混沌のアラーラ

更新日 Feature on 2009年 3月 25日

By Wizards of the Coast

アラーラの五つの断片は、数世紀の間、三つの色のマナのみを持つバラバラの世界だった。それぞれは独自の発展を見せた。秩序に満ちた陽の差す王国、バント。魔導師とスフィンクスが覇を握る世界、エスパー、アンデッドに満ち溢れた地獄絵図、グリクシス。ドラゴンが支配する原初の狩猟世界、ジャンド。緑溢れるジャングルの楽園、ナヤ。

しかし、今やそれは一つにつながりあい、新たなアラーラには五つの色のマナが再び溢れかえった。かつての次元の境界線を巡って力と力がぶつかり合った。すべての断片は忘れられていた魔法を取り戻し、それが交じり合った結果は思いもよらぬ方向に向かった。断片の間の境界は混ざり合い、文明は衝突した ― 戦争は避けられなかった。


数年前、ボーラスはそれぞれの断片に手下をばら撒き、世界中に妄想を振りまいた。バントでは、ボーラスは天望騎士団を使い、バントの国中に不信感を広めていった。エスパーでは、カルモット求道団がエーテリウムの欠乏の恐怖をあおっていた。グリクシスでは、悪魔でありドラゴンであるマルフェゴールがアンデッドの軍団を形成していた。ジャンドでは、シャーマンのラッカ・マーが人間に向けて残忍な“生命狩り”を仕掛け、来るべき戦争に向けて地位を高めていった。ナヤに対しては、ボーラスの魔の手は非常に静かに忍び込んでいった。この次元の住人であるプレインズウォーカーのアジャニですら、ドラゴンの影響を見つけられなかったほどだ。


衝合の時、それぞれの断片は隣接する世界に身を晒した。そしてアラーラが一つとなった今、かつての断片はさらに多くの敵と見えることとなる。バントの騎士はグリクシスのアンデッドの群れと初めて戦いを交える。ジャンドの獰猛な戦士はエスパーの金属都市に価値ある獲物を求める一方で、その地にはナヤの巨獣が押し寄せている。混乱はさらに流血を誘い、戦争は激しくなる一方だ ― 古きドラゴンのプレインズウォーカー、ニコル・ボーラスが計画していた通りに。


ボーラスは陰謀の最後の段階への準備を整えている。アラーラの中心には、“大渦”として知られる謎の嵐が存在している。かつての断片から豊富なマナを吸い上げた大渦は、周囲の戦争と共にさらに大きくなっていった。ボーラスがこの次元に仕掛けた計画の鍵はこの大渦にある ― それは新たなアラーラを消し去ってしまうほどの計画なのだ。


最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る