これまでの物語

カラデシュ発明博覧会、革新と才気の祝祭は、一つの計略だった。

数十年に渡って、カラデシュは発明家らが新時代をもたらすべく苦闘していた。行政機関である領事府は革新と楽観主義を育てた。だが創造性の時代の絶頂を迎えた所で領事府は豹変し、発明品を押収するとともに多くの非凡な発明家らを拘禁した。

こういった強引な行動は市民の安全のためと領事府は主張するものの、背後にプレインズウォーカー・テゼレットが潜んでいることが明らかになった。領事府と発明家達との間に不和が生まれ、かつては共にあった革新の精神は、今や不協和音と紛争と化してしまった。改革派は力を増している……

注目のストーリー

Magic Story

  • 真夜中に

    真夜中に

    テゼレットの命令により、領事府はギラプールに戒厳令を敷いた。夜間外出禁止令、霊気の入手制限、そして発明品の押収。市民全てがその重苦しい空気に包まれる中でも、最も息苦しさを感じていたのはまさにその生命を終えようとしている霊基体のヤヘンニだった。

    さらに詳しく

  • 沈黙の時

    沈黙の時

    テゼレットが領事府を通じて過酷な命令を下す一方、ゲートウォッチのプレインズウォーカー達はその工匠がカラデシュに身を置く真の目的を――そしてギラプールに吹き荒れる政争の中での自らの立ち位置を――見出そうともがいていた。

    さらに詳しく

  • 躍進

    躍進

    ラシュミは物質転送器の発明にて博覧会を優勝し、審判長テゼレットの後援を受諾した。自身の発明を世に出す、その夢に手が届くかに思われた。だがテゼレットには別の計画があると彼女は知ることになる。

    さらに詳しく

  • 革命の始まり

    革命の始まり

    人々の心に火がついた。ギラプールの至る所で彼らは立ち上がる。もはや領事府の圧制に従いはしない。この街を取り戻す時が来た。自由を取り戻す時が。革命の時が。

    さらに詳しく

  • 業火

    業火

    テゼレット率いる領事府の圧制に対し、ギラプールは立ち上がった。改革派はチャンドラとピアの下、枢要部である霊気拠点を占拠する。だがドビン・バーンはゲートウォッチの弱点を把握していた。

    さらに詳しく

  • 近日登場ギラプールの空にて

    近日登場ギラプールの空にて

    飛空船の船長にして悪名高き空賊、カーリ・ゼヴは改革派の理念に同調している—それなりの価格で。

    さらに詳しく

  • 極限

    極限

    旗艦スカイソブリンは墜ち、領事府の防御網は薄くなった。改革派とゲートウォッチは手分けして、多方面からテゼレットの計画へと攻撃を仕掛ける。

    さらに詳しく

  • 闇の手先

    闇の手先

    同僚のプレインズウォーカーたちが発明家の紛争にかまけている間も、リリアナ・ヴェスの心にある目的はただ一つだった。古き仇敵テゼレットを見つけ出し…殺す。

    さらに詳しく

  • 未来へ

    未来へ

    ギラプールを脅かしていた当面の脅威は去った。ゲートウォッチは、そしてカラデシュの人々はこれから歩んでいく道を決めねばならない。

    さらに詳しく

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more