『ゲートウォッチの誓い』の物語

ゼンディカー次元を救うための戦いは熾烈を極めています。 強力なプレインズウォーカーたちはゼンディカー側につき、すべてを喰らい尽くす侵略者「エルドラージ」と懸命に戦いを続けてきました。 果たしてプレインズウォーカーたちは、危険を顧みずこの世界に留まり、ゼンディカーのためのさらなる戦いを続けるのでしょうか? それともひとまず安全な場所へ逃れるのか、あるいはこの世界を離れてすべてを忘れるのでしょうか?

Magic Story

  • 第1話 コジレック覚醒

    第1話 コジレック覚醒

    悪魔オブ・ニクシリスが海門の面晶体ネットワークを攪乱したことにより、ウラモグを打ち負かす計画は瓦解した。 混乱が広まる中、マーフォークのプレインズウォーカー・キオーラは奪い取った武器を手に取る。 彼女は神と対峙するために来たのであり、拒まれることなどありえない。

    記事を読む

  • 第2話 オブ・ニクシリスの報復

    第2話 オブ・ニクシリスの報復

    世界を救う最後の希望、面晶体の罠はニッサの目の前で崩壊した。 一体ではなく二体の巨人が海門を蹂躙する中、彼女はその事態を招いた悪魔、オブ・ニクシリスへと目を向ける。 ゼンディカーを救えないとしても、少なくともこの世界を終わらせるきっかけとなった者を倒すことはできる。 だがこの時、既にオブ・ニクシリスは身構えていた。

    記事を読む

  • 第3話 新たな世界

    第3話 新たな世界

    大陸全土がエルドラージに破壊し尽くされたことで、ムル・ダヤのエルフであるミナとデンは故郷を喪失し苦しんでいた。 困難に満ちた荒野の何処かに新天地を見つけようと、二人はゼンディカーに生き残ったエルフからの援助を求めて旅をしている。 だがその中で彼らは、敵もまた奇妙かつ恐ろしい方向に変化していることを知る。

    記事を読む

  • 第4話 この荒廃に生を受けて

    第4話 この荒廃に生を受けて

    ゼンディカー軍を惨劇が襲った。ギデオン、ジェイス、チャンドラ、キオーラ、ニッサは行方知れずとなるか死亡したか、それすら定かではない。そしてエルドラージの巨人ウラモグとコジレックは解き放たれ、混乱に陥った軍の只中を蹂躙している。 ゼンディカーの希望は、とある意外な英雄へと委ねられた。遠い昔に自身の希望を失った彼女へと. . .

    記事を読む

  • 第5話 燃え盛る炎

    第5話 燃え盛る炎

    チャンドラ・ナラーはゼンディカーへ到着し、解き放たれたエルドラージの巨人2体を目撃した。ゼンディカー軍は散り散りとなり、他のプレインズウォーカーたちは行方知れずとなっていた。 今こそ行動しなければならない。

    記事を読む

  • 第6話 水底にて

    第6話 水底にて

    ギデオン、ジェイス、ニッサが計画した、エルドラージを止める作戦。マーフォークのジョリー・エンも力を貸したが、その計画はコジレックの覚醒とともに無に帰した。 そして今、ジョリーはエルドラージの巨人二体による破壊の中にただ一人取り残された。

    記事を読む

  • 第7話 『ゲートウォッチの誓い』

    第7話 『ゲートウォッチの誓い』

    悪魔による苦悶の牢獄から解き放たれ、4人のプレインズウォーカーは決断の時を迎える。 崩れゆく世界の中、彼らはエルドラージの巨人たちとの最後の、絶望的とも言える戦いに向かう意志を見出さねばならない。—ゼンディカーの、あるいは多元宇宙全ての運命が、揺らいでいる。

    近日公開

  • 第8話 滅亡の瀬戸際に

    第8話 滅亡の瀬戸際に

  • 第9話 背水のゼンディカー

    第9話 背水のゼンディカー

  • 第10話 ゼンディカーの復興

    第10話 ゼンディカーの復興

  • MORE TO COME!

次元

ゼンディカー

危険地帯となって久しいマナ発祥の地で、調伏されたはずのエルドラージたちがついに解き放たれた。そして今、霊気から侵入した巨獣たちが、目につくものすべてを貪り尽くそうとしている。

さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more