ミラディン

ミラディン では森や山、そして草に至るまで、すべてが金属でできています。それぞれのマナの色に輝く5つの太陽が、この次元を照らしています。

遠い昔、プレインズウォーカーであるウルザによって造られた銀のゴーレムの カーン によってこの金属の次元は創られました。しかし、 カーン の創造物に問題が発生しました。カーンは意図せずに、自分の世界に暗い汚染を引き込んでしまったのです。それはファイレクシアの油でした。数百年の時を経て、この油は根付いて土地を汚染し、新たな恐怖を際限なく生み出すようになりました。

次元を守るために カーン が創った守護者も不安定になり、自我に目覚めると自らをメムナークと呼ぶようになりました。 メムナークは何度も狂ったような怒りを見せ、造物主に見捨てられたと感じるようになりました。 メムナークの狂気が深まっていくにつれ、彼の力も変わっていきました。 彼は他の次元から数え切れないほどの者を拉致するようになり、最後にはエルフのグリッサ・サンシーカーによって倒されました。

しかし、それでも ミラディン に平穏は戻りませんでした。ミラディン人の第一世代は消え、さらわれてきた元の次元へと帰っていきました。その間にも、ファイレクシアの汚染は進行を続けていました。新ファイレクシアの恐怖が次々と ミラディン の核から出現し、出会ったすべてのミラディン人を殺し、その死体を蘇らせて自らの戦力として取り込んでいったのです。

しかし、ファイレクシアの各派閥は、その目的において統一化されていたわけではなかったのです。ウラブラスクが率いる赤の力の派閥は ミラディン の人々には目もくれず、彼らに安息の地を与えます。

それぞれのマナに基づく派閥間の断絶は、新ファイレクシアをより強化し、同時に弱体化させました。つまり、さらなる多様性と対応力がついたことで強化されましたが、その目的が統一化されなかったために弱体化も招きました。

はたして、ミラディン人は生き残ることができるのでしょうか? この殺伐とした世界で彼らを待つ新たな恐怖とは? この汚染は他の次元へと広がることになるのでしょうか?

伝説のクリーチャー

グリッサ・
サンシーカー

反抗的なトラブルメーカーであるグリッサは、故郷が完全に破壊されるその時までエルフのしきたりを疑問視していました。両親を殺害した者を探し出して復讐を果たすことに執念を燃やす彼女は、金属的なミラディンの地形をくまなく捜索しています。

派閥

オーリオック

ミラディンにおける人間の派閥の中でもっとも文明的なオーリオックは、レオニンたちとの外交と貿易によって存続しています。強力な戦士であるオーリオックの者たちは、本拠地がある剃刀ヶ原に接近する人工の脅威を一時的に無力化または解体するために魔法の力を多用しています。

「GATHERER」ですべてのカードを見る

クリーチャー種族

ゴブリン

金属の継ぎ当てで覆われたミラディンのゴブリンたちは、大焼炉の中に棲みます。彼らのアーティファクトを操る才能は、かなり進んだものから、棒で突くまで様々です。

「GATHERER」ですべてのカードを見る

来訪しているプレインズウォーカー

カーン

カーン自身もプレインズウォーカーで、金属の世界となるアージェンタムを創り出す。今は汚染されてしまったこの世界を、彼は救えるだろうか。

さらに詳しく

カードセット

ミラディン

多元宇宙の彼方に存在する、全体が金属でできた次元、ミラディン。多数登場するアーティファクト、そして新たなキャラクターや装備品カードを通じて、新しいマジックの世界を発見しよう。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more