Skip to main content

マジック:ザ・ギャザリングの遊び方

以下のまとめでルールやメカニズムを学び、マジック:ザ・ギャザリングを始めましょう!

基本知識

  1. ゲーム中の行動

上級知識

  1. 対象を取る
  2. スタック
  3. ターンの進行

ゲーム中の行動

この項目では、カードのタップや呪文を唱えること、クリーチャーによる攻撃やブロックなど、あなたがゲーム中に取る行動を説明します。

タップとアンタップ

カードをタップするとは、そのカードを横向きにすることを意味します。タップ状態は、そのターンにそのカードを使用したことを示します。これは、土地からマナを生み出すときや、クリーチャーで攻撃するとき、のシンボルをコストに含む能力(は「このパーマネントをタップする。」を意味します)を起動する場合に行われます。パーマネントがタップされると、それはアンタップされる(縦向きに戻される)まで再びタップできません。あなたのターンの開始時に、タップ状態のカードはすべてアンタップされ、再び使えるようになります。

呪文を唱える

呪文を唱えるためには、その呪文のマナ・コスト(カードの右上隅に書かれています)を支払う必要があります。土地(やその他のパーマネント)をタップして、必要な量や種類のマナを生み出して支払います。例えば、あなたがコストがである《セラの天使》を唱えるなら、任意のタイプの基本土地3枚をタップしてを支払い、《平地》2枚をタップしてを支払います。

呪文が唱えられると、その後以下の2つのうち1つが起こります。 呪文がインスタントまたはソーサリーの場合、カードに書かれた内容が処理され、そのカードは墓地に置かれます。呪文がクリーチャーやアーティファクトやエンチャントの場合、そのカードをテーブルのあなた側に置きます。そのカードは戦場にある状態になります。

戦場にあるカードはパーマネントと呼ばれ、戦場に出ないインスタントやソーサリーとは区別されます。

 

 

攻撃とブロック

ゲームに勝つための最も一般的な方法は、クリーチャーで攻撃することです。対戦相手を攻撃しているクリーチャーがブロックされなければ、そのパワーと同じ点数のダメージを与えます。

各ターンの中ほどには戦闘フェイズがあります。あなたの戦闘フェイズでは、あなたは自分のクリーチャーの中から攻撃するものを選び、それぞれがどれを攻撃するか決めます。クリーチャーで攻撃することを示すには、それをタップします。その後対戦相手がブロックするクリーチャーを自由に選びます。タップ状態のクリーチャーでブロックすることはできません。

すべてのブロック・クリーチャーが選ばれたら、各クリーチャー(攻撃側とブロック側の両方)がそれぞれのパワー(カードの右下隅に書かれた数字のうちスラッシュの左側にある数)と同じ点数のダメージを同時に与えます。

  • ブロックされなかった攻撃クリーチャーは、それが攻撃しているプレイヤーへダメージを与えます。
  • ブロックされた攻撃クリーチャーは、それをブロックしているクリーチャーとダメージを与え合います。

対戦相手にダメージが与えられる場合、それと同じ量のライフを失います。

あなたの攻撃クリーチャーが複数のクリーチャーにブロックされている場合、その戦闘ダメージをそれらにどのように割り振るかは、あなたが決めます。一番目のブロック・クリーチャーを破壊するのに十分なダメージを割り振らなければ、二番目のクリーチャーにはダメージを割り振れません。それ以降も同様です。

あるクリーチャーが、1ターンの間にそのタフネス以上の点数のダメージを与えられた場合(戦闘ダメージでも、呪文や能力によるダメージでも、それらの組み合わせでも)、そのクリーチャーは破壊され、オーナーの墓地に置かれます(これを「死亡する」とも言います)。破壊されるのに十分な点数のダメージを受けなかったクリーチャーはそのまま戦場に残り、受けたダメージはそのターンの終了時に取り除かれます。

以下の例では、対戦相手がさまざまなクリーチャーであなたを攻撃しています:


《メサ・ユニコーン》はあなたに2点のダメージを与えます。

《メサ・ユニコーン》が破壊されます。

両方のクリーチャーが生き残ります。

《大蜘蛛》が破壊されます。

 

こちらの例では、《ドワーフの僧侶》が攻撃しており、あなたはブロックできるクリーチャーを2体持っています。攻撃クリーチャー1体を2体以上のクリーチャーでブロックすると、対戦相手はあなたのブロック・クリーチャーにダメージを与える順番を決めることになります。ブロック・クリーチャーがダメージを受ける順番は、攻撃側のプレイヤーが選ぶということを覚えておいてください。

 

《再利用の賢者》と《大蜘蛛》は合わせて4点のダメージを《ドワーフの僧侶》に与え、《ドワーフの僧侶》は破壊されます。一方《ドワーフの僧侶》は《再利用の賢者》を破壊できるだけのダメージを与えることができますが、《大蜘蛛》を破壊できるだけのダメージは与えられません。どちらにしても《ドワーフの僧侶》は破壊されますが、対戦相手が《大蜘蛛》より先に《再利用の賢者》にダメージを与えるよう順番を決めれば、あなたのクリーチャーも1体破壊されるのです。

