新たなアラーラの脅威

更新日 Feature on 2009年 4月 1日

By Wizards of the Coast

かつての断片がつながりあったことから起こった大戦争は、さらに激しさを増していた。しかし、軍隊が互いに襲撃を繰り返す一方で、不和の力はかつては別々だった断片の進化の灯に火をつけた。文明が混ざり合い、地勢が変わっていく中、断片は新たなものへと姿を変えていった。かつての姿は失われていく。新たなアラーラが灰の中から姿を現したのだ。


ナヤは日に日に自らを適応していった。自らを単純に“レオニン”と呼ぶナカティルの一部は、バントの軍の中で武器をとった。エルフの中には、ジャンドの戦士族の中で肩を並べて戦うことを選ぶものもいた。そしてナヤのジャングルは、エーテル宣誓会の独断から逃れたヴィダルケンの隠者に隠れ家を提供した。バントは、自らの軍に組み込むことのできるあらゆる仲間を取り込んでいった。彼らはグリクシスの屍の都を攻めるために、巨獣やハイドラの力を借りたのだ。彼らは天使の栄誉ある抱擁を求めたナヤやエスパーの兵士を快く受け入れた。そして、バントの厳格な階級構造は少しずつ崩れ始め、戦争の中でるつぼと化した社会へと姿を変えていった。


グリクシスで生き残っていた数少ない人間はその地から逃げ出し、バントやナヤの人間社会へと溶け込んだ。一方、ジャンドの住人の一部は他の断片での新たな人生を選んだ。一部はロウクスの僧院に入り、あるいは美しきエーテリウムの武器を手にとった。バントの軍団に入ったワーム使いもいれば、遠い蜥蜴背の領土で自らの情熱を注ぎ込める新たな魔法を学ぶものもいた。戦争の真っ只中、文明の融合こそが平和へと向かう唯一の道筋に見えた。


しかし、ニコル・ボーラスは新たなアラーラが幼子の状態を脱することを望んではいない。五つの断片の中心には、“大渦”と呼ばれる魔法の嵐があり、豊富なマナの波を取り込んでいる。ニコル・ボーラスは新たに生まれた次元全体を荒廃へと導き、現存する生命をすべて破滅させる儀式を計画しているが、それはこの力に飢えたドラゴンの目的にとってはごく小さなことだ。彼が求めているのは、新たなアラーラを混沌で満たすこと ― そして、大渦をさらに拡大することだった。

数年前、ボーラスはそれぞれの断片に手下をばら撒き、世界中に妄想を振りまいた。彼の陰謀は成功を収めた。それぞれの断片の魔法はぶつかり合って戦争へともつれ込み、大渦は成長していった。それはあたかも、ボーラスの勝利の時へと刻み続ける時計のようだ。この古きドラゴンの次元をまたにかけた計画を見つけることができるのは別なプレインズウォーカーだけだ。そして、彼を止めるために命を落とすプレインズウォーカーもでるだろう。しかし、ボーラスの計画は完了してはいない。そして、戦うこともなしにこの世界を失うわけにいかないと彼に抗う強力な者達もいる。

アラーラは再び一つの次元へと戻るのか ― それとも、再生の時を迎えないまま死んでしまうのだろうか?


最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る