略歴

彼は赤の魔道士で、地操術を専門とします。山を動かし、岩を砕き、鉄を溶かす呪文です。彼の大地の魔法は金属を浄化することもできます。これは部族の平和と調和を願う、コスの強い気持ちの表れです。

ヴァルショクのコスは、ミラディン の次元、オキシダ連峰に住む槌族の1人です。長らく平和に暮らしてきた彼の部族が戦争を始めた時、彼のプレインズウォーカーとしての才能が目覚めました。

彼の部族がオキシダの山々から掘り出した金属は奇妙な腐食を始め、鍛えた金属塊は脆くむらのあるものになってしまいました。各部族はこれを互いのせいにし合い、昔の憎しみが再び頭をもたげ始めました。

彼の能力で鉱石を浄化できるのではと考えたコスは、金属を再生して部族の結束を取り戻すという務めを果たすべく全力で取り組みました。

年に似合わずしっかり者で情熱的なこの指導者は、慌てて行動に出る前にまず協議することが大切だと考えます。しかし行動が必要ならば、コスは言葉ではなく行動で示します。彼の故郷を脅かす者には、その頭上に山を一つ落とすことさえもできるのです。

実際コスは、彼の次元を乗っ取ったファイレクシア人たちと戦い、今では対抗勢力の指導者を務めています。

プレインズウォーカー・カード

訪れた次元

ドミナリア

火山の大陸、シヴ。時間の砕かれし島、トレイリア。凍てつく山々、ケルド。それらを擁するドミナリアは、多元宇宙で最も強力な魔道士たちによる、激しい争いの舞台となった。

さらに詳しく

味方や敵となるプレインズウォーカー

エルズペス・ティレル

集団と防衛の白騎士。戦で荒れ果てた故郷を離れ、新たに故郷と呼ぶべき場所を探す。

さらに詳しく

 

 

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more