 

 

ブロック・クリーチャーの順番が決まったら、ダメージが与えられます。《ドワーフの僧侶》は《再利用の賢者》に1点のダメージを与えてそれを破壊し、残る1点は《大蜘蛛》に与えられます。

上級知識

マジックで最も楽しく興味深い要素のひとつは、ユニークなカードがたくさんあることです。カードの種類は信じられないほど幅広く、ゲーム中にどんなことでも起こり得ます。この項目は、マジックのルールをより詳しく知りたいときにご覧ください。

対象を取る

呪文や能力の中には、「対象」という言葉が使われているものがあります。対象とは、呪文や能力が影響を与える先のことです。あなたは、呪文を唱えるときや能力が誘発したとき、能力を起動するときにすべての対象を選択しなければなりません。対象となる条件を満たす物がない場合、あなたはその呪文を唱えたり能力を使ったりできません。例えば「クリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。」と書かれた呪文は、戦場にクリーチャーがいない場合は唱えられません。適切な対象がないからです。

「クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とし、ダメージを与える」という呪文は、クリーチャーかプレイヤー(あるいはプレイヤーが持っている場合はプレインズウォーカーも)をその呪文の対象として選べます。

対象を一度選んだら、後で考えが変わっても変更することはできません。呪文や能力の解決時に、それは再び対象が適正か(まだそこにあって、呪文や能力に書かれた対象条件を満たしているか)をチェックします。対象が適正でない場合、その呪文や能力はそれには影響を及ぼしません。対象がすべて適正でなくなった場合、その呪文や能力はまったく何もしません。

スタック

スタックは、(戦場と同様に)すべてのプレイヤーが共有するゲーム領域の1つです。そこでは呪文や能力が解決を待ちます。呪文や能力が解決されると、その効果が発生します。

スタックの使用
呪文を唱えたり能力を起動したりするとき、それらはすぐに解決されるわけではありません――スタックに置かれるのです。呪文や能力は、すべてのプレイヤーが新たに呪文を唱えたり新たに能力を起動したりしないことを選ぶまでスタックに残ります。誘発型能力も誘発時にスタックに置かれ、解決を待ちます。

あなたが呪文や能力をスタックに置き終わったら、優先権はターン順で次のプレイヤーに渡ります。そのプレイヤーは対応して呪文や能力を使うことができます。さらにそのプレイヤーに対応して、続くプレイヤー(あなたも含めます)は呪文や能力を使えます――その結果、解決を待つ呪文や能力が「積み上がる(スタックされる)」のです。呪文や能力は、すべてのプレイヤーが新たに呪文を唱えたり新たに能力を起動したりしないことを選ぶまでスタックに残ります。

スタック上の呪文や能力は、原則として最後に置かれたものから1つずつ解決されます。

呪文や能力への対応
呪文を唱えたり能力を起動したりするとき、それらはすぐに解決されるわけではありません――スタックに置かれるのです。 呪文や能力は、すべてのプレイヤーが新たに呪文を唱えたり新たに能力を起動したりしないことを選ぶまでスタックに残ります。誘発型能力も誘発時にスタックに置かれ、解決を待ちます。

各プレイヤーは、スタックに置かれた呪文や能力に対応してインスタント呪文を唱えることができます(あるいは起動型能力を起動できます)。対応した場合、その呪文や能力は、それまでにスタックに置かれているものの上に置かれます。すべてのプレイヤーが何もしないことを宣言したら、スタックの一番上の呪文や能力を解決します。

 

 

呪文や能力が解決された後、すべてのプレイヤーは再び対応する機会を得ます。誰も対応しない場合、次にスタックに置かれているものを解決します。スタックが空になったら、現在のステップは終了し、ゲームは次のステップへ進みます。

スタック上の呪文の例
対戦相手はあなたの2/2クリーチャー《歓待する構築物》を対象に、《ショック》を唱えました。《ショック》はスタックに置かれます。あなたは《ショック》に対応して《剛力化》を唱えました。スタックでは、《剛力化》は《ショック》の上に置かれます。あなたも対戦相手も、これ以上何もしません。

すると《剛力化》が解決され、《歓待する構築物》はターン終了時まで6/6になります。その後《ショック》が解決され、強化された《歓待する構築物》に2点のダメージを与えますが、それでは破壊するのに不十分です。

 

 

先に《剛力化》を唱えたらどうなるの?
対応して唱えられた《ショック》が《剛力化》の上に置かれ、先に解決されます。《ショック》は同じように《歓待する構築物》へ2点のダメージを与えますが、この場合は《剛力化》が解決され効果を発生させる前に与えられるため、その2点で《歓待する構築物》は破壊されるのです!

