略歴

謎に満ちたプレインズウォーカーである彼女は、ゴルゴンらしい、一連の死の呪文を操り、暗殺や隠密行動、そして石化に関わる魔法を得意としています。そして……戦利品を持ち帰るのが大好きです。

ラヴニカ滞在中、ヴラスカはゴルガリ団のために闇の仕事を請け負っていました。彼女の魔法があれば、カビで覆われた地底街のトンネルを縫って標的を追い、静かにその命を絶つのは簡単なことです。必要とあらば、彼女は得体の知れない暗殺者たちを召喚し、代わりに汚れ仕事を引き受けてもらうことさえできます。

彼女は引き受けたい依頼にだけ応える謎めいた殺し屋で、その見返りとして風変わりな頼みごとをしたり、よくわからない戦利品を望んだりしますが、ゴルガリはそんな彼女を有用な秘密兵器と考えています。ヴラスカはギルドの政治的駆け引きから距離を置いており、ゴルガリ団の内部事情にもほとんど興味がありません。依頼をこなしては立ち去り、次に興味を引く仕事があるまでその姿を見せません。

ヴラスカの力の程は明らかですが、その真の目的は謎であり、他のゴルゴンたちにすらよくわかりません。ゴルガリ団には知られていませんが、彼女は多くの時間をラヴニカ以外の次元で過ごしています。死をもたらす力を使って、多元宇宙の隅々から少しずつ石化した犠牲者を収集しているのです。

プレインズウォーカー・カード

ゴルガリの女王、ヴラスカ

訪れた次元

ラヴニカ

大聖堂や老朽化したスラム街、古代の廃墟が覆う巨大な都市世界。この頂点に立つ広範かつ強大な都市、それがラヴニカである。

さらに詳しく

 

 

味方や敵となるプレインズウォーカー

ジェイス・ベレレン

“神童”ジェイスの知識欲は危険なまでに際限を知らない。プレインズウォーカーとして究極の能力とも言える幻影、読心、記憶操作が可能。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more