゼットは新たに選んたメンバーをギルドの迷路走者としたのです。

ラルは自分こそがその役目に相応しいと考えていたので、大きな禍根を残しました。

ラルはギルドマスターに逆らい、彼の価値を証明すべく、卓越した嵐のプレインズウォーカーに何ができるのか、何としても皆に見せつけてやろうとしています。たとえ、かつて大切にしていたギルドへの忠誠を犠牲にしてさえも。

プレインズウォーカー・カード

イゼット副長、ラル

訪れた次元

ラヴニカ

大聖堂や老朽化したスラム街、古代の廃墟が覆う巨大な都市世界。この頂点に立つ広範かつ強大な都市、それがラヴニカである。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

ジェイス・ベレレン

“神童”ジェイスの知識欲は危険なまでに際限を知らない。プレインズウォーカーとして究極の能力とも言える幻影、読心、記憶操作が可能。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more