 

ターンの進行

各ターンは、同じ手順に沿って進められていきます。新たなステップやフェイズに進むたび、そのステップやフェイズで発生する誘発型能力が誘発し、スタックに置かれます。アクティブ・プレイヤー(現在のターンが自分のターンであるプレイヤー)から呪文を唱えたり能力を起動したりし始め、その後ターン順に他のプレイヤーが同じように行動します。すべてのプレイヤーがこれ以上何もせず、スタック上で解決を待つものがなくなったら、ゲームは次のステップへ進みます。

 

 

開始フェイズ

  • アンタップ・ステップ
    あなたがコントロールするタップ状態のパーマネントをすべてアンタップします。ゲームの最初のターンには何もパーマネントがありませんから、このステップは単に飛ばされます。このステップの間は、どのプレイヤーも呪文を唱えたり能力を起動したりできません。
  • アップキープ・ステップ
    各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。このステップは、様々なカードに言及されます。何かがターンの最初に1回だけ発生する場合、その能力には「あなたのアップキープの開始時に、~」と書かれています。
  • ドロー・ステップ
    あなたはライブラリーからカードを1枚引かなければなりません(引きたくなかったとしても)。1対1のゲームでは、先攻のプレイヤーは先にゲームを進めることができて有利なので、最初のターンのドロー・ステップが飛ばされます。その後、各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。

第1メイン・フェイズ

  • あなたは、望む数のソーサリーやインスタントやクリーチャーやエンチャントやプレインズウォーカーを唱えたり、能力を起動したりできます。あなたはこのフェイズに土地をプレイできますが、1ターンを通じて1枚しか土地をプレイできないことに注意してください。対戦相手はインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。

戦闘フェイズ

  • 戦闘開始ステップ
    各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。
  • 攻撃クリーチャー指定ステップ
    あなたは自分のアンタップ状態のクリーチャーの中から、攻撃を行うクリーチャー(0体でも複数でもかまいません)を選び、それぞれが攻撃するプレイヤーやプレインズウォーカーを選びます。攻撃クリーチャーはタップされます。その後、各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。
  • ブロック・クリーチャー指定ステップ
    対戦相手は自分のアンタップ状態のクリーチャーの中から、攻撃クリーチャーをブロックするためのクリーチャーを選びます。複数のクリーチャーが1体の攻撃クリーチャーをブロックする場合、攻撃プレイヤーはどのクリーチャーに最初にダメージを与え、どれが2番目という風に、ダメージを与える順番を決めます。その後、各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。
  • 戦闘ダメージ・ステップ
    各攻撃クリーチャーとブロック・クリーチャーは、この時点で戦場に残っているなら、防御プレイヤー(そのクリーチャーがそのプレイヤーを攻撃してブロックされなかった場合)や、プレインズウォーカー(そのクリーチャーがそのプレインズウォーカーを攻撃してブロックされなかった場合)や、自身をブロックしているクリーチャーや、自身がブロックしたクリーチャーにダメージを与えます。 攻撃クリーチャーが複数のクリーチャーにブロックされた場合、あなたはその攻撃クリーチャーによる戦闘ダメージをブロック・クリーチャーに割り振ります。その際、一番目のクリーチャーを破壊するのに十分なダメージを割り振らなければ、二番目のクリーチャーにはダメージを割り振れません。それ以降も同様です。各プレイヤーが自分がコントロールするクリーチャーが与える戦闘ダメージをどう割り振るかを決めたら、そのダメージは同時に与えられます。その後、各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。
  • 戦闘終了ステップ
    各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。

第2メイン・フェイズ

  • 2回目のメイン・フェイズは、1回目のメイン・フェイズと基本的に同じです。1回目のメイン・フェイズと同様、あなたは自分のこのフェイズに、すべてのタイプの呪文を唱えたり能力を起動したりできます。対戦相手はインスタントを唱えたり能力を起動したりしかできません。1回目のメイン・フェイズに土地をプレイしていない場合、あなたはこのフェイズに土地をプレイできます。

最終フェイズ

  • 終了ステップ
    「終了ステップの開始時に、」と書かれている能力が誘発し、スタックに置かれます。各プレイヤーはインスタントを唱えたり能力を起動したりできます。
  • クリンナップ・ステップ
    あなたの手札のカードが7枚を超えている場合、7枚になるように余分のカードを捨てます。その後、クリーチャーに与えられたすべてのダメージは取り除かれ、すべての「ターン終了時まで」の効果が終わります。このステップ中は、何らかの能力が誘発しないかぎり、どのプレイヤーも呪文を唱えたり能力を起動したりできません。
私たちのサイトを正しく機能させセッションデータを正しく匿名化するために、私たちはnecessary cookieを使用しています。necessary cookieのオプトアウト設定は、ブラウザの設定から行ってください。また、お客さま1人1人に合ったコンテンツや広告をご提供したり、ソーシャルメディアの機能を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりするために、optional cookieも使用しています 「はい、同意します」をクリックすると、optional Cookieの使用に同意したものとします。(Cookieについて詳しく